スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ダルビッシュ、衝撃の今季初登板!
“ほぼ完全試合”に導いた球種とは?  

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/04/03 15:50

ダルビッシュ、衝撃の今季初登板!“ほぼ完全試合”に導いた球種とは? <Number Web> photograph by Getty Images

パーフェクトゲームを逃した瞬間、打球の行方を追いながら照れたように少し笑ったダルビッシュ。今回はチャンスを逃したが、本当の伝説の始まりはこれからだ。

 惜しかった。

 とにかく、惜しかった。

 ダルビッシュ有にとっての今季初登板。アストロズ戦で9回2死までパーフェクトに抑えながら、最後の最後、9番打者のゴンザレスに自身の股間を抜ける中前安打を許し、完全試合を逃してしまった。

 逃した、という表現がぴったりだった。

 ダルビッシュはアストロズ打線を圧倒、現地の放送では、「1、2回はオープン戦のような余裕があった。汗もかいてないんじゃないか?」と評されるほどの投球だった。

 8回3分の2、奪三振14個はメジャー移籍後では、最多の数字である。

 ダルビッシュの出来栄えを見る限り、いつの日か、いや、今季のうちにノーヒッターを達成する可能性があるのではないか――。そう思わせるほどの、ほれぼれとする投球だった。

 4月2日のダルビッシュは“unhittable”、ではその投球内容はどんなものだったのか。分析していくと「進化」したダルビッシュが見えてくる。

「フォーシームは投げてないんで」

 2年目の投球内容の大きな変化は、試合後のインタビューですぐに確認できた。

「フォーシームは投げてないんで」

 日本人が好む、回転のきれいなストレート。2年目のダルビッシュはフォーシームを封印、カット・ファストボールでカウントを整えて、最後は切れ味鋭いスライダーを武器にして三振を取る。そのパターンが確立していた。相手も分かってはいるのだが、対応できなかった。

「フォーシームは投げない」という言葉を聞いたのは、私にとっては2人目である。実はヤンキースの黒田博樹も、メジャーに行ってからはほとんどフォーシームを投げなくなったという。黒田は、

「釣り球のように、大きく外す時だけです。じゃないと、どでかい打球を外野スタンドに運ばれてしまいますよ」

 と話してくれたことがある。

【次ページ】 メジャーで成功するために必須の、ある球種とは?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ