SCORE CARDBACK NUMBER

巨人・松本哲也の辞書に
「慢心」の二文字は無い。
~'09年の新人王は向上心の塊~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2010/01/15 06:00

巨人・松本哲也の辞書に「慢心」の二文字は無い。~'09年の新人王は向上心の塊~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

積極果敢な守備が評価され、育成枠出身選手としては初となるゴールデングラブ賞も受賞

 '09年、セ・リーグ新人王を獲得した松本哲也は、父親の全司さんから、常々言われる言葉があると言う。「体の小さな選手が結果を残すには、明るさ、体のキレが必要だ」。自身も小柄ながらラグビー日本代表候補になった選手だけに、その言葉には説得力がある。

 父の教え通り、昨シーズンは持ち前の俊足とシュアなバッティングを披露。2番打者として、27犠打を記録し、巨人の7年ぶりの日本一に大きく貢献したのである。いつも全力でプレーする姿に、小気味の良さを感じたものだ。

 イースタンでの活躍が認められ抜擢されたのは昨季序盤のこと。WBC代表監督を務めていた原辰徳が、代行で指揮を執った伊原春樹ヘッドコーチに「使ってみてくれ」と勧めたと聞く。快足を生かした守備と進塁打を狙うバッティングが、伊原好みだったことも幸いしたのかもしれない。オープン戦での出場機会も次第に増え、原がチームに戻った時には、定位置をしっかりと掴んでいたのである。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

松本哲也
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ