Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<奇跡の花は散らず>
宮間あやが語る「なでしこ世界一」

posted2019/01/01 17:00

 
<奇跡の花は散らず>宮間あやが語る「なでしこ世界一」<Number Web> photograph by Getty Images

W杯優勝後という難しい時期に主将を務めた宮間は、国際Aマッチ通算162試合出場で38得点を記録。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 あの年、悲しみの日本に奇跡の花が咲いた。「なでしこ」は一躍、競技の枠を超えた。
 だが、彼女たちはその渦中、葛藤を抱きながら戦っていた。澤穂希から主将を引き継ぎ、最も重圧を背負ったであろう背番号8。表舞台から姿を消していた彼女が口を開いた。

「恐怖ですね。ロンドン五輪後の銀座のパレードで大勢の方々に喜んでもらったあの時だって。正直、充実感と達成感を上回る、重圧があった。『ここからどんな世間の渦に飲み込まれていくんだろう』という。だから、W杯優勝後は手放しで喜ぶことはもうなくなりました」(宮間あや)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5603文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

宮間あや

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ