SCORE CARDBACK NUMBER

新種目のフィギュア団体、
選手層の薄いペアに難題。
~ソチ五輪での勝算は?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2012/02/08 06:00

新種目のフィギュア団体、選手層の薄いペアに難題。~ソチ五輪での勝算は?~<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

日本唯一のペアで、今季GPファイナル初進出の高橋・トラン組の動向が団体戦を左右する

 国際スケート連盟は、2014年のソチ五輪で採用されるフィギュアスケート団体戦の概要を公表した。

 それによると、チームはシングル男女各1名、ペアとアイスダンス各1組で編成される。オリンピックに参加できるのは10カ国。'13年の世界選手権や'13-'14年シーズンのグランプリシリーズ(GP)など、それぞれのシーズンの各種目でもっともよい成績を残した選手(組)の合計ポイントで出場権が決定する。

 オリンピックでは、まずショートプログラム(アイスダンスはショートダンス)を実施。1位に10ポイント、2位9ポイント……10位に1ポイントを与え、総合ポイント上位5カ国がフリー(フリーダンス)に進む。フリーでも順位に応じてポイントを与え、ショートとの総合ポイントで最終順位が決まることになる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高橋成美
マーヴィン・トラン
キャシー・リード
クリス・リード
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ