J1のクラブ数を減らす案に賛成 or 反対?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 サッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、11月28日、Jリーグチャンピオンシップ準決勝を視察した後、「面白いシーンもあった・・・続きを表示

●賛成
●反対

1-20件を表示 / 全45

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • そもそもJリーグの問題点は財政面にあるから、試合数を減らす事など出来ない
    チーム数を減らしたって試合数を減らせないのでは何の意味もない
    日程問題に付いてはっきり言えば、まず検討しなければならないのはリーグの日程ではなく、欧州みたいに代表の活動日数を減らす事だと思う
    代表の活動日数を出来るだけ減らして、その中でJリーグの利益を最大化する日程を組めば良い
    そもそも選手の報酬を払ってるのはクラブ側だし、国際Aマッチデーの招集に応じてる以上、何の権限もないハリルホジッチ監督がリーグの日程に口出しをするなんて言語道断だと思う

    kypさん2015/12/04 22:12に投稿

    9
    そう思う!
  • 本当に日本のサッカーを発展させようとしてくれたオシムが言うなら分かりますが、
    ハリルホジッチに言われてもね。サッカーは代表のためにあるんじゃないので。
    彼の発言は代表監督としての自分の都合にしか聞こえません。
    チーム数を減らして、試合を減らして、本末転倒です。
    疲れてるなら体力つけろ、選手層厚くしろ、でしょう。
    週一休みで日常に入り込んでいる野球に比べて、
    週に1、2回しか試合が出来ないサッカーが更にゲームを減らして、
    本当に日本のサッカーの将来が明るいと思うのか。

    egoistさん2015/12/05 17:04に投稿

    8
    そう思う!
  • チーム数減らせば選手の疲労や負担が減るというのはちょっと短絡的な気がします。
    確かに多少減らした方がリーグ戦日程の余裕も生まれるとは思いますが、天皇杯やJ2以下のカテゴリーの試合なども含めて考えたほうがより効果があるはずです。チーム数を減らすということ・日程の余裕を作るということが、Jリーグ、日本のサッカー界にとってどんなメリット・デメリットがあるのかも検討しなければならないと思います。

    また、試合数が減り日程の余裕が生まれるということは、チームの収益にも影響が出てくると考えられますから、そうした観点から選手に影響することはないのか?ということも検討するべきでしょう。
    もちろん、こうした検討や試みが代表強化につながるのかということも考える必要があると思います。招集そのものも選手の負担増の一要因ですし、選手が無理せず辞退する勇気、監督が新たな選手を招集し戦う勇気も必要かもしれません。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/12/04 22:49に投稿

    7
    そう思う!
  • 試合に必要な知性は、試合でないとつかないのではないでしょうか。
    一部リーグが18チームって、世界の標準近い印象もあるので、このままが希望です。
    ハリル・ホジッチ氏の感想は、欧州とアジアの差です。アジアが広すぎるんです。逆に、東アジアカップが邪魔なのではないでしょうか。

    たけまろさん2015/12/05 19:13に投稿

    7
    そう思う!
  • 余計なお世話。あなたはあなたの仕事に専念してください。

    kentaさん2015/12/05 22:05に投稿

    7
    そう思う!
  • 減らしたからと言ってJの質が上がるとは思えない。クラブが減れば試合が減り、経験を積む場が無くなり、代表の弱体化につながるのではないだろうか? こういう事を提言するのも良いが、まずは、厳しい日程もある程度考慮しながら、やりくりして戦える代表監督の手腕を見せて欲しいものだ。

    わっきーさん2015/12/06 20:13に投稿

    6
    そう思う!
  • 現状J1クラブを減らすより1ステージ制に戻すほうが先。
    そうすれば、ここまで過密日程になることはなかったし今月26日の天皇杯準々決勝もチームによっては公式戦が1ヵ月空くという事態に陥ることもなかった。

    炎のサンタさん2015/12/04 18:00に投稿

    5
    そう思う!
  • 興行的に減らすべきでは無い。
    それよりもメディカル面やトレーニングコーチの質を向上させる方向でリーグとして対応して欲しい。

    みかんさん2015/12/06 17:28に投稿

    5
    そう思う!
  • チーム数を減らすのも賛成ですが、まず2ステージ制とCSを辞めてほしい。余計な試合が増えて今まで以上に過密日程となり、選手の負担増加で試合のクオリティーも下がる。質の低い試合が増えれば客足が遠のくかもしれません。あとは何連戦と続いた後に休みがとれそうなタイミングで代表合宿を入れるのも反対。改善すべき点はいくつでもあると思います。

    gamryuさん2015/12/04 18:22に投稿

    4
    そう思う!
  •  試合自体はすごかったけど、やっぱりCSは反対。結局年間上位3つのチームしか出場できていないし、強いチーム、代表選手が休みなしというのは明らかにおかしい。かといってその休養期間を作る方法をリーグのチーム削減に求めるのはもっと反対。だったらまずあなたが「代表に呼んではみたけど結局試合じゃ使わなかった選手」と「疲れてるのに無理やり招集して試合で使ってさらに疲れさせた選手」を減らせよハリルさん。

    中ノ村鉄也朗さん2015/12/04 20:32に投稿

    4
    そう思う!
  • ○ハリルが来る前(1ステージCSなし状態)から過密日程については言われていた話。ハリルへの文句は筋違い。
    ○「CS嫌だ」「2ステージ嫌だ」とか好みは聞いてない。

    「世界基準が18だから」で合わせる必然性はない。
    この数字だって、最近になって20から減ってるんだし。そもそも絶対的な根拠がない。

    今のチーム数ではどういうリーグ制度でもきついのは明確なのだから、少なくとも18ありきの議論はすべきではないし、ちゃんと検討する必要はあると思います。

    もちろん、J2の検討も必要だし(J2は多くていい。過酷な2部は1部に好影響を与えるはず)、チーム数が減るナビスコカップの仕組みも検討要、なのでJ1の数だけで済む話ではないのですが……

    個人的には日本だと14ぐらいでいいんじゃないかと思います(12だと面子が固定されて悪影響、16では減らす効果が薄い)。

    BCDさん2015/12/07 22:42に投稿

    4
    そう思う!
  • ここでCS無くせだ1シーズンに戻せだは無し。戻したところで日程が厳しいのは変わらない。いっそ14チームほどにするくらいの荒療治でもいい。合わせてJ2を18チーム、それ以下はJ3にして、チーム数的にもピラミッドにすればいい。大型再編で仕切り直そう。

    れびさん2015/12/04 18:46に投稿

    3
    そう思う!
  • 欧州を見ても日本が特別多いわけではないしサッカーを文化的に見ても今のチーム数がちょうどだと思う。しかし、ACLの不振といいCSができたことによってフィジカル面では何か他で工夫できたらとは思う。

    おそまつ五郎さん2015/12/05 22:08に投稿

    3
    そう思う!
  • 試合数が減れば選手の負担は減るかも知れませんが、選手の疲労を軽減して、試合のクオリティを上げるなら、シーズンを秋冬に代えてウィンターブレイクを設けるのが一番だと思います。
    もちろんCSなんて蛇足は無しの1シーズン制で。

    Jリーグはよく見に行ってますが、真夏はあまり行く気になれませんし、選手の動きが鈍くなるのが顕著で気の毒です。
    シーズン制の見直しをもう一度しっかりやって欲しいです。

    K4NUさん2015/12/07 10:27に投稿

    3
    そう思う!
  • 地方のサッカーの魅力、関心度の向上へ繋がらなくなる。

    サッカービジネスとして大都市集中して一極化してしまうと、日本全体の経済にも傷をつけてしまうと思うため。

    ほにゃっとFCさん2015/12/08 02:55に投稿

    3
    そう思う!
  • 現在のJリーグの低迷は代表の低迷とリンクしています。

    Jリーグ誕生で、代表が強くなりW杯には常に出れる様になりました。
    しかし、出る以上はそこで上位が求められます。

    代表が上位にいけないと、Jリーグは「世界に通用しない雑魚リーグ」というレッテルを貼られてしまうのですよ。

    それを踏まえた上で言うと、以下の事は必須ですね。
    ・広告代理店と癒着している協会幹部をバッサリ切り捨てる。
     →本田圭祐の様な作られたスターを守る為に強化委員長がベンチ入って見張っているなんてあり得ない。
    ・次に笛の基準をヨーロッパの平均的な所に合わせる。
     →海外組が使われる理由は欧州のインテンティシ―の強い中で常時やっている経験を買っているところも大きいですから、国内が同様の強度の中で出来るようになれば、欧州出身監督の見方も変わる。

    チーム数を減らして選手の質のバラつきは少なくすれば世界に通用する訳じゃない。

    heroheroさん2015/12/07 09:54に投稿

    2
    そう思う!
  • 選手の質などを考えるとJ1、J2とも12チームぐらいが妥当ではないかと思う。チームが多すぎて選手獲得がままならず、プロレベルではない新卒の大卒や高卒の選手を取って1年で解雇するクラブもかなりある。

    ファルコンさん2015/12/09 17:11に投稿

    2
    そう思う!
  • 少し減らした方がいいですね。
    上位のチームとJ2に降格および入れ替え戦に臨むチーム
    との差があきらかに大き過ぎます。
    Jリーグの拡大を急いだあまりクラブ数を増やしたことで
    結果的に一定のレベルに達しないチームがあり
    リーグ全体のレベルの向上につながっていない気がします。

    Seijiさん2015/12/04 20:39に投稿

    1
    そう思う!
  • 条件つきで賛成です。
    しかしながら、日程を考慮してJ1のチーム数を減らすならば、J2・J3のチーム数や、リーグ戦とカップ戦と天皇杯の日程をどうするのか? という問題が同時に論じられない以上、無意味な提案だと考えます。

    例えば、
    ※ リーグ戦に関しては、J1を減らし1シーズン制にするが、チーム数が増えることになるであろうJ2・J3はアメリカ式の地区制を採用しポストシーズンは現行の昇格プレーオフと入替戦に充てる。
    ※ カップ戦はJ1だけでなく前年度のJ2プレーオフ上位チームを参加させる。
    ※ 天皇杯は現行通り。
    ※ さらにいえば、秋春制への移行についても考慮する。
    などなど、J1だけの問題ではないと考えます。

    花月園瑞鶴さん2015/12/04 22:07に投稿

    1
    そう思う!
  • FIFAも長らく頑なに「18〜20が好ましい」としていたのが「(少なくとも欧州は)18で統一しよう」、「段階経て16も」という考えに変わってきているみたいですし……。
    まして欧州に比べて規模で劣る日本は率先して縮小して行っても良いと思います。

    hisarukiさん2015/12/05 00:39に投稿

    1
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ