Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<敬遠の夏に>
松井秀喜から逃げなかった男たち。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2017/08/16 08:00

<敬遠の夏に>松井秀喜から逃げなかった男たち。<Number Web> photograph by Koji Asakura
圧倒的な風格を持つ強打者を相手に、勝負した。全力の白球は弾き返されたが、選択に悔いはない。社会問題となった5連続敬遠が起きる直前の夏。ゴジラに挑んだ3人の投手が、怪物の痕跡を語る。

 彫像のように立っていた。ヘルメットのつばの奥、鋭い視線は微動だにしない。

 1992年7月28日、星稜高校3年生の松井秀喜に凝視されているのは、石川県立工業高校のエース、葛城武だ。

 奇しくも25年後の同じ日付に現れた取材者に質問を重ねられ、遠い過去は閃光のように瞬時よみがえる。


 はじめての対戦は2年秋だった。2-11の完敗は「むちゃくちゃに負けました」の感想として脳の奥に残っている。

 浴びた痛打のどれが松井によるものなのかは判然としない。ただ悔しくて、スライダーの習得に励んだ記憶は鮮明だ。

 葛城は右の本格派投手だった。「そんな速くないですよ」との本人の謙遜を、高校時代の同級生だという傍らの妻が補う。

「巷の噂では140km前半じゃないかって。県工の中では逸材だと言われてましたね」


 戦前に1度だけ甲子園出場歴がある県工は、葛城の存在によって久々に強くなる。

 3年春の県大会では決勝に勝ち進み、星稜を破って勝ち上がった金沢市立工業高校を下して優勝した。あるか、57年ぶりの甲子園。膨らむ学校の期待を一身に背負った。

「勝てる気はせんでいった」前年秋から季節は移り、最後の夏、曇天の石川県立野球場で星稜と再び相まみえた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3254文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園ライバル伝説。

Sports Graphic Number 933

甲子園ライバル伝説。

 

松井秀喜
星稜高校
石川県立工業高校
長岡向陵高校

高校野球の前後の記事

ページトップ