Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<追悼 九重親方>
元朝潮、高砂親方が語る千代の富士「この世界でしか生きられない不器用な人だった」 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/08/23 09:00

<追悼 九重親方>元朝潮、高砂親方が語る千代の富士「この世界でしか生きられない不器用な人だった」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 大鵬、北の湖、そして千代の富士――。昭和の大横綱が、またひとりこの世を去った。今、同じ一門の大関として互いに鎬(しのぎ)を削った元朝潮の高砂親方が、知られざる千代の富士の素顔を語る。かたや北海道の小さな町から、15歳で入門した叩き上げ。こなた学生相撲出身のエリート――ともに昭和30年生まれの同学年だった。

「実は、私が初めて千代の富士と胸を合わせたのは、近畿大学3年時の昭和51年、大阪場所前のこと。当時、いろいろな部屋に近大相撲部が出稽古に行っていたんです。この時の私は、千代の富士相手にガンガン勝ったんですよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1626文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

千代の富士
朝潮

相撲の前後の記事

ページトップ