Number PLAYBACKBACK NUMBER

浅田真央&伊藤みどり、特別対談。
トリプルアクセルへの思いとバトン。

posted2019/05/04 11:00

 
浅田真央&伊藤みどり、特別対談。トリプルアクセルへの思いとバトン。<Number Web> photograph by Kotori Kawashima

浅田真央(左)と伊藤みどり。2人のスケーターが対談で飛び切りの笑顔を見せてくれた。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Kotori Kawashima

1992年アルベールビル五輪の銀メダリストと、
スポーツの枠を超え、愛された国民的ヒロイン。
類稀な才能に磨きをかけ、代名詞トリプルアクセルで
時代をリードしたフィギュア界の伝説の2人が、
お互いの歩みを語り合い、新世代へエールを送った。
Number968・969号(2018年12月20日発売)の特集を全文掲載します!

 日本女子フィギュアスケート界を牽引してきた伊藤みどりと浅田真央。女子で史上初となるトリプルアクセルを成功させた伊藤は、1992年アルベールビル五輪でフィギュアスケートでは日本人選手として初の銀メダルを獲得。

 そのバトンを受け継いだ浅田は、シニア初年度のGPファイナルに15歳で優勝し鮮烈なデビューを飾った。さらに2010年のバンクーバー五輪ではショートプログラム、フリー合わせて3度のトリプルアクセルを成功させ、銀メダルに輝いた。

 ともに名古屋出身で、山田満知子コーチに指導を仰いだ伊藤と浅田。トリプルアクセルを武器に、世界に挑み続けた二人の対談が、雑誌では初めて実現した。

小5の時、飛行機の座席の隣が……。

伊藤 真央ちゃんを最初に知ったのは(愛知県の)県大会かな。まだ小さい頃だったけれど、すごく上手な子がいるっていう話はよく聞いていましたよ。

浅田 私が初めてみどりさんを見たのは、当時練習していた大須のスケートリンクです。みどりさんは引退後にプロの方たちの試合に出場するためにリンクに練習に来られていて。(樋口)美穂子先生と一緒に振付けをしていた様子を見ていた記憶があります。当時、私は小学4年生くらいで、幼いながらもみどりさんのジャンプの高さやスピードにとても驚きました。

伊藤 初めて話をしたのは何歳だっけ?

浅田 小学5年生の頃ですね。大須のスケートリンクでスケート靴を履いているときでした。うれしかったのは一緒に行ったカナダ合宿。10~15人いたなかで、幸運なことに飛行機の座席がみどりさんの隣だったんですよ。すごく緊張したけれど、みどりさんがいろいろ話しかけてくださいました。

伊藤 機内誌に載っていた世界地図を広げながら、真央ちゃんに自分が試合でどんな国に行ったとか、真央ちゃんもたくさん試合で海外にいけるといいねという話をしたよね。真央ちゃんは小さい頃、本番で緊張したり、怖がるタイプだったでしょ?

浅田 本番に弱かったですね。どちらかというと(姉の)舞の方が強かったと思います。私は試合でよく失敗もしていました。でも、舞より練習しているという自負があったから、同じ試合に出て負けると悔しかったですし、それが私の負けず嫌いのスタートというか原点になったと思います。

伊藤 その経験が努力し続けることにつながっていったんだね。その後、めきめき力を付けていって。真央ちゃんがトリプルアクセルを跳んだ'05年世界ジュニア選手権を現地で、シニア初参戦で優勝したGPファイナルもテレビの解説をしていたので現地で見ることができたの。真央ちゃんの節目となる大会にはだいたい立ち会えているんだよね。

【次ページ】 練習の3分の2はコンパルソリー。

1 2 3 4 5 6 NEXT
浅田真央
伊藤みどり

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ