Number Sports Business College 4月開講!!

2020の先を見据えた、スポーツの未来を考える

Number Sports Business College 4月開講!!

2020の先を見据えた、スポーツの未来を考える

年間24億円の赤字を抱えた横浜DeNAベイスターズを、5年で黒字化させた前球団社長・池田純が発起人として開講。各競技団体やスポーツビジネスの世界で活躍している方をゲストに招き、現状や課題を学びます。

一方的な座学ではなく、双方向のコミュニケーションに重きを置き、参加者のみならずゲストを交えたディスカッションを行います。

本当に本気の人だけを集めるため、参加者は厳選し実施、双方向性のあるコミュニケーションをしていきます。

Number Sports Business Collegeの目的

「2020の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく。

Number Sports Business Collegeの在り方

各競技団体やスポーツ産業従事者をゲストに招き、現状や課題を学ぶ。ただ座学として終わるのではなく、その課題に対してのディスカッションや、実地体験を通して、スポーツにおけるビジネス視点を取り入れ、収益性の向上、スポーツ経営人材が輩出されるコミュニティとなること。

カリキュラム概要

池田氏がNumber Sports Business Collegeの学長として、スポーツビジネスで活躍している方やスポーツの諸問題に関連している方を招き、対談を行う。対談後、参加者を含めて双方向のディスカッションを行う。

開催頻度は月2回、1回の開催時間は1時間30分を予定。1回あたりの参加者は30名ほど。地方在住者等向けに、ライブストリーミング配信も予定。

スケジュール

第11回 2017年9月14日(木)

ジム・スモール氏

講師:ジム・スモール(MLB JAPAN ヴァイスプレジデント アジアパシフィック)

1961年 アメリカ マサチューセッツ州ボストン生まれ。カンザス大学 ジャーナリズム学部卒業。2003年MLB JAPANオフィス開設のため来日し、アジア・太平洋地域におけるMLBのビジネスを統轄し、イベント運営、草の根活動、スポンサーやブロードキャスティングの契約に携わる。2006年に始まったベースボールの国際大会、ワールド・ベースボール・クラシックを立ち上げた一人である。

第12回 2017年9月28日(木)

早野忠昭氏

講師:早野忠昭(一般財団法人東京マラソン財団 事業担当局長、レースディレクター)

1958年長崎県生まれ。高校3年生の時に800mで全国高校総体優勝。筑波大学体育専門学群を卒業後、高校教諭を経て渡米、米コロラド大学院に在籍。アシックスボウルダーマネージャーとして勤務。帰国後、ニシ・スポーツ常務取締役に就任。2007年から東京マラソン事務局広報部部長、2010年東京マラソン財団事務局長に就任。2012年より東京マラソン財団事業担当局長・レースディレクター、スポーツレガシー事業運営委員長として活躍中。国際陸上競技連盟ロードランニングコミッション委員。

第13回 2017年10月12日(木)

隈研吾氏

講師:隈研吾(建築家・東京大学教授)

1954年生まれ。隈研吾建築都市設計事務所主宰、「東京オリンピック新国立競技場」、パリ「サン・ドニ駅」「ヴィクトリア&アルバート ミュージアム ダンディー」など、国内外で大規模プロジェクトが進行中。おもな近作にローザンヌ「スイス連邦工科大学」「中国美術学院杭州民芸博物館」「ダリウス・ミヨー音楽院」「FRACマルセイユ」「ブザンソン芸術文化センター」「富山市立ガラス美術館・図書館」「豊島区庁舎」「九州芸文館」「歌舞伎座(第五期)」など。『自然な建築』『小さな建築』(以上、岩波書店)、『建築家、走る』(新潮社)など著書多数。全米建築家協会ベネディクタス賞、日本建築学会賞、村野賞、仏エネルギー・パフォーマンス建築賞など国内外の受賞多数。

第14回 2017年10月26日(木)

講師:松下直樹(株式会社アシックス グローバルスポーツマーケティング統括部長 兼アシックスジャパン株式会社取締役)

第15回 2017年11月9日(木)

太田雄貴氏

講師:太田雄貴(公益社団法人 日本フェンシング協会 会長、国際フェンシング連盟 理事)

1985年生まれ。小学校3年生からフェンシングを始め、小・中学と共に全国大会を連覇。高校時代には史上初のインターハイ3連覇を達成。高校2年生で全日本選手権優勝。2008年北京オリンピックにて個人銀メダル獲得。2012年ロンドンオリンピックにて団体銀メダル獲得。2015年フェンシング世界選手権では日本史上初となる個人優勝を果たすなど、数多くの世界大会で優秀な成績を残す。2016年には日本人で初めてとなる国際フェンシング連盟 理事に就任。同年に現役引退。2017年8月、日本フェンシング協会会長に就任。2020年の東京オリンピックに向けて、日本の顔として日本フェンシング界を牽引していく。

 

第10回 2017年8月30日(水)

終了しました
岩渕健輔氏

講師:岩渕健輔(日本ラグビー協会理事、ラグビー日本代表男女7人制総監督)

1975年12月30日、東京都生まれ。小学生の時にラグビーをはじめ、青山学院大在学中に日本代表初選出。卒業後の1998年に神戸製鋼入社後にケンブリッジ大学に入学し、2000年にイングランドプレミアシップのサラセンズ入団。その後サニックスやフランスのコロミエ、7人制日本代表の選手兼コーチなどを経て、2009年に日本協会入り。2012年より日本代表のゼネラルマネージャーを務める。現役時代のポジションはスタンドオフ。

第10回のレポート記事はこちらから

第9回 2017年8月9日(水)

終了しました
上野裕一氏

講師:上野裕一(一般社団法人 ジャパンエスアール会長)

1961年山梨県生まれ。日本体育大学卒業、同大学院修了。オタゴ大客員研究員を経て、流通経済大教授、同大学スポーツ健康科学部学部長、アジアラグビー協会理事、RWC2019組織委員会理事などを歴任。現在は流通経済大学 学長補佐、一般社団法人ジャパンエスアール 会長を務める。

第9回のレポート記事はこちらから

第8回 2017年7月27日(木)

終了しました
斎藤精一氏

講師:斎藤精一(株式会社ライゾマティクス代表取締役)

1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。2006年にライゾマティクスを設立。2009年-2014年国内外の広告賞にて多数受賞。六本木アートナイト2015メディアアートディレクター、グッドデザイン賞2015審査員。

第8回のレポート記事はこちらから

第7回 2017年7月13日(木)

終了しました
井上康生氏

講師:井上康生(柔道全日本男子監督)

1978年宮崎県生まれ。5歳から柔道を始め、2000年シドニー五輪柔道男子100kg級金メダリスト。'08年に現役を引退、'12年より現職に就任。昨年、監督として臨んだリオ五輪で男子は金メダル2個を含む7階級全てでメダルを獲得、低迷していた男子柔道を復活に導く。

第7回のレポート記事はこちらから

第6回 2017年6月29日(木)

終了しました
田嶋幸三氏

講師:田嶋幸三(日本サッカー協会会長)

1957年熊本県生まれ。1976年、浦和南高校主将として高校サッカー選手権優勝。筑波大学時代に日本代表に選出されFWとして活躍。'98年にJFA技術委員長に就き、日本代表の強化に取り組む。専務理事、副会長を経て2016年3月より現職。FIFA理事も務める。

第6回のレポート記事はこちらから

第5回 2017年6月16日(金)

終了しました
中西大介氏

講師:中西大介(Jリーグ常務理事、Bリーグ理事)

1965年東京都生まれ、'97年Jリーグ入社。主にリーグのスポンサー営業やテレビ中継の権利販売等を担当。その後、競技・事業統括本部長、理事などを経て、'14年、常務理事に就任。また、'15年からはBリーグ理事、'16年からは一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル(SHC)の代表理事も務める。

第4回 2017年6月1日(木) ※5月分扱い

終了しました
島田慎二氏

講師:島田慎二(Bリーグ・千葉ジェッツ クラブ代表)

1970年新潟県生まれ。日本大学卒業後、現・(株)エイチ・アイ・エスを経て、2001年(株)ハルインターナショナルを設立。'10年にM&Aで東証一部企業に売却。2012年より千葉ジェッツを運営する株式会社ASPE代表取締役に就任。現在Bリーグ理事も兼任。

第4回のレポート記事はこちらから

第3回 2017年5月18日(木)

終了しました
大河正明氏

講師:大河正明(Bリーグ・チェアマン)

1958年京都市生まれ。京都大学を卒業後、三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。2年間Jリーグへ出向し、2010年銀行を退行。そのままJリーグへ入社。'12年Jリーグ理事に就任。'15年5月、当時JBA会長を務めていた川淵三郎氏に請われ、JBA専務理事・事務総長に就任。同年9月、川淵氏の後を継ぎチェアマン(現職)に就任。

第3回のレポート記事はこちらから

第2回 2017年4月27日(木)

終了しました
為末大氏

講師:為末大(世界陸上400mH銅メダリスト)

1978年広島県生まれ。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において400mハードルで銅メダルを獲得。シドニー・アテネ・北京と3大会連続で五輪出場を果たす。'12年に現役を引退。現在は指導者や企業コンサルタントとして活躍中。

第2回のレポート記事はこちらから

第1回 2017年4月12日(水)

終了しました
鈴木大地氏

講師:鈴木大地(スポーツ庁長官)

1967年千葉県生まれ。バサロ泳法を武器に、1986年アジア競技大会にて100m背泳ぎ、400mメドレーリレーで金メダルを獲得。'88年ソウル五輪100m背泳ぎ金メダリスト。'15年、現職ならびに日本オリンピック委員会理事、日本水泳連盟会長に就任。

第1回のレポート記事はこちらから

時間:19:00受付開始、19:15開講、20:45終了予定(全日とも)

場所:文藝春秋社 ラウンジB1(東京都千代田区紀尾井町3-23)

今後もスポーツ業界を牽引する講師陣の方々が登壇されます。

池田純

池田純

1976年生まれ。早稲田大を卒業後、住友商事、博報堂を経て2007年にDeNA入社。'11年12月、横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任。5年間で観客動員数を165%に伸ばし、売上高をDeNA参入時の2倍にまで増加させ24億円の赤字を黒字に導く。'16年10月に社長を退任し、現在はJリーグ特任理事など10もの肩書きを持つ実業家として活躍中。

受講プランのご案内

会場参加コース
先着30名様

3カ月 ¥162,000円(税込)

※3カ月6回受講、会場参加となります。

※参加が難しい際は、オンラインでアーカイブ動画視聴が可能です。

※3カ月単位でのご契約となります。ご請求に関しては、1カ月毎となります。

オンライン参加コース
先着100名様

3カ月 ¥32,400円(税込)

※3カ月6回受講で、オンラインのみの参加となります。

※3カ月単位でのご契約となります。ご請求に関しては、1カ月毎となります。

問合せ先

Number Sports Business College 事務局(株式会社サニーサイドアップ内)

numbersportsbusinesscollege@gmail.com

ご不明点等ございましたら、上記アドレスまでお問い合わせください。

ページトップ