Number PLAYBACKBACK NUMBER

浅田真央&伊藤みどり、特別対談。
トリプルアクセルへの思いとバトン。 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byKotori Kawashima

posted2019/05/04 11:00

浅田真央&伊藤みどり、特別対談。トリプルアクセルへの思いとバトン。<Number Web> photograph by Kotori Kawashima

浅田真央(左)と伊藤みどり。2人のスケーターが対談で飛び切りの笑顔を見せてくれた。

練習の3分の2はコンパルソリー。

浅田 私がノービスからジュニアに上がったときも会場にいらしてくださいましたよね。現役時代の演技を生で見たことはありませんが、よく映像を見て勉強させてもらっていましたし、みどりさんは私にとって永遠のスター。だから、みどりさんの衣装を着たときは本当にうれしかった。小学6年生のときにクスコの曲で初めて着て、'05年の世界ジュニア選手権では優勝することもできました。そこからトントン拍子で結果が出せたのは、絶対にみどりさんのパワーが衣装に入っていたからだと思います。

伊藤 トリプルアクセルも継承してくれたよね。私はあまり努力しないタイプだったけど(笑)、きっと真央ちゃんはすごく努力していたんだろうなあ。

浅田 そんなことないですよ。だって、昔はコンパルソリー(※男子シングルと女子シングルで1990年まで行われていた種目の1つ。「規定」とも呼ばれ、氷上を滑走して課題の図形を描き、滑走姿勢と滑った跡の図形の正確さを競った)がありましたよね。だから当時の方が想像以上に練習していたんじゃないかなって思います。私も挑戦したことがあるのですが、今の選手でできる人っているのかなと疑問に感じるくらい、とても高度な技術が必要とされますよね。

伊藤 私はコンパルソリーが苦手だったから苦労しましたね。

浅田 どれくらい練習していたんですか?

伊藤 練習の3分の2はコンパルソリーに時間を費やしていたかな。

浅田 すごい……。

伊藤 しかも課題は毎年変わるし、どの課題になるかは大会毎に違うからね。どんなに苦手でも、そこは努力しないと身にならなかったから練習するしかなかった。

真央ちゃんも昌磨もみんな真面目。

浅田 小学生時代のみどりさんの映像を見たことがあるんですけど、ジャンプはもちろん、当時からスケーティングやスピンの速さはずば抜けていました。今のノービスの選手と比較してもまったく遜色ないです。一体どんな練習をされていたんですか。

伊藤 とにかく学校の時間以外はリンクにいましたね。山田先生からは、「踊れないぶん、スピード感で勝負だよ」とよく言われていたので、リンクの上にいることで感覚を養おうと、氷の上にいる時間をできるだけ長くしていました。

浅田 朝から晩までそれだけの練習を積み重ねてきたからこそ、愛知県出身の恩田美栄さんや中野友加里さんが継承して、その後、私たちが受け継ぐことができたのかなって思います。

伊藤 真央ちゃんも、(宇野)昌磨も、みんな本当に真面目だよね。思い出すのは真央ちゃんがグランプリ東海に来ることが決まったとき、山田先生が相当喜んでいたこと。「真央ちゃんはあなたと違ってかわいくて、なんでもできるんだから」って。先生は私のようなタイプのスケーターしか教えられないと言われるのが嫌だったから、真央ちゃんが来てくれて本当に嬉しかったんです。

【次ページ】 真似できないトリプルアクセル。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
浅田真央
伊藤みどり

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ