Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<Mリーガー対談> 二階堂亜樹×佐々木寿人
「麻雀にすべてを懸けて」 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2019/01/03 11:00

<Mリーガー対談> 二階堂亜樹×佐々木寿人「麻雀にすべてを懸けて」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

時間の使い方も、魅せる要素。

――Mリーガーになったことで、おふたりのプレイスタイルに変化はありますか。

佐々木 ぼくは元々、迷わずまっすぐに攻めていくスタイルで、そこは崩していません。というのも、そこがいちばん見てほしいところですから。いまは成績が出ていないのでもどかしいですが、でもそこは貫きたい。このスタイルで結果を出してきたので。

――寿人さんに比べると、二階堂さんはバランス重視の印象があります。

二階堂 基本的には守備型だと思いますが、私としてはバランス型で行きたいかな。Mリーグが始まったからといって、付け焼刃でなにかを変えられるわけじゃない。ですから、自分が持っているものを最大限見せたい。それに尽きます。

――お互いのスタイルをどう見ていますか?

二階堂 私、自分が選手を指名する立場だったら、ドラ1で指名するのは寿人さんですよ。

佐々木 え? 意外だねえ。

二階堂 それくらい強いと思っているんです。いまはちょっと不調ですが、それもたまたまのことで。

佐々木 ぼくは元々、亜樹はもう一歩勝負に踏み込めたら、もっと強くなると思っていた。そしていま、Mリーグで一度しかラス(最下位)を取っていない。それは勝負に踏み込めている証だと思う。

――多くの視聴者がMリーグを楽しんでいますが、魅せるということを意識しますか。

二階堂 私は自分でも放送対局をよく見るので、視聴者のことはかなり意識しています。私は牌を自摸ってから切るまでの時間が、Mリーガー21人の中でも遅いほうだと思う。でもそこには理由があって、大事な局面でちょっと止まるのは「こうなっているから、こう決断しましたよ」とアピールするためなんです。

――プロレスラーが得意技を出す前に、お客さんを煽るのに似ていますね。

佐々木 ぼくは亜樹とは反対で、すぐに切る。「なにも考えていないだろ」なんていわれますが。

二階堂 それは寿人さんが、しっかりと準備できているからですよ。

佐々木 迷いのない決断は、素早く切ることでしか表わせないじゃないですか。そういうところを見てほしいです。

二階堂 ファンも「これが佐々木寿人だよ」と喜びますからね。

【次ページ】 リーグ初の役満はスター性の証?

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ