平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 5月26日、日本競馬界最大の祭典である第80回日本ダービーが東京競馬場で開催されます。  競走馬にとって一生に一度しか出られないクラ・・・続きを表示

●トウカイテイオー、ルドルフとの父子制覇('91年)
●ミホノブルボンの逃げ切り二冠('92年)
●ウイニングチケット、柴田政人のダービー初制覇('93年)
●ナリタブライアンの大外一気('94年)
●スペシャルウィーク、武豊のダービー初制覇('98年)
●キングカメハメハ、史上初の変則二冠('04年)
●ディープインパクト、史上6頭目の無敗二冠('05年)
●ウオッカ、戦後初の牝馬の制覇('07年)
●オルフェーヴル、雨中の激走('11年)
●その他

1-3件を表示 / 全3

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 武豊騎手のダービー初制覇を叶えた馬というのもあって記憶に残るが、母の父が「悲運の馬」マルゼンスキーというのがドラマだなぁ…と。当時のNumberのダービープレヴューに「約束された逆転の血」(だったかな?)とあったのが印象的である。
    そういえば、レース前の仕草もサンデーサイレンスの仔らしくないくらい穏やかなのも好きであった。

    赤鯱と梟さん2013/05/14 20:11に投稿

    5
    そう思う!
  • 天才・武豊がついにダービーを制したレースとしてインパクトが強いです。

    それまで数々の名馬とともに数々のビッグタイトルを手にしてきた彼でしたが、なぜかダービーだけは無縁でした(絶対の本命・ダンスインザダークで臨んだ96年、直線の最後の最後でフサイイチコンコルドに足をすくわれたあのダービーはショックでした)。

    そしてこの年も、皐月賞では大外枠という不運もあって脚を余して3着に惜敗、陣営も武豊本人も「何としてもダービーは勝ちたい!」という思いが強かったでしょう。そしてレースは、直線で真ん中から抜け出し、後続を影も踏ませず突き放す、5馬身差の圧勝。皐月賞の惜敗と武豊のダービーへのフラストレーションを一気に吹き飛ばすような快勝でした。

    翌年史上初のダービー連覇を達成し、ここまでダービーで史上最多の4勝をマークしていますが、その最初の壁を破った98年のこのレースが忘れられませんね。

    デュークNaveさん2013/05/15 05:58に投稿

    4
    そう思う!
  • 武豊

    rose23さん2013/05/17 12:53に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ