Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スキー界の新伝説>
小林陵侑「なりたい自分がデカすぎる」

posted2019/05/14 07:30

 
<スキー界の新伝説>小林陵侑「なりたい自分がデカすぎる」<Number Web> photograph by Getty Images

美しい飛型から記録を叩き出す陵侑のジャンプは、海外のライバルやメディアからも称賛を受けている。

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

ジャンプ週間グランドスラムにW杯個人総合優勝。日本人男子が誰一人成し遂げられなかった快挙を、今季覚醒した22歳の超新星が一気にやってのけた。急成長の理由と知られざる葛藤を本人が明かす。

「最終戦のビショフスホーフェンでは、もう、すごい緊張でした。現地メディアの騒ぎ方も半端じゃなかったし、去年、カミル(・ストッフ)さんがグランドスラムを達成した時も、4試合目は様子がそれまでと全然違ったので『自分もやばいな』と。五輪で3つの金メダルを獲っている人でさえそんな緊張していたのに、僕に同じことが出来るのか……ちょっと怖かったですね。

 試合前は肩や首が痛くなって超音波治療をするほどでした。普段からずっと体に力が入り過ぎている感じもあったし、プレッシャーでやばくなっていたんでしょうね」

 平昌五輪後のシーズン、スキージャンプで22歳の小林陵侑が世界を驚かせた。

 昨年末の12月30日から年明け1月6日まで、ドイツとオーストリアを舞台に行われた伝統の「ジャンプ週間」で、4連勝のグランドスラム達成という新たな金字塔を立てたのだ。67年もの歴史を持つこの大会で、4戦全勝は'01~'02年のスベン・ハンナバルト(ドイツ)と'17~'18年のカミル・ストッフ(ポーランド)のみ。そこに昨季までは世界的にほぼ無名だった陵侑が名前を連ねたのだ。日本人の総合優勝も'97~'98年の船木和喜以来のことだった。

 ジャンプ週間に突入する前から陵侑は絶好調だった。今季2戦目でW杯初優勝をあげるなど7戦4勝。突如ブレイクした新星は周囲の喧騒をよそにマイペースを貫き、現地メディアに「ネオジャパニーズ」とも呼ばれるなど、プレッシャーなど感じていないかのように見えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小林陵侑

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ