Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<力尽きた絶対エース>水野雄仁(池田 1983)「あと3日あれば、おれたちの優勝だった」 

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa

posted2018/08/26 17:30

<力尽きた絶対エース>水野雄仁(池田 1983)「あと3日あれば、おれたちの優勝だった」<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa
 前年夏、“やまびこ打線”で甲子園を席巻、春の選抜も圧勝した池田高校は、史上初の夏春夏3連覇に挑み、1年生のKKを擁するPL学園にまさかの敗北を喫した。  渦中の池田の主戦、水野は果たしてどんな状況にあったのか。本人と関係者の証言をもとに解き明かす。

 ちょうど35年前の1983年、池田高校の水野雄仁は高校球界最高の投手として甲子園の土を踏んだ。前年の'82年夏に続いて池田が優勝したこの年の春、「4番・投手」で選抜大会の全5試合、45回を投げ抜き、失点2、自責点0。ひとりだけで防御率0.00を記録した先発投手は過去3人、夏の選手権と合わせても5人しかおらず、水野を最後に生まれていない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

水野雄仁
池田高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ