あなたにとって、「ミスター・IWGP」といえば?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 1月4日(金)、新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 7 ~EVOLUTION~ in 東京ドーム」で行なわれたIWGPヘビー級選手権。王者・棚橋弘至が、挑戦者オカダ・カズチカを破り、自己記録を更新する通算26回目の防衛を果たしました。

 1987年にタイトルが制定されて以来、新日本プロレスの象徴とされてきたIWGPヘビー級王座。現在(第58代)の棚橋まで、錚々たる王者がこのベルトを継承してきました。

 そこでみなさんに伺います。
  これまでのIWGPヘビー級王者のなかで、これぞ「ミスター・IWGP」だと思うレスラーは誰ですか?

 胸を熱くさせられた試合など、思い出をたっぷり語ってください!

●アントニオ猪木
●藤波辰巳(辰爾)
●ビッグバン・ベイダー
●橋本真也
●武藤敬司
●佐々木健介
●永田裕志
●中邑真輔
●棚橋弘至
●その他

※選択肢は、戴冠回数や防衛回数を考慮して選出しました。

1-9件を表示 / 全9

すべて| アントニオ猪木| 藤波辰巳(辰爾)| ビッグバン・ベイダー| 橋本真也| 武藤敬司| 佐々木健介| 永田裕志| 中邑真輔| 棚橋弘至| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • ドームのメインを飾った回数、インパクト、試合内容、防衛記録を考えると「橋本真也」になるんじゃないだろうか。

    対戦相手の幅の広さがまた魅力である。

    同世代はもちろん、天龍、藤原組長、長州、リック・フレアーとも対戦している。

    天山、小島とも対戦している。

    そして、ウィリアム・リーガルとも対戦してるのが、今考えると面白い。

    Dブライアンさん2013/01/11 21:43に投稿

    3
    そう思う!
  • 記録よりも記憶に残るレスラー。
    そして早逝したことで、『Mr』を冠するに相応しい永遠の存在になった。
    猪木・藤浪・ベイダーは別にして、他のレスラーは現役。
    現在進行形のレスラーは結果を残していても『Mr』を名乗るには相応しくない。
    引退した時に、振り返ってもらえばいい。

    ogaさん2013/01/16 23:32に投稿

    2
    そう思う!
  • この人だと思うな
    もう背中しか見えないし

    kno11さん2013/01/16 23:50に投稿

    2
    そう思う!
  • 本当は橋本と武藤、両方。IWGPの価値が大きく上がった一連の親日vsUWFインター。初戦の高田のキックをドラゴンスクリューで靭帯を壊し、足4の字固めでギブアップを奪った瞬間。肉体的にもベルトが似合っていたし、ショーマンレスリングが一番映えていたな。次回の高田がヒールロックを出させたのも彼。その高田を過去最大の防衛記録を持っていた橋本が敢えて挑戦者で挑み、関節に拘りながらもキックに手刀を連発、そして水面蹴り、最後は直下式DDT。ピンフォールでは無く三角絞めでギブアップ。この3興業全て見に行きましたけど、我を忘れて興奮したのを懐かしく思います。橋本を推したのは、あの直下式DDTのインパクトでしょう。橋本の直下式、もう一度ナマで見たい!!。

    ふかちゃんさん2013/01/17 02:19に投稿

    2
    そう思う!
  • メジャーにした

    dionさん2013/01/14 20:48に投稿

    1
    そう思う!
  • とにかく強かった。猪木の闘魂を伝承したのは橋本慎也だと思う。

    おんぐさん2013/01/18 23:52に投稿

    0
    そう思う!
  • 完全無欠だった。全盛期の時に三沢さんと選手権で戦ってほしかった。

    aysozymさん2013/01/19 00:12に投稿

    0
    そう思う!
  • 猪木なき後の新日本プロレスの絶対的なエース。抜群の勝負強さ、そしてエンターテイメントに長けた能力。橋本しかいないでしょ。

    doboruzaakさん2013/01/19 14:37に投稿

    0
    そう思う!
  • *

    文系番長さん2013/01/22 23:43に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ