Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<レジェンドインタビュー>ショーン・ホワイト「アユムには天賦の才能と情熱がある」 

text by

徳原海

徳原海Kai Tokuhara

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2018/04/23 06:00

<レジェンドインタビュー>ショーン・ホワイト「アユムには天賦の才能と情熱がある」<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA
ともに大怪我を乗り越えて挑んだ五輪の大舞台。 12歳差の好敵手を相手に、最終滑走で自身初の連続4回転技を成功させ金メダルを掴んだ。 あの激闘を振り返り、王者は何を思うのか――。

 この冬ほどスノーボードが脚光を浴びたシーズンは過去になかっただろう。平昌五輪の男子ハーフパイプ決勝。ショーン・ホワイトと平野歩夢による異次元の戦いは、これまでスノーボードに興味のなかった人たちの心を掴むのにも十分だった。激闘から約3週間後の3月9日、“主演”の1人を訪ねた。場所はUSオープンが開催されていたアメリカ・コロラド州ベイル。大会にエントリーしていなかったせいか、あるいは大仕事を終えた安堵からか、ショーンはいつになくリラックスした様子で五輪決勝でのエピソードを語り始めた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ショーン・ホワイト
平野歩夢
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ