Number PLAYBACKBACK NUMBER

浅田真央&伊藤みどり、特別対談。
トリプルアクセルへの思いとバトン。 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byKotori Kawashima

posted2019/05/04 11:00

浅田真央&伊藤みどり、特別対談。トリプルアクセルへの思いとバトン。<Number Web> photograph by Kotori Kawashima

浅田真央(左)と伊藤みどり。2人のスケーターが対談で飛び切りの笑顔を見せてくれた。

真似できないトリプルアクセル。

浅田 みどりさんは女子で史上初めてトリプルアクセルを成功させましたが、誰かのジャンプを参考にされたんですか。

伊藤 私が挑戦していた頃は、男子の世界トップ5がみんなトリプルアクセルを跳んでいたんです。アメリカのブライアン・ボイタノや、今、羽生(結弦)くんを指導するブライアン・オーサーのトリプルアクセルの映像は、ビデオが擦り切れるほど、何度も繰り返し見て勉強した記憶がありますね。でも、'88年のカルガリー五輪で5位に入賞したことで、一緒に世界ツアーをまわれることになって、彼らのジャンプを生で見ることで、より吸収力が増しました。

浅田 みどりさんのトリプルアクセルのスピード感やジャンプの高さは、誰にも真似できないですよ。すごい。

伊藤 当時、欧米の選手ばかりの中では、突き抜けた個性がないと日本人が認められることは難しかった。私の場合、日本よりも先に世界で個性が認知された“逆輸入”だったと思います。トリプルアクセルを跳んでいない時代は、5種類のトリプルジャンプを跳んでいても、2種類しか跳んでいないカタリナ・ビットが優勝したり。ふざけんなよって思ったことも正直ありました(笑)。でも、カルガリー五輪が終わって、クリスティ・ヤマグチら新しい世代が台頭してきたと同時に、どの選手も一気にトリプルルッツまで跳ぶようになりましたね。

アルベールビルでの演技に感動。

浅田 フィギュアスケートはスポーツである以上、難しいジャンプを跳ばなければ勝てないのが普通だと私は思うんです。ただ、高難度のジャンプを成功させて勝てることもあれば、勝てないときもあって。時代によってルールも変わりますし、採点基準もいろいろとあるので、少し不安定なスポーツではありますよね。

伊藤 でも、調子が悪いときや自信がないときは、私はトリプルアクセルにこだわり続けず、跳ぶことをやめていたの。跳べる自信があるタイミングでしか試合では跳ばなかった。銀メダルだったアルベールビル五輪も本来ならオリジナル・プログラムでも跳んだ方が良かったんだけど、成功する確率が低くて、自信がないから跳ばなかった。フリーでも1本目は失敗しているしね。

浅田 あのフリーの演技はすごく感動しました。トリプルアクセルを決めたのは演技後半ですよ。足に疲労が溜まっている状態なのに、そこでパワーが必要なジャンプを跳ぶなんて想像できない。どのあたりから跳ぼうと決めていたんですか?

伊藤 跳ぼうと決めたのは、1つ前のトリプルループ、スピンあたりかな。でも、2回目のトリプルアクセル直前のスピンはゆっくりとまわって、次のアクセルのために力を溜めていたんです。

浅田 それでもスピン直後にトリプルアクセルを跳ぶなんて、私には絶対に無理。毎日練習していても、冒頭に跳ぶ場合とは平衡感覚も違いますからね。考えられない……。でも、実は私、アルベールビルのみどりさんのフリーの演技を真似したんですよ。小学6年生のときに試合で冒頭のジャンプに失敗したときに、「そういえば、みどりさんももう1回チャレンジしたな」と思い出して2度目に挑戦したんです。結果は失敗でしたけど(笑)。

【次ページ】 印象に残っているソチのフリー。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
浅田真央
伊藤みどり

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ