あなたの記憶に残る外国人女性ランナーは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 女子マラソンの世界記録保持者、ポーラ・ラドクリフ選手が、4月のロンドンマラソンを最後に引退することを発表しました。  彼女が2003・・・続きを表示

●ファツマ・ロバ
●ポーラ・ラドクリフ
●マーラ・ヤマウチ
●リディア・シモン
●キャサリン・ヌデレバ
●ワレンティナ・エゴロワ
●カトリン・ドーレ
●ロザ・モタ
●その他

1-20件を表示 / 全20

すべて| ファツマ・ロバ| ポーラ・ラドクリフ| マーラ・ヤマウチ| リディア・シモン| キャサリン・ヌデレバ| ワレンティナ・エゴロワ| カトリン・ドーレ| ロザ・モタ| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 本人の実力もさることながら、
    オリックス・パンチ佐藤が新人時代に会見で連呼した印象も♪

    RayLewisさん2015/01/30 19:59に投稿

    2
    そう思う!
  • ラドクリフ、シモンも記憶に残っているが、日本女子マラソンはクリスチャンセン(ノルウェー)にも鍛えられたかな。

    mizuさん2015/01/31 22:06に投稿

    2
    そう思う!
  • やはり走り方が独特でいつも泣きそうな感じなのに最後まで行ってしまうすごさ。
    記録が物語ってる。
    シモン、ヌデレバ、エゴロワ、ロバあたりも捨てがたいが、長年更新されなかった世界記録が印象深い。

    TORONCOさん2015/01/31 10:51に投稿

    1
    そう思う!
  • 先日の大阪国際女子マラソンで3連覇を達成したタチアナ・ガメラの走りに改めて度胆を抜かれたが、彼女は一児の娘を持つママさんランナーだから恐れ入る。そのママさんランナーで思い出すのはドイツのカトリン・ドーレ。旧東ドイツの出身で当時の大阪女子マラソンで序盤から独走していた増田明美に終盤で逆転し、日本のマラソンで初優勝する。しかしロス五輪に東ドイツが参加をボイコットしてしまい出場できない不運にも見舞われた。4年後のソウル五輪で見事銅メダルを獲得したが、日本のレースに数々出場した外国人女性ランナーの中で特に印象深く、夫と一児の娘を連れ添って来日する姿を今も思い出す。カトリン・ドーレも出場していた92年の大阪国際女子マラソンで序盤からハイペースで飛ばしたイングリッド・クリスチャンセンも忘れられない外国人女性ランナーだ。おかげで2位の松野と有森の選考で物議を醸したが今でも陸連の判断は正しかったと思う。

    スターマンさん2015/02/02 19:08に投稿

    1
    そう思う!
  • 世界陸上そして五輪において、入賞また表彰台ではなく、頂点である金メダルの獲得に限りなく近い日本人女子ランナーが現れてから、それを脅かす存在であったのは間違いなくリディア・シモンです。

    サングラスを投げた高橋尚子に一旦は突き放されたものの、怒涛の追い込みで悪夢の大逆転劇が起きるかと、胃が締め付けられるような思いをしたシドニー五輪。スタジアム寸前まで土佐礼子とデッドヒートを演じ、わずかに抜け出して数秒差でゴールテープを切り、何とも言えない脱力感を味わった翌年の世界陸上。

    バラエティー番組にまで出演する機会を得て、その際には夫を伴って微笑ましい一面を見せ、お茶の間にも受け入れられたその人柄、そしてブームを経て、ランが日本に根付いた昨今、「N」のロゴが大きく入ったシューズを履いているランナーが目立つのもリディア・シモンという選手の知名度と印象深さが表れていると考えます。

    Kamye_Westさん2015/02/03 16:21に投稿

    1
    そう思う!
  • 儚げな表情でひたひたと追い上げてくる姿が印象深かったです。

    鷹馬鹿dice-Kさん2015/01/31 02:07に投稿

    0
    そう思う!
  •  ジョイス・スミス選手、東京国際女子マラソンが創設された年の東京を、ハンカチでつばをふき取りながら走った姿を今も思い出します。
    さすが紳士淑女の国イギリス人らしい振る舞いに、優れたアスリートは人間的にもすごいと感心することしきりでした。

    手許 不如意さん2015/01/31 21:57に投稿

    0
    そう思う!
  • ⚫︎ガブリエラ・アンデルセン
    1984年、酷暑のロス五輪。
    初めて正式種目となった女子マラソンにおける彼女の壮絶なゴールシーンは、人々の眼を釘づけにした。
    初代女王となったベノイトの名前は調べないと思い出せないが、彼女の名前は30年が過ぎた現在でもすぐに出てくる。
    まさに記録ではなく記憶に残るランナー。

    PoJamaPeopleさん2015/02/01 04:09に投稿

    0
    そう思う!
  • 有森裕子と五輪2大会連続(1992バルセロナ・1996アトランタ)のマッチレースを演じ、ともに有森を負かしてくれたにっくき相手(笑)として記憶に残っています。でも彼女の粘り強い走りは「敵ながらあっぱれ!」でしたね。

    デュークNaveさん2015/02/01 07:17に投稿

    0
    そう思う!
  • シドニーオリンピックにおける高橋尚子選手とのデッドヒートが強烈な印象として残っているが、そのレース後のインタヴューで「タカハシがもっと速かっただけっ!」と悔しそうに答えていたそうで。
    東欧のひとらしく憂いがありながら、その一方で勝負にこだわる強気なところもあるのだな…と思った。

    赤鯱と梟さん2015/02/01 10:55に投稿

    0
    そう思う!
  • ワインフォルト・シュテファン(ビルギット・ワインホルト)選手です。

    東京のマラソンを走っている途中で、女性なら分かる体の現象が始まってしまったのですが、それでもどうにか完走したのです。

    選択肢にもあるドーレ選手がそのとき一緒に走っていて「彼女は本当に勇気を持って完走したんです。どうか誤解しないでください」と言っていたそうです(http://www.asahi-net.or.jp/~mu2m-msjm/stadium/works/olympic/others/98TIWM.htmlより)。

    私の印象では、日本の女性ランナーの姿勢がこのレースを境に変わった気がしています。

    カムバッカーさん2015/02/01 21:12に投稿

    0
    そう思う!
  • 毎年のように日本で行われるマラソンに出場していた、元世界記録保持者。大阪の世界陸上の女子マラソンを現地観戦した時も、彼女が優勝しましたし。
    時々、あれ?という感じでスパートについていけないのだけど、猛追してきてやっぱり早いなあ、というレースもありますね。アテネオリンピックで野口選手に負けた時も、そんな感じでした。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/02/01 22:38に投稿

    0
    そう思う!
  • リディア・シモンは、いい。
    2000年前後半期に日本人ランナーが素晴らしかったのもあるけれど。
    それより、
    国内マラソンの減少は、大きな問題。
    この外国人ランナーたちも来なくなるのでは、国内で勝ったとしてもランナーとしてのレベルアップは無理。
    私は、駅伝は好きなほうだが、いいランナーが二十キロ走ったとしても、マラソンでは敵わない。
    逆に、新年早々駅伝中継のTVを見ると、バイク・車がウヨウヨゝしているのと、謎のプラカードを持って大騒ぎする人を見るとこの国は「企業ばかり見ているんだなー」とがっかり。
    本気でマラソンランナーを成長させようとする気持ちが陸連や日本にあれば、
    スピード・スタミナ・精神力、前出のシモンのような「自分に勝とうという努力」を持った多くの日本の選手を本気・本位で育て上げ、世界記録に挑めるようになる、後は減少しつつある大会と招待選手なんだが、、、。

    MinnadeVさん2015/02/03 02:13に投稿

    0
    そう思う!
  • リディア・シモンと迷うところですが、ヌデレバです。
    走るフォームが綺麗な印象でした。
    ヌデレバ、エゴロワ・・・、ママさんランナーは偉大です。

    ベガロッテさん2015/02/04 17:09に投稿

    0
    そう思う!
  • 日本の代表選考レースには頻繁に出場していて、いきの長い選手だったと記憶している。第一生命監督の山下さんや有森さんと一緒のレースしていたように思う。
    最も印象深いのは、アトランタで有森が銅メダルだったとき後ろにドーレがせまってきていてメダルは無理かと冷や汗だったのをはっきり記憶している。

    ハンいんきょオヤジさん2015/02/04 19:12に投稿

    0
    そう思う!
  • 世界最速の女性マラソンランナーとして君臨したから。Nikeの広告塔としても目立っていた。

    YASUBEYさん2015/02/04 23:37に投稿

    0
    そう思う!
  • レースだけでなく、バラエティー番組の一企画「赤坂マラソン」の印象が、強烈に残っている。

    ogaさん2015/02/05 10:08に投稿

    0
    そう思う!
  • 高橋尚子をはじめとした日本勢の好ライバルとして日本でのレースでは必ず優勝争いに絡んできていて、小柄の美人ランナーながらレース中に嘔吐しても走り続けるなど、精神力の強い選手だからです。
    41歳となった今も現役を続け、リオ五輪を目指すシモン選手はこれからも応援し続けたいです。

    taku-runnerさん2015/02/06 15:37に投稿

    0
    そう思う!
  • かつてプロ野球のパンチ佐藤選手がよく引き合いに出していたこともあるくらい、強烈な選手だったから。

    阪急ブレービーさん2015/02/07 11:35に投稿

    0
    そう思う!
  • ノルウェーのイングリッド・クリスチャンセン。

    一時は5000m/10000m/マラソンで世界記録を出し長期間破られなかった。

    ラドクリフもトラック上がりのランナーだったがその先駆けだったと思う。

    重戦車のような力強いフォームもアフリカ系選手の軽やかさとは違う魅力があった。

    そしてなんと言ってもオリンピックでは一度も月桂冠を授かる事がなかった悲運も印象深い。

    DydoCorzineさん2015/02/09 13:18に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ