応援するチームから選手が大量退団……あなたは応援を続けられる?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 ジェフユナイテッド千葉が大幅な選手の入れ替えを敢行しています。1月12日現在、24名の退団と19名の新加入が発表されており、トップチー・・・続きを表示

●続けられる
●続けられない

1-20件を表示 / 全35

すべて| 続けられる| 続けられない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 条件付きで「続けられる」に1票。

    条件とは、単に高年俸の選手を首にして、安い選手に入れ替えただけの場合は応援しない。
    (実際はこのパターンしかないのかもしれないが)

    でも、年俸や年齢だけではなく、勝つために選手を入れ替えた場合は応援できる。

    チームと個人は別という考えが大局にあるが、応援するチームには、選手個人に対しての思い入れがある。その選手が簡単に首にされるようなチームは、ちょっと応援する気が失せる。

    今回のチームのような状況にチームが追いやられたのは気の毒であるが、せめて人気選手は残す位はやった上で、リストラを断行すべきであろう。

    最後に、そもそも何でこうなったのか、誰か教えて下さい。

    マリンさん2016/01/14 16:17に投稿

    6
    そう思う!
  • この問題は終局的には個人の価値観に依存すると思う。
    単純な話だけど、クラブを応援しながらも特定の選手により強い愛着を持っていれば、その選手が退団する事はクラブから離れる切っ掛けになるし、その一方でクラブにより強い愛着を持っている人であれば、仮に選手の多くが退団する事になったとしてもクラブの応援を続けるだろう。
    上記を前提に「自分ならどうだろう」と考えてみると、自分なら応援を続けると思う。
    そう考える理由の1つは、仮に好きな選手が退団してしまったとしても、クラブと選手の二者択一を迫られてる訳ではないという事。
    次に、クラブとは選手だけで構成されたものではなく、監督・コーチ、クラブスタッフ、ファン・サポーター、更にはクラブに関わって下さってる多くの人によって構成されてる事。
    そして、クラブとはクラブ創設から現在に至るまでの歴史と、更に言えば今後起こりえる将来をも含めてクラブだと思うから。

    kypさん2016/01/13 20:25に投稿

    5
    そう思う!
  • おらがチームは永遠なり。
    応援するのは当然のことです。
    チームはその土地の宝物なのですから。
    退団した選手を応援するかどうかはその選手次第ですが・・・(笑)

    広島のヨハンクライフさん2016/01/15 13:35に投稿

    5
    そう思う!
  • かつて全日本プロレスがノアと分裂したときも、新日本で橋本ゼロワンや武藤全日本などに分裂してきたときも結局は「両方」応援してきました。元の団体も、そして新たに生まれた団体も。
    団体やチームの新陳代謝は必要だと思うし、またどこかで交わることも(実際小島や柴田、秋山は戻ってきたし)あると思ってるから最近はそんなに気にしてないです。それよりこれからの体制、新たな場所で頑張る選手たちを応援する方が精神的にもいいじゃないですか。そういや中邑もWWE行き決まりましたね。ラストは気持ちよく送り出そうと思ってます。サッカーの話でなくてすみませんでした。

    蒼涙という名の訪問者さん2016/01/13 20:03に投稿

    4
    そう思う!
  • 結果が出ていない状態が続いているのならば、選手の入れ替えも当然選択肢として考えるべきだし、むしろ新加入選手のプレーに期待がふくらむ。

    うみんちゅさん2016/01/13 20:39に投稿

    4
    そう思う!
  • チームが消滅することを見ているので、存続してくれていればいい。と思える。

    たけまろさん2016/01/15 19:27に投稿

    4
    そう思う!
  • 大黒柱や好きな選手がいなくなるのは寂しいがチームへの愛着は変わらない。それでファンを辞めるくらいなら似非ファンと言わざるを得ないし、生え抜きにこだわる(特に日本のプロ野球)方が違和感がある。メジャーリーグやヨーロッパのサッカーリーグでは当たり前だし、毎年新鮮味が増え期待するメリットの方が大きい。1対1がメインのスポーツならまだいいが、組織力も重要な競技では何年も同じメンバーだとマンネリ化する。

    ゆーいちろーさん2016/01/13 18:11に投稿

    3
    そう思う!
  • サッカーのない生活は考えられないのでね。

    こーいち@船橋さん2016/01/14 01:19に投稿

    3
    そう思う!
  •  人間の細胞が入れ替わるように、チームの構成員がどれだけ入れ替ることは必然。そのチームが勝利をめざして懸命に戦う姿に声援を送るのがファンというものではないでしょうか。その昔、長嶋さんが解任されたときには、新聞も解約し巨人戦も見なくなった長嶋イコール巨人というファンでしたが、長嶋さんの恨み言の一言もいわない態度に感動し、メンバーがどれだけ変わろうが巨人一筋で声援を送り続けています。

    手許 不如意さん2016/01/15 19:50に投稿

    3
    そう思う!
  • このお題自体が日本と海外のクラブの質の違いを端的に表していると思います。欧州・南米等では、おらがクラブの応援を「続けられない」なんて選択肢はきっと無いのですよね。それは良い事だと思うので「続けられる」に一票。
    ただ、退団する選手に「ありがとう、これからもがんばって」とお別れを言う機会はぜひクラブ側に作って欲しい。それはエースやレジェンドに限らず、全ての去って行く選手に。そういうウェットさが日本人らしいと思うし、皆さん、去り行く選手にそういう思いを抱いた事はありませんか?

    kentaさん2016/01/26 01:05に投稿

    2
    そう思う!
  • 但し、クラブの『アイコン』もしくはユース出身選手を残す事を前提として。
    クラブのトップが変われば総入れ替えは世界的に見て当然。監督と強化部と予算が許せば、この様な流れは多くなって行くと思う。
    ただ先述のクラブのアイデンティティは絶対残して欲しい。まだJクラブの大幅入れ替えは一般企業の【リストラ】的な色彩が強すぎる。ただ年齢的なカットで無く、選手のプレイスタイル、性格などで選手を選別して欲しいです

    goroさん2016/01/13 20:43に投稿

    2
    そう思う!
  • 率直な気持ちとしては、「続けるしかない」。
    まさに地元のチームなので、こんな事態になっても他のチームに乗り換えることは考えられない。
    選択肢としてあるとすれば、Jリーグを見なくなることかな。

    純粋にサッカー見たいなら、海外サッカー見てるし、あえてJリーグ見ているのは、地元チームを応援したいから。
    良いチームになってくれないかなぁ。

    ひ。さん2016/01/13 20:59に投稿

    2
    そう思う!
  • 強化方針次第だと思う。
    明確な補強、監督の選任、どういったサッカーをやりたいのか?
    強くなろうとしているのか?
    ジェフはフロントが、このままではJ1には上がれないと判断し、血の入れ替えを考えたのでしょう。
    プロ野球では、星野前監督が中日時代によくやってました。
    ジェフの現在の戦力のみ見た場合、入る選手、出る選手を見てみましたが戦力はむしろ上がっていそうです。
    Jのファンの中には、ユース上がりの選手の出場機会を増やすために他チームへレンタルさせることすら嫌がるサポーターもいますしね。

    ファルコンさん2016/01/13 21:37に投稿

    2
    そう思う!
  • 応援するチームから多くの選手が退団することは
    すごく悲しいことではあるのですが、その選手たちは
    他のチームへ移ってもやはり応援したくなりますし、
    新しく入ってくる選手はもちろん応援します。
    選手がどれほど入れ替わったとしてもそのチームが
    有る限り応援し続けたいです。

    Seijiさん2016/01/14 00:33に投稿

    2
    そう思う!
  • 老舗の秘伝のたれは「創業以来の継ぎ足し継ぎ足し」で味を守っていて旨そうに感じる。また、新規開業した店も旨かったりする。
    したがって、大幅に入れ替わった場合も応援出来る。

    mizuさん2016/01/14 02:37に投稿

    2
    そう思う!
  • 上の方が言うように似非と言う人間がまだいたのか。
    色んな理由で応援してる人がいるんだから、そんなこと言う必要ないのでは??

    むしろ選手は誰でもいいから好きなチームという風にしか聞こえない。本当にサッカー好きなんですか?って逆に聞きたい。

    応援してたチームから憧れのプレーヤーが移籍したなら、その選手は応援する。ただ、チームへの愛着は薄れる。

    もっちさん2016/01/13 19:54に投稿

    1
    そう思う!
  • 「そのチームを応援している理由」によると思います。

    自分の場合、Jリーグでは「出身地のチーム」と「好きな監督のいるチーム」を応援していますが、欧州リーグの中には「面白いサッカーを現にしている(orしようとしている)チーム」や「面白い選手がいるチーム」を応援しているリーグもあります。

    ジェフに関しては、積極的に応援しているわけではありませんが、オシム時代は贔屓のチーム以上の面白さを感じていただけに、当時から日本代表サッカーを応援している身としては「申し訳ない」気持ちは今でも持ち続けています。

    もしかして、あのままオシム監督がジェフをもうしばらく率いてくれていたら、ジェフの歴史は変わっていたのではないか、そうしてJリーグのサッカーはもっともっと面白くなっていたのではないか、と、そういう思いを禁じえません。

    表現としての買物さん2016/01/14 12:08に投稿

    1
    そう思う!
  •  あえて続けられないとしたが競技にもよると言うのが本音。
    今回のジェフのようなサッカーなら続けられないし、これが阪神タイガースなら続けられる。

    pikaさん2016/01/14 14:14に投稿

    1
    そう思う!
  • 応援し続けるしかないというのが厳密な表現。
    本当に必要な選手は残すはずだし、強くなる為と信じるしかない。
    ただ、これだけ選手の入れ換えがあったら全く別のチームだし、継続性もなければチームワーク面での不安も大きい。
    これでチーム成績が芳しく無かった時に、信じていたものが裏切られたのだから愛が憎しみに変わるかもしれない。

    ogaさん2016/01/15 04:58に投稿

    1
    そう思う!
  • 3分の2以上が入れ替わっても、ライバルチームの選手が移籍してきても、強化方針が正しければ応援するチームへの愛は変わらない。

    わっきーさん2016/01/15 09:04に投稿

    1
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ