平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 5月26日、日本競馬界最大の祭典である第80回日本ダービーが東京競馬場で開催されます。  競走馬にとって一生に一度しか出られないクラ・・・続きを表示

●トウカイテイオー、ルドルフとの父子制覇('91年)
●ミホノブルボンの逃げ切り二冠('92年)
●ウイニングチケット、柴田政人のダービー初制覇('93年)
●ナリタブライアンの大外一気('94年)
●スペシャルウィーク、武豊のダービー初制覇('98年)
●キングカメハメハ、史上初の変則二冠('04年)
●ディープインパクト、史上6頭目の無敗二冠('05年)
●ウオッカ、戦後初の牝馬の制覇('07年)
●オルフェーヴル、雨中の激走('11年)
●その他

1-4件を表示 / 全4

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • やはりダービーは特別なので何時でも印象深いレースですが、やはり印象深いのは勝ち馬が強かったレースなので、この中ならナリタブライアンとディープインパクト。二頭とも何回やっても結果は変わらないと思わせる強さ・完成度でした。
    レースとして面白かったなぁと思うのははBWN(ビワハヤヒデ・ウイニングチケット・ナリタタイシン)3強のレースなんですが・・・
    それを踏まえて、ブラッドスポーツの面白さ、賢兄の勝てなかったレースを賢弟が勝った!みたいな思い入れもコミでナリタブライアンです。

    i formationさん2013/05/14 21:37に投稿

    5
    そう思う!
  • オグリキャップの大ファンだった私としては
    オグリの天皇賞(秋)のときもこうやって乗ってくれればなぁ・・・
    と思ったものです。(内に詰まって負けたので)

    そういう意味で、心に残っております・・・

    のりふうみさん2013/05/16 12:33に投稿

    3
    そう思う!
  • 「シンザンのレースも見たことない奴が」と言われていた世代にとってはダントツでしょう。

    ルドルフやディープのようにスタイリッシュじゃなく、
    シービーやオルフェーブルのようにワイルドでもない。

    泥くささの中に圧倒的なパワーとスピード。
    まさに爆発力という表現でしょうか。これがケタ違いです。

    函館3歳(当時)Sやデイリー杯、京都新聞杯などパタっと負けるときもあり、
    本番では3馬身4馬身~と突き放す。これです。

    あの圧勝劇は誰もが脳裏に焼き付いているはずです。

    晩年かっこいいジジイになったら絶対言ってやります。
    「ナリタブライアンのレースも見たこと無い奴が(笑)」と。

    くりちゃそさん2013/05/20 16:17に投稿

    3
    そう思う!
  • 当時、小学生の俺に、
    「見てみて!すごいよ!こんなに速いんだよ!」っと興奮しながら話す母。
    野球以外のスポーツには興味がなく、ギャンブルは大嫌いで普段は絶対見ない家庭。
    そんな母を釘付けにしたのは、後にも先にもあのレースだけです。

    でゅーさん2013/05/16 06:59に投稿

    2
    そう思う!

ページトップ