SCORE CARDBACK NUMBER

栄光の時代も今や昔?
ミランの悲しき現状。
~スター不在、閑古鳥が鳴く客席~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/09/29 08:00

栄光の時代も今や昔?ミランの悲しき現状。~スター不在、閑古鳥が鳴く客席~<Number Web> photograph by AP/AFLO

5月のインザーギらの退団セレモニー。ファンに愛された多くの名選手がミランを去った。

 イタリアを代表するスタジアムと言われてきたのが、ミランとインテルがホームスタジアムとするミラノのサンシーロだ。

 かつては鮮やかな発煙筒のスモークが満員の客席を覆い、イタリア独特の雰囲気を醸し出していたが、近年はそんな熱気が消え去りつつある。

 今季特に目立つのが、ミラン戦の観客数の低迷だ。セリエA開幕からホームで連敗という最悪のスタートを切ったミラン。ホーム2連敗は80年以上も起こっていなかっただけにファンはショックを隠しきれないが、そんな成績よりも悲観されるのが伸びない年間パス購入者数だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ACミラン
マッシモ・アンブロジーニ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ