Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<マオとヨナの最終章> 彼女が私を、強くした。 

text by

タチアナ・フレイド

タチアナ・フレイドTatjana Flade

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2014/02/10 06:15

<マオとヨナの最終章> 彼女が私を、強くした。<Number Web> photograph by Takao Fujita

バンクーバー五輪の翌月に行なわれた世界選手権では、真央がヨナを抑えて優勝。

2人の“天才少女”が出会ってから、10年が経つ。
どちらも順風満帆だったわけではない。それでも、
視線の先に互いの姿があったから、走り続けてこられた。
彼女たちの紡いできた物語とは――。

 一体、誰が忘れることなどできるだろう?

 フィギュアスケートでは、今でも人々に語り継がれる偉大なライバル関係とその逸話がいくつも残されてきた。

 例えば'88年カルガリー五輪。

 米国のブライアン・ボイタノとカナダのブライアン・オーサーが金メダルを競り合った男子の「ブライアンの戦い」。女子では、東ドイツのカタリナ・ヴィットと米国のデビー・トーマスが繰り広げた「カルメンの戦い」があった。

 あるいはアレクセイ・ヤグディンとエフゲニー・プルシェンコのように、どちらも同じロシア人だったこともある。イリーナ・スルツカヤとミシェル・クワンの、勝ったり負けたりだった友好的なライバル関係もよく知られている。

 浅田真央とキム・ヨナのライバル物語は疑いようもなく、これらの過去の偉大なストーリーに連なるレベルのものだ。2人の抜きん出た才能を持つ選手が、たまたま同じ時期に国際試合の舞台に登場したのは、奇跡のようでもあり、また運命のようなものなのかもしれない。

 始まりは、'04年秋のことだ。この年、浅田真央もキム・ヨナも、13歳でジュニアグランプリシリーズに初参戦した。ヨナは9月5日生まれ、真央は9月25日生まれと、年齢までほとんど同じだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス
浅田真央
キム・ヨナ
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ