Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<19歳の神童が語る>那須川天心「僕の力はまだ40%ぐらいです」 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byDaisaku Nishimiya

posted2018/01/25 16:30

<19歳の神童が語る>那須川天心「僕の力はまだ40%ぐらいです」<Number Web> photograph by Daisaku Nishimiya
格闘技界をひとりの若者が席巻している。
神童と呼ばれながらも、惑うことなく冷静に自分と格闘技界を見つめるニュータイプの19歳。
リングとは違う、若者の素顔とは――。

 ダイナミックなバックスピンキックを顎にヒットさせ、タイの現役ムエタイ王者を一撃KO――漫画や映画のようなKOシーンをリングで量産する格闘家がいる。昨年の大晦日には、RIZINのキックボクシングトーナメントで優勝し、賞金300万円を手にした。弱冠19歳。童顔ながら、キックボクシングは24戦全勝という無敗のレコードを更新中で、KO勝ちは20。相手を一撃で仕留める姿に人々は酔いしれている。

 那須川天心とは何者なのか。

 大晦日の試合から10日後。父親の運営するTEPPEN GYMに那須川は、リングで見せた強気な表情とは一転、若者らしいはにかんだ笑顔で現れた。


 実は那須川は、プロとして活躍する今でも、このジムで第2の天心を夢見る子供たちに指導を行なっている。

「この子は昔の俺に似ているなって思うことも結構あります。子供だから何でも吸収するし、伸びないと思う子はまずいない。だから手を抜かず、僕が今までやってきたことをそのまま教えています」

 4人兄弟の長男として、弟や妹の面倒もよくみている。

「兄弟はかわいいし、面倒を見るのは楽しいですね。妹はプロでキックをやると決めてて、弟はボクシングをやりたいと言っていて、それもいいかなと思っています」

 いまどき珍しい素直で思いやりのあるお兄さんだが、ニックネームは“神童”。とはいえ、那須川は何と呼ばれようと気にしていないようだ。

「最初は神童の意味が分からなくて。少し経ってから、そういえばどういう意味だろうって調べたら“すごい子供”みたいな意味でした(笑)。まあ、メッシと一緒ならいいか、って思う程度です」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

那須川天心

格闘技の前後のコラム

ページトップ