Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<Mリーガー対談> 二階堂亜樹×佐々木寿人
「麻雀にすべてを懸けて」 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2019/01/03 11:00

<Mリーガー対談> 二階堂亜樹×佐々木寿人「麻雀にすべてを懸けて」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

リーグ初の役満はスター性の証?

――苦戦しているとはいえ、佐々木さんはMリーグ初の役満、国士無双を上がりました。

佐々木 あれが面白かったのは、ふたりが同時に国士を狙っていたということ。最初はぼくのほうが遅かったですが、途中で追いつき追い越して、すぐ上がれた。チームもぼくも不調だったので、あれはほんとうにうれしかった。

二階堂 あの日、2連勝を飾ったんですよね?

佐々木 そうそう。しかもうれしかったのは、パブリックビューイングが開催された日だったということ。試合後にファンの皆さんがいるところに顔を出して、とても喜んでもらえて。

二階堂 そういう日に役満を出せるのは、スター性がある証ですよね。

――役満といえば、寿人さんはテレビ対局で地和も上がっています。あれもかなり話題になりましたね。

佐々木 あれが自分らしかったのは、東場が終わったとき5千点しかなかったんです。南場の親で少し挽回したあとに地和を上がって、みんな「え?」って驚いていました。

二階堂 私それ、携帯で見ていました。

佐々木 あれはちょっと興奮したなあ。皆さんに喜んでもらえたし、映像に残ったということで、ぼくの貴重な財産になりましたね。

――ふたりは個性がかなり違うわけですが、互いのチームカラーにも違いはあるのでしょうか。

佐々木 ウチのチームは、個性がはっきりしています。しっかり攻めて、しっかり放銃する。これが“KONAMI麻雀格闘倶楽部”のコンセプト。放銃するのは怖い、でも上がりたいなんてムシがいいじゃないですか。多少はリスクを負わなきゃ、上がりを取れないところは多々あるので。

二階堂 その言葉、グサグサ突き刺さるなあ(笑)。

佐々木 でも、あなたは成績いいじゃない(笑)。

二階堂 それはたまたま。ウチは“EX風林火山”というチーム名の通り、臨機応変に打とうと。明確なコンセプトを打ち出していないのは、麻雀は変化の激しいゲームだから、こうしようと決めてかかると失敗する可能性が高いからです。

――リーグ戦は後半戦に突入しました。シビアな試合が増えていく後半戦に向けて、意気込みを聞かせてください。

二階堂 Mリーグでは7チーム中4位に入れば、次のステージに進めます。ウチはいま2位で調子がいいですが、とはいえ安心できるポイント差じゃない。攻めつつもしっかり守る、そうしたバランスのいい戦い方をしていきたいですね。

佐々木 ウチはとにかくマイナスを返していかないと。いままで以上に無理をしなきゃいけない場面が増えるでしょうね。リスクを恐れず、どんどん追いかけていきますよ。

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ