オランダ戦は、あなたの予想より良かった、悪かった?

illustration by masulira
集計グラフを見る

試合の内容はどうだったのか?
0-1という結果をどう考えるのか?
オランダ戦、0-1での敗戦は様々な議論の余地を残す結果となったようです。
対戦前には、もっと大差での惨敗を予想した人もいました。一方、カメルーン戦の余勢を駆って引き分け以上もイケる! と期待を膨らませる人もいたようです。
試合前の皆さんの予想と比較して、オランダ戦は良かったですか? 悪かったですか?
戦術や結果なども含め、どのような切り口でも構いません。

1-20件を表示 / 全41

すべて| 良かった| 悪かった|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • このテーマ内容ではなく、W杯GLでのオランダ戦の結果として考える。
    初戦カメルーンでの奇跡的勝利により、どうしても欲がでてしまう。
    「99%オランダには負ける」と言いながらも、心の中では、カメルーンとオランダに2連勝という感動を味わってみたいという欲が出てくる。実際、試合が終わった時にがっかりした自分がいた。
    しかし、徐々に冷静となり、もう一方の試合が終わり、その結果日本がグループ2位。3位のデンマークとは次戦で直接あたり、引き分け以上でGL突破となった。
    勝負は結果がすべて、負けは負け。しかし、「3試合の結果」のGL形式において「1-0」の負けは最高の負け。オランダとの力の差から現実的に「負け」が予想される。その負けも2-0だったら、次戦は90分間での勝ちのみが必要となった。
    引き分けでも良しとしたデンマークと、勝たなければいけないデンマークでは、後者の方が日本のサッカーはやりやすい。

    rudy_pt_49さん2010/06/21 07:11に投稿

    19
    そう思う!
  • 1失点までに抑えられれば結果を問わないと考えていた。
    デンマーク戦に繋げるゲームになると思っていた。

    ここまで攻撃の形が作れないオランダチームを見たことない。

    失点後は攻撃に出て決定的な場面も作られたが...プランは間違ってなかった。
    強豪国のように打ち合えなくても組織的に戦えることを証明した。

    あと5分間だけでも失点しなければ。。

    チーム力が向上して結果も付いてきたカメルーン戦。
    更に向上したチームに自信も加わわり挑んだオランダ戦。
    しかし結果が付いてこなかった。

    メンタル面において前回の代表との違いは証明済みである。
    デンマーク戦に向けても維持できることを信じている。

    最も求められるのは精神力であり現日本代表の長所である。

    辛抱強く戦いプレッシャーをかけ水面下でゲームを支配してほしい。
    そして数少ないチャンスでゴールを狩り、農耕民族の壁を打ち破ることを心から願っている。

    biancoさん2010/06/20 16:20に投稿

    17
    そう思う!
  • 0-1の敗戦という結果だけなら、予想より良かった。守備陣は健闘していたし、GKの川島も失点シーンを除けば最近の好調ぶりをいかんなく発揮してくれた。一方の攻撃陣。大久保がキレキレだったが、全体ではゴールに近いエリアまで行ってのミス、勝負どころで仕掛けて取りきれないなど、課題は多い。それと、中村俊輔は展開の速いサッカーに全く付いていけず、自分がボールを奪われてピンチを招いたのにタラタラ走って、本田との比較うんぬんではなく、不要な存在だった。

    らいおんさん2010/06/20 14:28に投稿

    15
    そう思う!
  • 「予想通り」という項目が無いので、一応「良かった」方に1票を投じました。得失点差を考えた場合、最小失点で抑えられたのは、よかった。
    私のワールドカップ前の予想は1勝1敗1引き分け。カメルーンに勝ち、オランダに負け、デンマークに引き分けて、ぎりぎり予選突破できれば、今回は上出来だろうと思います。

    legendstarsさん2010/06/20 13:52に投稿

    11
    そう思う!
  • 1試合として見れば同じかもしれないが、98アルゼンチンやクロアチアとは明らかに違うと思う。
    1点差負けだったからこそ、デンマーク戦は引き分けでもグループリーグ突破が可能になった。

    目の前の試合のために守りを固めた98と、グループリーグ突破を現実的に捉えて守りを固めたオランダ戦はその本質において意味が違う。
    もちろん攻撃がこのままでいい訳はないが、それはデンマーク戦でやってくれると信じて期待。

    ミルトさん2010/06/20 22:36に投稿

    11
    そう思う!
  • 予想より良かったというより、いい内容、そして納得できる結果だった、という意味で。
    勝ち点が取れなかったのは残念ですが、少なくとも悪い流れができるような敗戦ではなかったし、むしろ次の試合にいい感覚で臨めるのではないでしょうか。
    最後に岡崎が決めるなりPK貰えるなりして引き分けに持ち込めれば最高だったけど、デンマーク×カメルーンの結果によって結果的には最終戦で引き分けでも突破の状況になったので、結果オーライでポジティブに考えたいです。

    mitsu3525さん2010/06/20 13:19に投稿

    10
    そう思う!
  • 結果はともかく、試合展開は日本の想定内の範囲で進んでいったと思います。ただひとつ、切り札として考えられていた中村俊輔選手の調子がベストとは程遠く、流れを変えられなかったのが計算外だった(のだろう…)。

    最後、長友選手の切り込みは紙一重で、一瞬、私も頭の中で「遠藤選手のコロコロで同点」のシナリオを描いてしまったが、それぐらい優勝候補のオランダをヒヤッとさせることができた「善戦」と言えるだろうと思う。

    taroxさん2010/06/20 13:34に投稿

    10
    そう思う!
  • 松井、大久保の両翼がよく頑張っていて、チャンスを作っていましたし、長友も前半はカイト、後半途中からは右SBに回ってエリアに仕事をさせなかった。また闘莉王は、コーナーキック、セットプレーのハイボールをことごとくはね返していました。他の選手を含めて11名一体となって一つの方向を向いてサッカーしているのが伝わってきました。日本が今できる範囲ではベストに近いと感じました。ただし、途中出場の俊輔には本当にがっかりしました。今までのうっぷんから爆発すると思っていたのですが、消極的な上に、一人だけ明らかに以前の日本のサッカーをやっていてチームとしての一体感を失わせいました。ですが、先発のメンバーは予想以上の出来で本当に頑張っていたので、デンマーク戦で決勝T進出を決めて欲しいです。

    fogo_ronaさん2010/06/20 17:16に投稿

    10
    そう思う!
  • スコアだけを見れば良かったとなるでしょう。オランダに引き分けるというのは口で言うほど簡単ではないので。しかし、NumberWEBのコラムにもあるように、引いて守って接戦というのは過去のW杯でもあった訳で、果たして日本が98年以来、世界と相対的に比べた時に進化しているのかと言われると、結果だけを見るとNOということになる。そもそも、今の日本の力を考えれば良かったという意見をしてる時点で、この4年間の強化が全く意味を成してなかったという残念な現実に向き合わされる。キチンと強化して、キチンとした監督がいれば、日本はもっとやれる。それを図らずも、行き当たりばったりで戦う今回の代表が証明してるのではないか・・・

    sho-5さん2010/06/20 17:34に投稿

    10
    そう思う!
  • 言わせろ!岡崎!
    私は思う「あれを転がすのがストライカー」ではなく、「あれを決めるのがストライカー」であると。
    ライナーだろうが転がそうがどっちでもいいから、次は決めてください。




    benさん2010/06/20 19:17に投稿

    10
    そう思う!
  • 戦力的上積みがないと評されていた日本代表が、オランダ相手に最少点差で終えた結果そのものを、まずは評価すべきだと思います。
    数多くの決定機を作られサンドバック状態になりかねないと恐れていましたが、決定機を作らせない守備がうまく機能し、逆にカメルーン戦よりも得点チャンスを多く作ることができた。途中出場の中村俊輔は、ボールを失ってピンチを招いたものの、キープ力の高さで周囲の動きを引き出しており、次戦へ向けて、攻撃のオプションとして一つ収穫を得られたと思います。
    最終盤には、これまでなかったパワープレーをついに実行し、なりふり構わず点を奪う意思をチームが見せられたのも好印象でした。
    敗因はカメルーン戦と逆に、再三シュートが枠に飛ばなかった。それだけ。

    t@_9maさん2010/06/20 14:11に投稿

    9
    そう思う!
  • 本気を出したであろう強豪国のオランダ相手に『0-1』のスコアは、正直予想していませんでした。
    その数日前に行われた、アルゼンチンvs.韓国のようにほぼ一方的な展開になり、チームのモチベーションも低下して、デンマーク戦に悪影響を与える負け方だけは避けてほしいと思ってました。
    グループリーグを三連勝で切り抜ける国のほうが少ないのだから、負けは負けでも悲観するような負けではないと思います。
    我が日本代表が、少しずつ”チーム”になっていっている良い流れを感じますので、次のデンマーク戦には引き分けでなく”勝ち”を狙っていってほしいです。

    赤い彗星さん2010/06/21 11:38に投稿

    9
    そう思う!
  • 一言で言えば、見ていておもしろかった。
    ワールドカップ本番、という補足はつくにしても、試合終了までTVの前に飽きずに座っていられたゲームだった。

    まず、失点のシーンは川島を責められないと思う。
    画面ではわからないボールの動きがあったと予想すべきでは。

    本田の評判がイマイチだが、彼本来の役割ではないポジションで奮闘していることを忘れてはいけない。
    カメルーン戦で顕著だったが、彼が1トップで、ボールを失わずにきちんとポストプレーができたから
    2列目、3列目が上がってこれたんだと思う。
    彼のフィジカルは世界レベル。

    次、期待したいのは森本を1トップにして、本田を今の松井、大久保のポジションに入れること。
    森本が本田と同等のボールキープをすることができれば、本田がサイドで本来の攻撃的なプレーができる、
    ・・・というのはどうだろうか?

    K8-WKSさん2010/06/21 12:56に投稿

    9
    そう思う!
  • テストマッチ最後の韓国戦の敗戦により、チームとしての共通の敵が明確になったのではないか。カメルーン戦はこの団結により勝ち取った実力であることを証明している。技術・戦術に関して、特にシステム(布陣)に関して、①4-3-2-1本田であったこと、②中村俊輔が入らなかったこと、③闘莉王と中澤の2枚(山)これが勝因だったと思う。オランダ戦をこのシステムとメンバーで臨んだこと自体、前回良かったから今回もという消極性より、自ずとチームとして湧き上がった自信がそうさせているように見えた。試合内容はオランダが明らかに焦るシーンが目立ち、完全な意標をつくことができなかったがその可能性が見えるシーンがいくつもあった。とてもよい試合で感動した!全く負けた気がしないし、日本がこれまで積み上げてきた結晶であり、次のデンマーク戦に繋がる内容だと確信した。やはりチームには代謝が重要であることを併せて強く感じた。

    Ryumaさん2010/06/20 15:39に投稿

    8
    そう思う!
  • 2失点までならOKと考えていたので、予想よりもよかったと言える。
    しかし、勝てないまでも引き分けられたのではないか?と悔やまれる試合だった。
    特に途中出場の中村俊輔によって、それまでの流れが停滞し、何度ターンオーバーからオランダに決定機を提供していたか。
    川島のビッグセーブに救われた。

    みっちーさん2010/06/20 19:40に投稿

    8
    そう思う!
  • 0-3もある。と予想していたので0-1は良かった。
    欲をいえば1点欲しかったが。。。期待を込めて1-1を予想したひとが多かったのでは?
    ただ、後半開始15分を耐えて欲しかった。一揆にオランダが圧力を掛けてくることは想定できたと思うし。
    あとは選手交代で、俊輔ではなく憲剛を入れて欲しかった。
    俊輔は決定的なパスを狙っているのだろうか、長くボールを保持してしまう悪いクセが。。。
    簡単にポンポンさばく憲剛を使って中盤の高目の位置でリズムを作って欲しかった。
    ともあれ、全体的には0-1で上出来。結果的にデンマーク戦引き分けで上に行けることになったのだから。

    おがさん2010/06/20 20:27に投稿

    8
    そう思う!
  • かなり厳しい結果になるものだろうと見ていました。ただ0-1で善戦と見るむきもありますが、あの試合展開、0-0から0-1の流れで見ると、引き分けに持ち込む力が、あと一歩が欲しかった。引き分けにたぐり寄せる展開に持ち込んでいたのにもったいない。結局は得点が取れない。俊輔批判が多いようですが。確かに悪かったです。ただ今後、決勝リーグへ行くようなことがあったら、また使われる機会は出て来るはずです。やはり個人の技術で世界と対等に戦えるのは俊輔だけ。悲しいことにその後が育っていません。失敗を糧にして、次のチャンスへの準備をして欲しい。それよりも先発にまず頑張ってもらうしかない。そういう意味では本来の位置ではない本田は厳しいものを感じました。体格に恵まれ強い方ですが、技術がない為に体で負けると本来の力が全く発揮できません。松井、大久保でチャンスを作れますが、ワントップ、FWをどうするのでしょうか?

    ころころさん2010/06/20 21:13に投稿

    8
    そう思う!
  • 勝利の可能性が限りなく低い予想していた中で、結果は予想以上によいシナリオになった。
    初戦で勝ち点3という望外の結果を得られた以上、E組最強のオランダから何が何でも勝ち点を取らないといけない状況ではなかった。よって、この試合では「負け方」が重要であり、一つの指標は直接対決で雌雄を決する可能性のあるデンマーク(0-2)とのスコアをタイか下回ることにあった。
    結果としてデンマークはカメルーンに1点差勝利となり、勝ち点3で並ばれたものの、直接対決は得失点差のアドバンテージでドローでもOK、という展開になった。
    ちなみに、これまた結果論になるが、たとえがんばって[オランダとドロー」であったとしても、最終戦での日本の勝ち抜き条件は事実上変わらず、逆にもう1点取られていればドローでは総得点差で敗退、という状況になっていた。よって、「オランダに勝つ」というシナリオ以外で、最もよい結果であったと言える。

    K.Nさん2010/06/20 19:03に投稿

    7
    そう思う!
  • このチームの現状では予想以上の出来でした。W杯本番でオランダ相手にどの程度しのげるか、がポイントだと思っていただけに。カメルーンに勝ったとは言え、相手のコンディションや初戦ということを考慮すると「大会で最たる番狂わせ」とまではいかないと思います。そのたかだか数日後のあわよくばオランダも…という期待は、さすがにW杯の歴史が許さなかったのかもしれないですね。カメルーン戦の勝利に〇(マル)。オランダ戦の最小失点に〇。しかし戦術は守備的。デンマークにはガッチガチに守ってのドローよりはガチで打ち合って欲しい。その結果がGL敗退になったとしても今後の日本の戦い方のメッセージになると思います。岡田監督よりも選手同士の意識に期待。あぁ。このW杯、初戦に勝利することでここまで夢を見ることができるとは♪

    NoBさん2010/06/20 19:10に投稿

    7
    そう思う!
  • 勝利という結果を除けば、最高の結果だった。

    デンマークが勝ったことにより、
    日本の予選突破確定条件はデンマークと引き分け以上と、
    オランダvsカメルーンの結果に左右されないというのが大きい。
    仮にオランダと引き分けていたら、3戦目はオランダの結果次第で
    負けても予選突破出来る可能性が残る。
    しかし、オランダがカメルーンに負ける可能性は低いと思う。
    となると、はなから負けという選択肢は無いほうが、
    3戦目の戦術が明確になり、より良い結果が期待出来る。

    後半の選手起用では、中村俊介が使えないというのが、
    ある程度はっきりしたのも大きな収穫と思う。
    中村が3戦目で初出場ということになるより、
    はるかに傷が浅くてすんだとも言える。

    現在の日本の実力を考えれば、この上ない結果だったと思う。



    ちゃれんぢゃ〜さん2010/06/20 19:52に投稿

    7
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ