Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<「Mリーグ」チェアマンインタビュー>
藤田晋「麻雀とスポーツに共通すること」

posted2018/11/22 11:00

 
<「Mリーグ」チェアマンインタビュー>藤田晋「麻雀とスポーツに共通すること」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

  今秋、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」が開幕して注目を集めている。その初代チェアマンに就任したのは、敏腕経営者として名を馳せるサイバーエージェントの藤田晋社長だ。
  なぜ麻雀をプロ化したのか、なぜ麻雀をスポーツと捉えるのか――。リーグ設立の背景から今後の夢まで、自身の麻雀愛を交えて語った。

――藤田さんは麻雀好きとしても知られていますが、まずは麻雀との個人的な付き合いから聞かせてもらえますか。

「学生時代にどっぷりハマり、プロになろうと真剣に考えていた時期もあります。会社を立ち上げたことで多忙になり、しばらく控えていましたが、4年前に『麻雀最強戦』という大会に出ることになり、そこからまた本格的に取り組み始めました。プロに負けない技術を身につけようと研究を重ね、最強戦では優勝することができました」

――腕前はプロ級だとか。

「気持ちだけはプロのつもりでやっていました。ただ最強戦に勝ったとき『一発勝負だから、運がよかったんだろう』という声を耳にして、長期のリーグ戦で勝たなきゃ気が済まなくなってしまった。そこで自分でリーグ戦を立ち上げ、1年目に準優勝したのですが、仕事にかなり支障をきたしまして……。前日から体調を整えなければいけないし、対局が終わって帰宅しても、頭と目が冴えてしまって朝まで眠れない。これは続けられない、と思いました」

――競技者として麻雀に打ち込んできた藤田さんが、今回Mリーグを立ち上げた理由を教えてください。

「愛好家のひとりとして、麻雀をスポーツとして見てほしいという思いが最大の理由です。そこにはeスポーツが認知されてきたという流れもあります」

――なるほど。

「私は麻雀は世界一よくできた競技だと考えています。これほど実社会の構図を反映したゲームはないですからね。完全にフェアな状況から始まる将棋とは違い、運の要素が強く、配牌の時点で明暗がわかれる。配牌を持って生まれたものだとすると、麻雀は人生と同じで不平等なんです。しかし人生は、生まれ持ったものだけでは決まらない。運やごまかしだけで、勝ち続けることはできません。会社経営でも運に恵まれて一時的に成功する人はいますが、運だけで生き残ることはできないですからね」

――麻雀は1対1ではなく4人で争います。この複雑さも、麻雀ならではですね。

「そこもまた、実社会に通じる部分だと思います。1対1なら、純粋な実力で勝ち負けが分かれるかもしれません。しかし社会にはたくさんの人がいて、第三者がだれかを手助けしたことで、弱者が強者に勝つこともある。そうしたケースが麻雀では頻繁に起こります。そんな簡単に答えが出ないところも、この競技の面白さですね」

【次ページ】 麻雀=ギャンブルというイメージの払拭。

1 2 3 NEXT

ページトップ