全英7勝で並んだフェデラーとサンプラス。もしも全盛期に戦ったら?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  ロジャー・フェデラーは、アンディ・マレーとの死闘を制し、ピート・サンプラスに並ぶウィンブルドン7勝を達成。世界ランク1位在位記録も通算286週として、同じくサンプラスの記録に並びました。
  両雄が公式戦で対戦したのは、2001年のウィンブルドン(4回戦)の1度だけ。このときは、19歳のフェデラーが勝利を収めていますが、29歳のサンプラスはすでにキャリアの晩年に差し掛かっていました。

 では、“ファンタジー”であることを承知で伺いますが……もし2人がお互いの全盛期にウィンブルドンで戦ったとしたら、どちらが勝つと思いますか? みなさんの見解を聞かせてください。

●フェデラーが勝つ
●サンプラスが勝つ

1-10件を表示 / 全20

すべて| フェデラーが勝つ| サンプラスが勝つ|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 願望と個人的な好みを含めて、「フェデラーが勝つ」を選びます。

    サンプラスが活躍していた時代は、彼を含めて「ビッグサーバー時代」がまだ続いていましたが、私はこの時代のテニスを「すごいけど、何かあっけなくてつまらない」と思っていました。サンプラスはストローカーとしても安定していましたが、主武器は強力なサーブとネットプレーであり、私的には「あまり面白くないテニス組」でした(これに対抗するアンドレ・アガシのプレースタイルの方が好きでしたね)。

    そこに現れたフェデラーは、私の待望久しかった「スリリングなストローク戦」を得意とするオールラウンド・プレーヤーでした。鋭いストローク、少しでも甘い返球があると叩いてネットプレーで仕留める。彼のこういう、スピード感がありスリリングなプレースタイルが私は大好きです(ナダルとの決戦は、この「スリリングなストローク戦」の最高峰ですね)。

    デュークNaveさん2012/07/11 21:00に投稿

    18
    そう思う!
  • サンプラスが勝つのではないでしょうか。
    サンプラスはオールラウンダーと言われますが、サーブもトップスピン、スライス、フラットとコースも球質も様々な引き出しがありセカンドサーブでもエースを取れるほどでした。それにボレーにおいても芸術的なドロップボレーや、角度をつけたボレーなど多彩でした。さらにストロークでも、グランドストローカーのアガシともストローク合戦で打ち勝つほどのプレーぶりでした。
    このように、一般的なオールラウンダーのように全てにおいて平均的なものではなくどれもスペシャリストに劣らない力を持ってました。
    一方、フェデラーも素晴らしいプレイヤーですがバックハンドの威力が劣るなどフォアのストロークに頼る部分が多いと思います。ただ、安定したプレーぶりからも分かるように精神面(メンタル)では一枚上ではないでしょうか。
    サンプラスではないかと思いますが、クレーコートだけではしないで下さい。

    taketake38さん2012/07/11 23:19に投稿

    18
    そう思う!
  • フェデラーの優位は疑いようがありません。
    サンプラスの最大の強みはサービスすが、カルロヴィッチのサーブですらベースラインから下がらずにリターンエースを奪えるフェデラーなら、十分にブレイクのチャンスがあります。
    それでいて、自分のサービスから始まるストローク戦では明らかにフェデラーに分がありますし、ナダルやジョコヴィッチのようにウィンブルドンでさえ優勝できるほど強力なストローカーが現れたことと、何よりフェデラー自身のストロークが格段に向上したことでサーブアンドボレーを見せることは稀になりましたが、ブライアン兄弟と互角に渡り合うほどのボレーが、主にビッグサーブで崩した後に押し込んでいただけのサンプラスのボレーに劣るとも思えません。

    お互いのキープとブレイクの確率を比較すれば、フェデラーが勝つ可能性の方が遥かに高いとかと思います。

    rogerさん2012/07/12 01:49に投稿

    15
    そう思う!
  • 時代時代によって王者の条件は変わると思いますが、やっぱりフェデラー有利ではないでしょうか。
    一番の理由は「ボールの反発力」の減少です。確かにサンプラスの時は「ビッグサーブ」の時代で「いかにいいサーブを打てるか」が重要になっていました。しかし、現在ではそれも改善され、ラリーが続くようになったりして、今の「時代」ではフェデラー有利ではないでしょうか。

    逆にサンプラスの時代に行けば「サンプラス」でしょうね。

    ん?そうなるとマッケンローの時代にはマッケンローがフェデラーを破っている?それはイメージ湧かないなぁ。

    帝王00さん2012/07/12 18:25に投稿

    13
    そう思う!
  • まず、この表題に感激(「いいね!」)ですね。ウインブルドン決勝が終わった瞬間このことを考えました。恐らく、サンプラスも応援していてフェデラーも応援していた方はそう思ったのではないでしょうか。
    両プレーヤーともに紳士的に勝利するキャラクター及び芝生での絶対的なプレースタイルから私は大好きです。
    しかし、どりらが勝つかと問われたら「サンプラス」と答えます。一番の理由は、ネットプレーも出来る点でしょう。もし、各種評価項目があって10点満点でPointを付けたとしても総合点でもサンプラス優位の結果になるのでは。唯一、フェデラーがPointで勝てるのは、優勝するまでのトーナメントマネジメントから試合でのセットマネジメントそしてゲームマネジメントだと考えます。そこだけはフェデラーのストロングポイントです。

    しぶちゃんさん2012/07/11 23:54に投稿

    11
    そう思う!
  • まずサンプラスのサーブをフェデラーがブレークできるか、ということで言えば、当然結構難しいでしょう。ただ、フェデラーのリターン力は相当なものですし、ひとたびボレーをさせれば、フォアからでもバックからでもコース自在のパッシングが打てます。サンプラス全盛の時に、バックのショートクロスのパスをコンスタントに決めるような選手はいませんでした。
    フェデラーのサーブをサンプラスがブレークできるか、と言えばこちらの方が難しいように思います。サンプラスはサーブアンドボレーに来た相手に対して強烈なリターンを打つ技術はありましたが、フェデラーがベースラインの組み立てから攻め、さらには何本かサーブで押し込む、となるとブレークはかなり難しいでしょう。
    ベースラインでのラリーに関しては、間違いなく史上最強のストローク力のナダル等ともそれなりに渡り合えるフェデラーが有利で、総合力で上回るフェデラーが勝つと思います。

    Rog17さん2012/07/14 19:43に投稿

    9
    そう思う!
  • 昔からのテニスファンとしては「サンプラスが勝つ!」と言いたいところですが、リターン,ストロークは全盛期のサンプラスでも現在のフェデラーには及ばないと思います。サービスはもちろんサンプラスが勝ると思いますが、1STサーブは100%の確率で入る訳はありません。歴代テニスプレーヤーの中でも最高クラスのセカンドサーブを持つサンプラスですが、セカンドではリターンのバリエーションが豊富なフェデラーを攻略することはほぼ不可能かと・・。逆にフェデラーのセカンドでサンプラスがアタックをかけたとしても、これまた攻略することはほぼ不可能・・。ストローク戦でフェデラーが優位に立ち、無理矢理ネットに勝負をかけてもパッシングが待っている。
    素人が色々と書きましたが、レジェンドのアガシさんが「サンプラスには攻略の方法があったが、フェデラーにはそれが無い。」と仰っていたのが全てだと思います。

    turbo_Sさん2012/07/18 22:57に投稿

    9
    そう思う!
  • 試合そのものとしてツマラナイ感が強かったとはいえ、あの超弩級ビッグサーブは「まず拾わなきゃ話が始まらない」レベルだったので、引き出しの多いフェデラーといえど難しかったのではないかと…それもまあファーストの成功率次第でしょうけどね。

    コオニさん2012/07/11 22:57に投稿

    8
    そう思う!
  • 試合の面白さは別として、単純に勝負であればサンプラス
    見てて楽しいと思えるのは、多分フェデラーかな

    いわゆる、サンプラスはパワー全盛期の時代の象徴
    もちろん、他の技術が優れていることは認めるが、
    基本的にサーブでほぼ決まっていた。
    グイグイ押されれば、大抵の選手はお手上げだった。

    もし、2人が対戦すれば、一方的な試合になるとは
    思えないが、最終的にエースの差でサンプラスが
    勝利する気がする

    kmcstartさん2012/07/13 00:11に投稿

    8
    そう思う!
  • このビッグ4が揃った時代に達成されたのですから、フェデラーの記録は偉大です。サンプラスがナダルやジョコビッチを蹴散らして、同じように最多優勝記録を作れたかは疑問。

    ただ直接対決ということなら、サンプラスがサーブをガッチリキープして主導権は渡さない気がします。あと今や絶滅危惧種(すでに絶滅?)となってしまった、サーブ&ボレーヤーの最高傑作であるサンプラスに勝って欲しいという希望も込みです。舞台は当然ウィンブルドンですよね?

    せっかくなら同じラケット(プロスタッフ・セントビンセントか?)で対決して欲しいですね!

    もっとごーさん2012/07/14 21:31に投稿

    8
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ