平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 5月26日、日本競馬界最大の祭典である第80回日本ダービーが東京競馬場で開催されます。  競走馬にとって一生に一度しか出られないクラ・・・続きを表示

●トウカイテイオー、ルドルフとの父子制覇('91年)
●ミホノブルボンの逃げ切り二冠('92年)
●ウイニングチケット、柴田政人のダービー初制覇('93年)
●ナリタブライアンの大外一気('94年)
●スペシャルウィーク、武豊のダービー初制覇('98年)
●キングカメハメハ、史上初の変則二冠('04年)
●ディープインパクト、史上6頭目の無敗二冠('05年)
●ウオッカ、戦後初の牝馬の制覇('07年)
●オルフェーヴル、雨中の激走('11年)
●その他

1-5件を表示 / 全5

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 正確に言うならば心に残っているのはそのレース内容ではなく返し馬です。
    「なんて気持ちよさそうに走る馬なんだろう・・・・」
    その独特の歩様からそう見えただけかもしれませんが、あんな風に芝の上を駆ける馬を他に知りません。

    結果的にラストランとなった1年振りの有馬記念で、あの大川慶次郎さんがレース直前に有力馬以外で気になる馬のコメントを求められ、「いいとか悪いとかじゃないんですが、トウカイテイオーが久しぶりの芝の上を気持ちよさそうに走ってるのが印象的でした」と仰ったのも忘れられません。

    三冠、マックイーン、JC、有馬・・・・・・ 現実のライバルよりも常に父の幻影と闘わされ、何度も敗れ傷つきながら立ち上がってきたテイオー。
    これからも長生きしてね!

    ミルトさん2013/05/16 10:46に投稿

    6
    そう思う!
  • 「ダービー馬はダービー馬から」という、競馬界に古くからある予想の格言を体現してみせてくれた。

    この馬から、「競馬はロマン」を感じた方も多かったはず。日本の競馬界をいっそう盛り上げてくれたダービーだった。

    こもねこさん2013/05/14 19:42に投稿

    4
    そう思う!
  • 思いっきり、主観で「トウカイテイオー」です。

    始めて、当てた馬券でもありました。レオダーバンとの枠連350円ですね。(今だとそんな低配当買いませんが)
    単枠指定された20番の大外枠からでも鮮やかに勝ったピンクの帽子がとても似合うその優雅な走りはたくさんの人を魅了しました。

    ディープインパクトと一緒に走ったって負けないでしょう!

    帝王00さん2013/05/15 20:00に投稿

    3
    そう思う!
  • まだ『単枠指定』があった時代です。馬券も単、複、枠連だけでした。
    ボクはトウカイテイオーでなく、もう一頭の単枠指定馬イブキマイカグラを応援してました。今はないGI阪神三歳Sを勝って、弥生賞のリンドシェーバーとの激戦、NHK杯での怒涛の追い込みと今でも思い出します。トウカイテイオーに負けましたがこの年のダービーほどワクワクしたレースはありません

    カイチョーさん2013/05/25 14:13に投稿

    3
    そう思う!
  • 初めて競馬場で見たダービーがトウカイテイオーだった。ルドルフの頃からダービーを見ていたけれど、実際に足を運んだのはこの時が最初。
    あのルドルフの子供が無敗でダービーにでてくる。その胸の高鳴りが府中まで足を運ばせた。
    そして期待を裏切らない圧勝劇を見せてくれたテイオー。そしてテイオーコール。
    ライブでしか味わえない熱気と興奮をこの時期になると思いだす。

    きがえまるさん2013/05/19 13:53に投稿

    1
    そう思う!

ページトップ