Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ハンカチ伝説前夜>
斎藤佑樹を追い詰めた都立の意地。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/07/11 08:00

<ハンカチ伝説前夜>斎藤佑樹を追い詰めた都立の意地。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

エース村木公治はJR東日本で勤続6年目。早実戦で覚えた肘の違和感がいまだ残る。日常生活に支障はないが、ボールを投げようと構えると鈍い痛みがある。「今でもあの試合を思い出すと、悔しい気持ちが蘇ってくる」。

10年前の夏、今も語り継がれる甲子園決勝、再試合の末の大激闘。頂点に立った早稲田実業が積み上げたその夏の勝利は全部で12。その緒戦、ジャイアントキリングを目指す都立の意地が、後の王者を窮地まで追い詰めた。今、彼らはあの試合をどう振り返るのか?

 10年前の夏、空色のハンカチは涼やかなエースの象徴だった。

 2006年8月21日、早稲田実業の斎藤佑樹は決勝再試合の末に駒大苫小牧を下し、甲子園の頂点に立った。最後の打者となった田中将大は泣いていない。敗者でさえ悔いよりも充足感の勝る、稀有な激闘だった。

 早実が重ねた12連勝の緒戦のスコアは3-2。西東京大会2回戦、8回終了まで同点と互角に渡り合ったのは都立昭和だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4074文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

斎藤佑樹
早稲田実業高校
都立昭和高校

高校野球の前後の記事

ページトップ