JリーグPRESSBACK NUMBER

長友、内田らに続くサイドバックは誰?
今季のJリーグで観ておくべき選手達。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byEnrico Calderoni/AFLO SPORT

posted2013/01/31 10:31

長友、内田らに続くサイドバックは誰?今季のJリーグで観ておくべき選手達。<Number Web> photograph by Enrico Calderoni/AFLO SPORT

欧州の主要メディアや有名クラブの監督から「世界最高の左サイドバックのひとり」とまで称されるようになった長友。アシュリー・コール、ファビオ・コエントラン、ジョルディ・アルバらと比べられる存在だ。

藤春廣輝、橋本和、丸橋祐介……他にもまだいる!

 藤春廣輝(ガンバ大阪)はまだ荒削りだがスピードと突破力が魅力で、意識も過去のサイドバックと違う。「自分が試合に出れているのは攻撃力があるから。攻撃が最大のウリです」と、まるでアタッカーのような発言をするほど、攻撃に自信を持っている。

 ジョルジ・ワグネルと抜群の連携を見せる橋本和(柏レイソル)は、元々中盤の選手でドリブラーだった。攻撃面では、「ドリブル、シュートというイメージは常に描いている」と、ゴールに貪欲だ。

 丸橋祐介(セレッソ大阪)も元は攻撃的MFだったが、2010年にサイドバックにコンバートされ、代表候補にも名を連ねた。貴重なレフティで、積極的に縦を突破し、左足から繰り出されるクロスの質は非常に高い。

 彼らを見ていると昨年の欧州選手権でブレイクしたスペインのジョルディ・アルバを思い出す。アルバは元ウインガーだが、クロスの精度も含めて攻撃力はピカイチだった。もちろん、マイコンやアシュリー・コールら世界最高と称されるサイドバックには、まだ及ばないが、攻撃力のある選手がサイドを任せられる傾向は益々高まっていくだろう。

ドリブル突破、守備力、スタミナが揃えばポジション転向で光るかも!?

 そういう意味では、今は中盤だがサイドバックに転向したら世界に飛び出せる可能性のある選手もいる。

 面白そうなのは、齋藤学(横浜F・マリノス)、梅崎司(浦和レッズ)、登里享平(川崎フロンターレ)だ。

 3人とも共通しているのは攻撃力、特にドリブル突破が魅力だということだ。しかも、守備もサボらず、献身的にプレーする。現在のサイドバックの流れを地で行くようなプレースタイルなので、守備が磨かれれば化ける可能性は十分ある。

 彼ら3人とはタイプは違うが、面白い存在なのが、山口(セレッソ大阪)だ。今はボランチだが、もともとFW、攻撃的MFの選手なので、点を取る感覚は優れている。しかも、スタミナは無尽蔵で、アップ&ダウンを何度も繰り返すことができる心肺機能を持っている。本気で挑戦すれば、アタックだけではなく、点も取れるサイドバックとして将来、長友&内田の二大牙城を突き崩せる存在になる可能性は非常に高い。

【次ページ】 サイドバックは日本人選手に有利なポジション?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤春廣輝
丸橋祐介
齋藤学
梅崎司
登里享平
橋本和
長友佑都
内田篤人
酒井宏樹
酒井高徳
山口螢

Jリーグの前後のコラム

ページトップ