Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<特別対談> 寺川綾×伊藤美誠
「ステップワークが注目ポイントです」

posted2018/03/15 16:00

 
<特別対談> 寺川綾×伊藤美誠 「ステップワークが注目ポイントです」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

今まで以上に見やすい形で、スポーツ観戦の魅力に触れたい――。そんなファンの願いを叶えるのがニコンが提供する双眼鏡だ。2人のアスリートが商品を体験して感じた、新たな観戦の形とは。

 スポーツ観戦を楽しむ――。

 一流アスリートたちの戦いを、現地に赴き自らの目で観戦することは、多くの人にとってとても魅力的なアクティビティだ。しかし、大会のレベルが高ければ高いほど、その会場も広く、大規模になっていく。観客席から現場までの距離も遠くなり、選手たちの白熱したプレーを肉眼では見ることができないこともしばしばだ。

 そこで役立つのが、ニコンの双眼鏡。選手の表情や一瞬のプレーの機微を、まるで目の前で見ているかのような臨場感で観ることができる。

 現在、テレビ番組などでスポーツレポーターとして活躍する寺川綾さんと、1月の日本選手権で三冠を達成した卓球・伊藤美誠選手の2人に、ニコン双眼鏡の魅力を実際に体験してもらった。

寺川 まずは1月の日本選手権優勝、おめでとうございます。シングルス、ダブルス、ミックスダブルスの三冠も達成されました。

伊藤 実は新年に、絵馬に「今年は面白いことが起きますように」と書いたんですよ。そうしたらスタートからめちゃくちゃ面白いことが起きたなと。「まさか三冠獲るとは……」という感じで予想外でしたけど、楽しく終われたのが良かったです。

寺川綾  Aya Terakawa
1984年11月12日、大阪府生まれ。高校時代から日本代表として活躍。ロンドン五輪100m背泳ぎ、メドレーリレーで銅メダルを獲得。現在はスポーツキャスターとして活躍中。

寺川 一昨年のリオでメダルを獲って、そこからさらにパワーアップした姿を見せてくれたと思います。リオの時はレポーターとして見に行かせてもらいましたけど、緊張感、すごかったんじゃないですか?

伊藤 リオはどっちかというと「やっと試合ができる!」という解放感が大きかったです。私は団体戦だけの出場だったので、個人戦を見て待ちきれない気持ちでした。

寺川 本当にたった1ポイントでガラッと流れが変わってしまう競技ですよね。

伊藤 それをリオで感じたのが準決勝のドイツ戦です。自分がリードしている時にバーンと思いきって攻めすぎてミスをしてしまった。そこから一気に流れが変わって負けてしまって「1ポイントってこんなに怖いんだ……」というのを思い知りました。

寺川 そういう時に自分なりの武器があると強いですよね。伊藤選手には「これだ」という武器はありますか?

【次ページ】 「みまパンチ」をクッキリ見てみたい!

1 2 3 NEXT

ページトップ