Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<特別対談> 畠山愛理×菊池涼介
「自分流の野球スタイルを見てほしいですね」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2018/08/02 11:00

<特別対談> 畠山愛理×菊池涼介「自分流の野球スタイルを見てほしいですね」<Number Web> photograph by Miki Fukano

小柄でもこれだけできるという希望を。

畠山 守備のイメージが強い菊池選手ですが、打撃の方はどういったところに注目して見れば良いですか?

菊池 これだけ体が小さくてもホームランを打てるという部分は見てほしいですね。僕が小さい時は身長が小さいと野球選手になれないと言われてきたので。僕みたいな小柄な選手でもできるんだよ、という夢や希望を与えられるといいなと思っています。

畠山 2020年の大舞台に向けて……というには少し早いですかね(笑)。

菊池 もちろん活躍しないと選ばれないですけど、出たい気持ちはありますよ。でも、そのためにもまずはリーグ3連覇。セ・リーグで3連覇したことがあるのは、ジャイアンツしかないんです。なんとしてでもジャイアンツ以外でも3連覇できるんだというのを見せたいですね。あとは去年も一昨年も最後で負けているんで、まずは優勝してCSを突破すること。そうして日本一を目指したいですね。

畠山 その時は私もこの双眼鏡で菊池さんの表情がどう変わるのかに注目しますね。試合前の表情も良く見ておきます。

菊池 これならよく見えますよね。誰が泣いているかまでよく探してみて下さい(笑)。

ニコンの双眼鏡で、スポーツ観戦をより楽しく。

野球観戦には、視野が広く、選手の動きを見逃すことのない『MONARCH 7 8×30』(写真左、¥45,000)がおすすめ。コンパクトで、持ち運びにも便利だ。また、プレーだけでなく、選手の表情までしっかり見たいという人には、ズーム機能を搭載した『ACULON T11 8-24×25』(写真右、オープンプライス)もおすすめ。こちらは可愛らしいデザインも人気だ。

野球観戦はテレビ中継では視野角が決まっているが、双眼鏡を使うことで新しい見方を楽しむことができる。客席からでも手元に双眼鏡があれば、迫力のあるプレーを身近に感じることができる。球場独特の熱気や盛り上がりを楽しみつつ、クロスプレーにもフォーカスすることが可能。グラウンドから離れた立見席からでも楽しんで試合観戦できるはずだ。(下写真参照)

商品の詳細は、ニコンビジョンホームページで。

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ