京都サンガのトリックFK、実際のところ有効?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 京都サンガが5月6日のJ2第12節、横浜FC戦で見せたトリックFKが話題になっています。概要はこうです。 (1) ペナルティエリア内・・・続きを表示

●効果がある  ●効果はない

1-13件を表示 / 全13

すべて| 効果がある| 効果はない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • ◎客が喜ぶ
    ○GKと壁的には本当に邪魔くさい
    ×ほんの少し精度が落ちる

    サポが喜んで
    メディアでも取り上げられるという効果

    hdsokbさん2014/06/02 14:37に投稿

    2
    そう思う!
  • FKの技術が高ければ使わないでしょう。
    逆に壁いらないとか言うキーパーがいたら面白い。

    フィリップさん2014/05/31 17:47に投稿

    1
    そう思う!
  • 蹴るふりをした選手にループパス→シュートなど、直接ゴールを狙う以外のバリエーションを増やせば、より効果的になっていくかと。

    O・FACTORYさん2014/05/26 14:44に投稿

    1
    そう思う!
  • ルールの範囲であればいいと思う。

    呼子の貴公子さん2014/05/28 07:16に投稿

    1
    そう思う!
  • FKは自由に考えてやるべきで決めたのであれば効果的でしょう。1978年WCのブラジルのリベリーノのFKも斬新なアイデアであったと思います。

    YASUBEYさん2014/06/01 20:22に投稿

    0
    そう思う!
  • まぁ、最後のシュートがどう飛ぶかが問題だが。

    pikaさん2014/05/20 19:05に投稿

    0
    そう思う!
  • それなりに効果的ではないでしょうか。

    なりより、相手を惑わす、集中力を削ぐなどで効果があると思います。
    ただ、やられた方は腹立つでしょうし、今後使うチームが増えるのは好ましくないです。

    頭の中まで無回転さん2014/05/20 20:01に投稿

    0
    そう思う!
  • 誰が蹴るのか分からないと相手に思わせるだけで既に効果があるように思います。

    Seijiさん2014/05/20 23:31に投稿

    0
    そう思う!
  • 言うまでもなく最後のキックが成果を握っておりますが、キッカーを絞らせないという点がプロサッカーでも有効なものであれば、効果はありますっ。

    たけまろさん2014/05/21 10:17に投稿

    0
    そう思う!
  • まだサッカー少年だった頃は、相手の守備が固まっている状況を前に「ロシアンルーレット的な事をやって相手を騙してゴール出来ないかなぁ」と良く考えてた。
    個人的には間接フリーキックはその絶好の機会だと思ってたんですが、チームメイトや監督が賛同してくれないんで、妄想だけで終わってしまった。(私がキッカーとして信頼が無かったという事ですね)
    間接フリーキックでのバリエーションが脅威になると直接フリーキックへの注意が削がれますから、そちらの威力も増すと考えています。
    世界的にも直接・間接問わずフリーキックでの得点を追求している様子は無いので、ぜひ色々と追求して貰いたいです。

    heroheroさん2014/05/21 10:53に投稿

    0
    そう思う!
  • 飛びぬけたキッカーがいない場合には、有効な方法の一つだと思う。
    本当に蹴るかのようにボールを飛び越えるのは、実際のところ、かなり難しいが、キッカーを育てるよりは短時間の練習でできるかと。

    飛びぬけたキッカーがいる場合には、この方法を採用することは「失敗したときにチーム内に亀裂」が走るリスクが大きすぎると思う。

    映像を見ていないので、なんともいえないが、6人がボールの後ろに並んでいると、蹴ってからのこぼれ球への対応や、カウンターされたときの対処が間に合わなかったり人数が足りなかったりする可能性が高いので、実際のところ、4人目前後でボールに触るケースが多くなりそうであり、そうなると、あまり何度も行うと有効でなくなってくるのかも。。。

    表現としての買物さん2014/05/21 14:07に投稿

    0
    そう思う!
  • 今のところは…という注釈つきですが、効果はあるのかな、と。
    相手がイライラしてくれるっていう点で、集中力が多少なりとも削がれて対応が一瞬遅れて…ってことになれば、利点はあるのかなと思います。

    ただパターンとかも無限じゃないですし、パターン化しない、それでいて実用的なレベルを保つために練習して…っていうのは、どうなんでしょう。それくらいだったら、シュートやFKの練習をもっと行って、それぞれの精度を高めたほうが手っ取り早いんじゃないですかね…。
    トリックプレーの精度ばかり高まっても、それ以外の場面でも役に立つ練習や手段を考えないと「策士策に溺れる」なんてことになりかねない気がします。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/05/22 00:46に投稿

    0
    そう思う!
  • バドゥ監督の、選手自身が考えてやる、その一環の一つ
    の様ですね。そういう意味では、こうした工夫でおまけに
    点も取れれば、チーム自体も盛り上がります。ただ、
    あくまでトリックなプレーだけに、そればかりに拘るの
    も、どうかとも思いますが…。まぁ結論としては、これは
    これで見ていても楽しいですし、いい結果に繋がるなら…
    といった感じですかね。

    今日もサンガさん2014/05/22 17:26に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ