Sports Graphic NumberBACK NUMBER

松木安太郎、コパ・アメリカ待機中。
「南米はとにかく派手、楽しみ」 

text by

松木安太郎

松木安太郎Yasutaro Matsuki

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2019/06/14 11:00

松木安太郎、コパ・アメリカ待機中。「南米はとにかく派手、楽しみ」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

1999年のコパ・アメリカの解説を担当した松木安太郎氏。南米サッカーのおもしろさを熱く語ってくれた。

スペイン語が堪能な久保建英。

 攻撃陣では、やっぱり久保(建英)に注目が集まるでしょうね。Jリーグでも素晴らしい結果を残しているし、いや、結果よりも“魅力的なプレー”を見せてくれてるってところに惹かれちゃうな。

 そうそう、彼はスペイン語ができるから、相手選手とどんなコミュニケーションを取るのかってのも楽しみだよね。まあ、試合中にどんなコミュニケーションを取っているかは聞いてみなきゃわからないんだけどさ(笑)。

 ただ、コパ・アメリカはJリーグと違って短期決戦だし、今までとはちょっと違う緊張感を味わうと思うんですよ。そういう環境の中で、どういうプレーを見せてくれるのか、これはもう本当に楽しみ。ケガだけには気をつけてほしいけど、南米の選手たちのプレーが激しいこともよく分かっているだろうから、とにかくみんなで応援しましょう!

格下チームの“11人で守る”プライド。

 この大会を通じて日本のサッカーファンの皆さんに感じてほしいのは、やっぱり南米の選手たちの技術的なうまさや身体の使い方の巧みさ、それから、相手との駆け引きの巧妙さや変則的なシステム、徹底された戦術です。

 特に注目してもらいたいのは、格上のチームと格下のチームが対戦した時の、格下のチームがやる徹底的な戦略と戦術です。これは本当にすごいですよ。“11人で守る”という戦術を、本当に全力で、最後の最後まで貫くんだから。

 つまり、彼らはその一戦にすべてを懸けているんです。たとえ「恥ずかしくないのか?」と言われそうなことでも、プライドを持って徹底してやっちゃう。で、「我々は素晴らしい戦いをした」とか「できることのすべてをやった」みたいな言葉を堂々と言うんだよね(笑)。それって最高でしょ? だってサッカーなんだもん。ホントに面白いじゃないですか。

【次ページ】 「日本が学ぶべきことがたくさん」

BACK 1 2 3 4 NEXT

ページトップ