Sports Graphic NumberBACK NUMBER

世界最高峰で戦う者たち。
錦織圭/大坂なおみ/井上尚弥/伊藤雅雪/畑岡奈紗

posted2019/04/25 11:00

 
世界最高峰で戦う者たち。錦織圭/大坂なおみ/井上尚弥/伊藤雅雪/畑岡奈紗<Number Web> photograph by AFLO

text by

宮田文久

宮田文久Fumihisa Miyata

PROFILE

photograph by

AFLO

世界最高峰で戦う者たち。 錦織圭/大坂なおみ/井上尚弥/伊藤雅雪/畑岡奈紗

5月は激戦必至の日本人アスリートから目が離せない。彼らの勇姿を見届けよう!
錦織圭/大坂なおみ

TENNIS Roland-Garros全仏オープンテニス

5月26日(日)~6月9日(日)

 幾多の名勝負が生まれてきたクレーコートで、錦織圭と大坂なおみは栄冠を手にすることができるのか。興奮間違いなしの全仏オープンテニスが、いよいよ始まる。

 1月の全豪では、ラウンド16でフルセットの熱戦を制するものの、準々決勝のジョコビッチ戦で惜しくも途中棄権となった錦織。クレーシーズンに向け調整を進める彼が自らの臨界点を越える時、今年の全仏は日本男子テニスにとって、伝説的な大会となるはずだ。

 全米・全豪と2大会連続Vによって日本人初の世界ランキング1位となった新女王の大坂は、その勢いを引き続きキープできるか。年間グランドスラムというさらなる栄光へ向けて、全仏初優勝は必須のステップだ。彼女が常勝のヒロインとなり、表彰式であのはにかむような笑顔を見せてくれるのが待ち遠しい。

世界に衝撃を与え続ける錦織、大坂。

 錦織が'08年の全米でベスト16に入るなど、鮮烈な世界デビューを果たしてから早11年。アジア人男子初の決勝進出となった'14年全米も含め、彼がグランドスラムにおいて描いてきた軌跡を追うことはすなわち、フェデラーやナダルらBIG4との対戦も合わせ、世界最高峰の戦いを追いかけることに等しいと言える。

 同様に大坂も、'16年全豪でのグランドスラムデビュー以来、熱狂の記憶も新しい'18年全米、'19年全豪まで、世界に衝撃を与え続けてきた。そうしたプレイヤーと同時代に生きているということは、スポーツファンにとって、言いようのない幸福のひとつだろう。

 ふたりが歴史を塗り替える瞬間――それを目の当たりにする喜びを、たっぷりと味わいたい。

【次ページ】 井上尚弥、伊藤雅雪が臨む世界戦。

1 2 3 NEXT

ページトップ