Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<常勝軍団の知られざる挫折>関西の雄が初めて泣いた夏。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/08/08 07:00

<常勝軍団の知られざる挫折>関西の雄が初めて泣いた夏。<Number Web> photograph by KYODO

1991年、初出場初優勝を果たしたチームの中心は、大会3本塁打の4番・萩原誠。決勝では大野倫を擁する沖縄水産を13-8で下した。

 高校野球界の両雄、智弁和歌山と大阪桐蔭。  今春のセンバツ決勝でも戦った両校だが、強豪と呼ばれるまでに各々長い苦しみがあった。  甲子園初黒星の記憶を中心にその道のりを辿った。

 高嶋仁が智弁和歌山野球部の監督に就任したのは1980年、創部2年目のことだ。

「大学を出てすぐ奈良の智弁学園でコーチをやって。3年契約やったんです。その3年目に当時の監督が理事長とケンカして、お前が監督せいとなった。それ引き受けたばっかりに、(奈良での10年を含めて)もう48年ですよ。契約した理事長は死んでもうておらへんじゃないですか」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

智弁和歌山高校
大阪桐蔭高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ