平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 5月26日、日本競馬界最大の祭典である第80回日本ダービーが東京競馬場で開催されます。  競走馬にとって一生に一度しか出られないクラ・・・続きを表示

●トウカイテイオー、ルドルフとの父子制覇('91年)
●ミホノブルボンの逃げ切り二冠('92年)
●ウイニングチケット、柴田政人のダービー初制覇('93年)
●ナリタブライアンの大外一気('94年)
●スペシャルウィーク、武豊のダービー初制覇('98年)
●キングカメハメハ、史上初の変則二冠('04年)
●ディープインパクト、史上6頭目の無敗二冠('05年)
●ウオッカ、戦後初の牝馬の制覇('07年)
●オルフェーヴル、雨中の激走('11年)
●その他

1-19件を表示 / 全19

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 大観衆の歓声を悲鳴に変えた馬、サニーブライアンが一番心に残っています。
    大西騎手や馬主・調教師にまつわる様々なエピソードや、フロック視されていた状況をあえて利用するためのパフォーマンス、「一番人気はいらない、一着が欲しい」などの名言、完璧なレースペースなど、全ての事象がサニーブライアンと大西騎手にダービーを勝たせるために存在していたのではないかと思ってしまいます。

    今レース映像を見ても、最後の直線半ばでサニーブライアンが後続を突き放した瞬間には鳥肌が立ちます。
    「これはもう、フロックでも、なんでもない!二冠達成!!」

    余談ですが、サニーブライアンの能力の高さは疑いようの無いものでした。トウカイテイオーが顕彰馬になっていて、同様のタイムでダービーを逃げ切った二冠馬は顕彰馬になっていないのはどう考えても納得がいきません!是非サニーブライアンを顕彰馬に!

    協和のバッジオさん2013/05/15 09:12に投稿

    9
    そう思う!
  • サニーブライアンです。
    当時学生で馬券は買えない立場でした。
    皐月賞での勝利に対しての世間的評価は、自分の学校での境遇などと相通ずるものがあり、非常に共感を得るものがありファンになりました。何より追い込み馬が勝つ物だと思っていた私にとって逃げ切り勝ちは痛快そのものでした。
    そして乗り込んだダービーは皐月賞がフロックと見なされて7番人気(当日6番)。しかし、レースに向けて陣営一体となったレース前戦略。大西騎手のレース戦術。そしてなにより府中の直線をも逃げ切るサニーブライアンの能力。

    実況の「これはもうフロックでも何でもない!!」という叫び声と同時に突き上がる騎手の腕を見たときに子供ながらに涙が溢れてきたと同時に「色々言われる事が多いけど、自分も頑張ろう!」と思えました。
    以降、色々な馬がドラマとともにダービーを勝ってきましたが、この馬ほど自分の境遇と同一視出来た馬(陣営含む)は居ません

    ナナクシさん2013/05/14 20:40に投稿

    7
    そう思う!
  • 生で見ていたわけではないのですが、アドマイヤベガが勝ったダービーがレースとしては一番面白かったと思います。
    皐月賞馬として最初に仕掛けて抜け出したテイエムオペラオー、それを目標にして襲い掛かった1番人気のナリタトップロードが思惑通りにかわして先頭に立つも、更に仕掛けを待ったアドマイヤベガがゴール前で見事に差しきる完璧なレースでした。

    母ベガから競走能力だけでなく体質の弱さも受け継いでしまい、順調に使うことが殆どできなかったアドマイヤベガを何とか仕上げた陣営の苦労を実らせたのは、他の2人の若い騎手が勝ちに焦ってしまう中、勇気を持って仕掛けを遅らせた武豊騎手の騎乗は本当に素晴らしいものでした。
    こうして振り返ってみると、馬を動かす腕っぷしではなく、このように「騎手の腕」を感じさせるレースが最近はあまり見られなくなった気がするので、武豊騎手にはこれからも頑張っていってほしいと思います。

    rogerさん2013/05/14 23:12に投稿

    7
    そう思う!
  • やっぱりアイネスフウジンのダービー。
    初めて競馬場で見るダービーということもあって当日、朝早くから行ってゴール板の直ぐそばに陣取って見てましたが、アイネスフウジンの走りに痺れました。直線で追っかけて勝ちに行ったハクタイセイが力尽き、追込んだライアンとホワイトストーンが突っ込んできた時は時遅し。本当に強かった。連複とホワイトストーンの複勝を取った事もあり、またアイネスフウジンが戻ってこないので「中野、男!!」などと叫んでたらいつの間にか「ナカノコール」が始まり一緒に叫びました。周りに居た馬券を外して文句を言ってた連中もコールに参加したのには笑いましたが。
    独走したブライアン、豊が鞭を落としたスペシャルウィーク、ウォッカ、ディープ等、思い浮かぶレースは多々あれど、一番はアイネスフウジンです。

    Nashwanさん2013/05/14 23:52に投稿

    6
    そう思う!
  • アグネスフライトのダービーですね。
    馬のと言うよりもこのダービーの状況が非常に思い出深いです。
    史上初ダービー三連覇を目指す武豊騎手が
    直線半ばで抜け出して差を広げるかと言うところに
    兄弟子の河内騎手が渾身の追いで
    並んでかわしたか!?でゴール。
    見応えがありました。

    TOFUさん2013/05/14 20:38に投稿

    5
    そう思う!
  • ジャングルポケット

    府中2,400mといえばこの馬。
    降雨での重馬場にもかかわらず、当時の史上最速ラップを刻み続ける非常に厳しい展開。スピードもスタミナも勝負根性も全て求められ、地力の劣る馬から脱落していくなか、一番人気の期待を裏切らずラスト500mを別次元のパワフルな脚で伸びてきたジャングルポケット。
    皐月賞出遅れ3着とアグネスタキオン引退でリベンジの機会を失った鬱憤を晴らした力強さを、いまだに鮮明に憶えています。
    ウイニングラン後の「咆哮」が、まるで「勝ったのは俺だ!」と主張しているかのようで 微笑ましかったですね。

    MUNGOOSE21さん2013/05/15 13:42に投稿

    4
    そう思う!
  • フサイチコンコルド
    音速の末脚が炸裂!!
    この年と翌年のサニーブライアンのダービーは取らせてもらいました…

    ボブさん2013/05/15 15:07に投稿

    3
    そう思う!
  • フサイチコンコルドの一瞬の輝きは強烈だった。

    kakkie1974さん2013/05/15 18:28に投稿

    2
    そう思う!
  • アイネスフウジン
    競馬場の盛り上がる様が、テレビ画面を通じ、ひしひしと伝わってきました。
    その後も素晴らしいダービーはありましたが、
    競馬を初めてから、最初に味わった感動に一票。

    うぃずだむさん2013/05/15 19:13に投稿

    2
    そう思う!
  • 正直、どのダービーも素晴らしいのですが、あえて上げるなら20世紀最後のダービー馬アグネスフライト。祖母アグネスレディー・母アグネスフローラと河内騎手が乗り続けた一族で、騎手生活27年目にして悲願のダービー制覇。立ちはだかったのは、前人未到の3連覇を目指す弟弟子・武豊騎手がまたがるエアシャカールで、7cmの差だった死闘。物凄く強い世代だったり強い馬というわけではないが、特別な馬が勝ったという事で印象深いのはこの馬です。

    わっきーさん2013/05/16 20:53に投稿

    2
    そう思う!
  • アグネスフライト。
    祖母、母、そしてこの馬と3代にわたって手綱をとった、河内現調教師の最初で最後のダービー制覇となった。そのため「河内にダービーを獲らせるために生まれてきた」とまで言われた。
    さらに競った2着エアシャカールの鞍上は2年前、一歩先に念願を果たし、さらに初の連覇を果たしていた弟弟子の武豊。
    「河内の夢か 豊の意地か」という名実況が物語る大接戦だった。
    その後、この1、2着の成績が振るわず、レベルが低いとも言われた世代だが、間違いなく名勝負であり、リアルタイムで見たダービーの中では最も印象的だ。

    シルククマモンさん2013/05/18 00:18に投稿

    1
    そう思う!
  • タニノギムレット。

    皐月賞で大外回して届かず。
    本来ならダービー直行だったはずなのに、NHKマイルCに参戦して、やっぱり届かず。
    今度こそ、の思いは、ファンだけでなく、陣営にも相当に強かったでしょう。
    そして、青葉賞を勝って挑んできたシンボリクリスエスを抑え込んで念願のクラシック制覇。

    それだけでなく、ダービーが引退レースになってしまったこと、2着に退けたシンボリクリスエスが3歳秋で天皇賞・有馬記念を制し2年連続の年度代表馬になったこと、またこの馬の引退後にノーリーズンに乗ることになった武豊が菊花賞で1番人気で落馬するなど、「たられば」を考えるとあの後の競馬も勢力図が違っていたのではと思います。

    あとは馬券が買えなかった中で、「武豊の初制覇」より「2着にボールドエンペラーが来て初めて万馬券の予想が当たった(笑)」印象の強いスペシャルウィークですかね。

    するのは苦手見るのは得意さん2013/05/18 08:07に投稿

    1
    そう思う!
  • サニーブライアンです
    当日の東京競馬場でのパドックをみて圧倒されました。買うつもりはなかったのに本命馬に急遽変更。皐月賞の勝利でより一段と馬が成長したのだと今でも思っています。レースは大外枠からの勇気ある逃げ・4コーナーからの早めのスパート。中・長距離がやたらスローペースで(症候群とまで云われていた)上がり勝負が多かった当時に、大西騎手の騎乗は見事というほかありませんでした。あの興奮を超えるダービーを毎年期待しながら、今も競馬を続けています。

    わんちゃんさん2013/05/22 14:02に投稿

    0
    そう思う!
  • 1996年が一番印象に残っています。

    ゴール前で名手の乗るエリートを差しきった「音速の末脚」の映像を見ると、今でも鳥肌が立ちます。

    当時、僕は中学生。周りに競馬の話をできる友だちはおらず、
    親には「子どもがギャンブルなんて」と苦い顔をされていた。
    前年の95年天皇賞・秋から競馬に興味を持ち、そこから8ヶ月、
    勉強はそっちのけで過去の名馬やレース体系の仕組みを学び、初めて迎えたクラシック。
    皐月賞はサンデー産駒の派手な馬が勝った。しかし世間の評価はフロック、二番手争い。
    なぜなら、皐月賞はアクシデントで回避せざるをえなかった世代最強馬がいたから。
    後の名伯楽と天才騎手が選んだ、王者の風格を持つ本命馬。

    日本ダービーという競馬の祭典。勝つべく馬が勝ち、その行く先に想いをはせるつもりだった。
    それが…。

    あの時の自分の「えーーーー!?」という声は一生忘れません。

    ぬぃさん2013/05/23 00:20に投稿

    0
    そう思う!
  • 2000年アグネスフライト
    河内騎手をダービージョッキーにするために生まれてきたようなお馬さんだった。
    先に抜け出した武豊騎手のエアシャカールをハナ差で差し切ったあの剛脚は今でもクッキリと覚えている。ゴールの後の河内騎手の左手が上がった時、ウイニングランで河内コールが聞こえた時、オメデトウ河内騎手、オメデトウアグネスフライト、と素直に思えた瞬間だった。

    ともさん35jpさん2013/05/23 19:04に投稿

    0
    そう思う!
  • フサイチコンコルド

    音速の末脚で、競馬の常識を覆す、デビュー3戦目での制覇。
    父カーリアン、母父サドラーズウェルズ、ノーザンダンサー系の近親配合が故の爆発力と体質の弱さ。
    これほど順調さを欠いたダービー馬は、これからも出てこないでしょう。

    この年の3歳世代は、非常にレベルが高かったことも印象に残っている要因です。
    主な活躍馬は、
    牡馬 ダンスインザダーク、 バブルガムフェロー、ロイヤルタッチ、イシノサンデー、ローゼンカバリー
    牝馬 エアグルーヴ、ファビラスラフイン、ビワハイジ、ヒシナタリーなど。

    SUNACCIさん2013/05/23 22:57に投稿

    0
    そう思う!
  • アイネスフウジン
    当時19歳だった私が偶然初めて見た競馬中継が平成2年第57回ダービー。人気のメジロライアン、皐月賞馬ハクタイセイ、影の実力馬ツルマルミマタオー。朝日杯に勝利し、年明け初戦の共同通信杯は勝利したが、続く弥生賞はメジロライアンに屈し4着。そして皐月賞も若き天才・武豊を背にした芦毛のハクタイセイに屈し2着。メジロライアンは血気盛んな若き剛腕・横山典弘、ハクタイセイの武豊とライバル馬の鞍上には華があるが、アイネスフウジンの鞍上はローカル専門でロートルの中野栄治と地味。そんなレース前エピソードを見て、ふと愛着心が湧き応援したのがアイネスフウジンでした。初めて見た競馬が第57回ダービー、初めて応援した馬がアイネスフウジン、そしてこのダービーを制したのがアイネスフウジン。2着メジロライアン、3着ハクタイセイ、4着ツルマルミマタオー、今後GⅠを賑わすこれらの実力馬を抑えての中野コール!

    お父さんさん2013/05/24 01:16に投稿

    0
    そう思う!
  • サニーブライアン
    皐月賞馬なのに伏兵扱い。
    大外からの逃げで戴冠。
    あの時、上村が無理にでも逃げればどうなってたんやろ。

    marumakiyoさん2013/05/25 11:27に投稿

    0
    そう思う!
  • メイショウサムソンですよ。守ちゃんとのコンビで小倉でコツコツと走り、地味にダービーへ。サムソンは守ちゃんとのコンビが楽しそうだった。現代の成果主義に逆行した人情を思わせる馬主さんとの人の繋がりにロマンを感じました。

    まりこころんさん2013/05/26 17:10に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ