平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

41-47件を表示 / 全47

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
3
次のページ »
  • サニーブライアンです
    当日の東京競馬場でのパドックをみて圧倒されました。買うつもりはなかったのに本命馬に急遽変更。皐月賞の勝利でより一段と馬が成長したのだと今でも思っています。レースは大外枠からの勇気ある逃げ・4コーナーからの早めのスパート。中・長距離がやたらスローペースで(症候群とまで云われていた)上がり勝負が多かった当時に、大西騎手の騎乗は見事というほかありませんでした。あの興奮を超えるダービーを毎年期待しながら、今も競馬を続けています。

    わんちゃんさん2013/05/22 14:02に投稿

    0
    そう思う!
  • 1996年が一番印象に残っています。

    ゴール前で名手の乗るエリートを差しきった「音速の末脚」の映像を見ると、今でも鳥肌が立ちます。

    当時、僕は中学生。周りに競馬の話をできる友だちはおらず、
    親には「子どもがギャンブルなんて」と苦い顔をされていた。
    前年の95年天皇賞・秋から競馬に興味を持ち、そこから8ヶ月、
    勉強はそっちのけで過去の名馬やレース体系の仕組みを学び、初めて迎えたクラシック。
    皐月賞はサンデー産駒の派手な馬が勝った。しかし世間の評価はフロック、二番手争い。
    なぜなら、皐月賞はアクシデントで回避せざるをえなかった世代最強馬がいたから。
    後の名伯楽と天才騎手が選んだ、王者の風格を持つ本命馬。

    日本ダービーという競馬の祭典。勝つべく馬が勝ち、その行く先に想いをはせるつもりだった。
    それが…。

    あの時の自分の「えーーーー!?」という声は一生忘れません。

    ぬぃさん2013/05/23 00:20に投稿

    0
    そう思う!
  • 2000年アグネスフライト
    河内騎手をダービージョッキーにするために生まれてきたようなお馬さんだった。
    先に抜け出した武豊騎手のエアシャカールをハナ差で差し切ったあの剛脚は今でもクッキリと覚えている。ゴールの後の河内騎手の左手が上がった時、ウイニングランで河内コールが聞こえた時、オメデトウ河内騎手、オメデトウアグネスフライト、と素直に思えた瞬間だった。

    ともさん35jpさん2013/05/23 19:04に投稿

    0
    そう思う!
  • フサイチコンコルド

    音速の末脚で、競馬の常識を覆す、デビュー3戦目での制覇。
    父カーリアン、母父サドラーズウェルズ、ノーザンダンサー系の近親配合が故の爆発力と体質の弱さ。
    これほど順調さを欠いたダービー馬は、これからも出てこないでしょう。

    この年の3歳世代は、非常にレベルが高かったことも印象に残っている要因です。
    主な活躍馬は、
    牡馬 ダンスインザダーク、 バブルガムフェロー、ロイヤルタッチ、イシノサンデー、ローゼンカバリー
    牝馬 エアグルーヴ、ファビラスラフイン、ビワハイジ、ヒシナタリーなど。

    SUNACCIさん2013/05/23 22:57に投稿

    0
    そう思う!
  • アイネスフウジン
    当時19歳だった私が偶然初めて見た競馬中継が平成2年第57回ダービー。人気のメジロライアン、皐月賞馬ハクタイセイ、影の実力馬ツルマルミマタオー。朝日杯に勝利し、年明け初戦の共同通信杯は勝利したが、続く弥生賞はメジロライアンに屈し4着。そして皐月賞も若き天才・武豊を背にした芦毛のハクタイセイに屈し2着。メジロライアンは血気盛んな若き剛腕・横山典弘、ハクタイセイの武豊とライバル馬の鞍上には華があるが、アイネスフウジンの鞍上はローカル専門でロートルの中野栄治と地味。そんなレース前エピソードを見て、ふと愛着心が湧き応援したのがアイネスフウジンでした。初めて見た競馬が第57回ダービー、初めて応援した馬がアイネスフウジン、そしてこのダービーを制したのがアイネスフウジン。2着メジロライアン、3着ハクタイセイ、4着ツルマルミマタオー、今後GⅠを賑わすこれらの実力馬を抑えての中野コール!

    お父さんさん2013/05/24 01:16に投稿

    0
    そう思う!
  • サニーブライアン
    皐月賞馬なのに伏兵扱い。
    大外からの逃げで戴冠。
    あの時、上村が無理にでも逃げればどうなってたんやろ。

    marumakiyoさん2013/05/25 11:27に投稿

    0
    そう思う!
  • メイショウサムソンですよ。守ちゃんとのコンビで小倉でコツコツと走り、地味にダービーへ。サムソンは守ちゃんとのコンビが楽しそうだった。現代の成果主義に逆行した人情を思わせる馬主さんとの人の繋がりにロマンを感じました。

    まりこころんさん2013/05/26 17:10に投稿

    0
    そう思う!
3
次のページ »

ページトップ