Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<レジェンドインタビュー>1998.7.7 佐々木主浩が魔神になった日。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2018/04/09 06:00

<レジェンドインタビュー>1998.7.7 佐々木主浩が魔神になった日。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki
この男がマウンドに立てば、ファンは勝利を確信した。
敵将さえも、8回までに勝負を決めようと焦っていた。
だが、本人が抱えていたのは「大魔神」像とは裏腹の内面。
最後の1球を託される責任と重圧は、あまりに大きかった。

 佐々木主浩は、来世の自分をはっきりと描けずにいる。

「生まれ変わったら? 野球はしない。しんどい(笑)。でも、野球やるならストッパーをするかもしれない」

 やるのか、やらないのか、結局、どちらかわからない。この矛盾した思いを聞いてみて思った。おそらく、この人は次の世でも大魔神ではないだろうか。


 あと3アウト。ファンが勝利を祈り始めると、ハマスタのマウンドに巨大な背番号「22」が登場する。それだけで願いは叶えられたも同じだった。その光景はこの球団の歴史と言ってもいいだろう。ただ、魔神ははじめからそこにいたわけではない。

 佐々木が初めてストッパーになったのはプロ2年目、1991年のことだった。守護神だった遠藤一彦の故障離脱によって、先発からリリーフにまわることになった。

「先発では中途半端な自分がいて、そんな自分が勝ち試合で投げられるようになって、みんなから信頼してもらえるようになって、抑えの喜びというか、やりがいというものがわかるようになった。先発ピッチャーの生活を背負っているわけだから、きつい部分はある。でも、だから打たれたら悔しかった。あの頃からやっと、打たれてクソって思うようになったから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2107文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。
大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
佐々木主浩

プロ野球の前後の記事

ページトップ