テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。
個性が薄れる女子テニス界の異端。
【2018年 テニス部門1位】 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2018/12/27 21:00

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。【2018年 テニス部門1位】<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ハレプに完敗も、初のグランドスラム16強入りに、手応えを感じているようだった大坂。

人気者になる要素は、その独特の“なおみ節”。

「とってもうれしいけど、皆さんには申し訳ないです。だって、本当に彼女(バーティ)に勝ってほしかったと思うから」

 ここに全てを再現はしないが、マーガレット・コート・アリーナを埋めたバーティ贔屓の観客に彼女の「憎めないキャラ」を次々と披露。

 「おもしろいことを言うつもりは全然ないんだけど」とあとの記者会見では困った顔を見せたが、文字では表現しきれない「間」と声と表情が“なおみ節”の武器だ。

日本だけでなく「私はハイチも代表しているつもり」。

 昨年の秋には、父親の故郷であるハイチを訪問し、20年も前に両親が建てたという学校で子供たちと触れ合った。

 この若さでの国際的な社会活動も、これまでの日本のテニス界に見られなかったもの。前述のコートインタビューの一幕で、「日本人として戦うことは誇りに思う。でもお父さんはハイチ出身だから、私はハイチも代表しているつもり」と言ってピースサインを作った。

 ルーツの1つであるハイチを実際に訪れた経験が、彼女をよりスケールの大きなプレーヤーに、そして見識ある女性にしたように思う。

「○○人ではなく、テニスプレーヤーと呼ばれたい」と言ったのは、確か彼女がまだ17歳の頃だった。テニスの成績は期待したペースよりスローではあるが、人として、大坂は志に着実に近づいているのではないだろうか。

【次ページ】 大幅な体重減とコーチの変更など、改革路線は続く。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
シモナ・ハレプ
アシュリー・バーティ
サーシャ・バイン
セリーナ・ウイリアムズ

テニスの前後のコラム

ページトップ