Jリーグ 

独善的な男が大木監督のもとで変身。J2岐阜・田中パウロの決定力改革。

JリーグPRESS

独善的な男が大木監督のもとで変身。
J2岐阜・田中パウロの決定力改革。

プロ6年間のキャリアで、J3を含めて通算7ゴールだった選手が、今シーズン早くも5ゴールをあげて、J2得点ランキングの2位に喰い込… 続きを読む

渡辺功Isao Watanabe

2018/04/12

日本に恋して、広島から湘南へ。ミキッチと家族の愉快な10年記。

JリーグPRESS

日本に恋して、広島から湘南へ。
ミキッチと家族の愉快な10年記。

異国の街に恋をする。旅や仕事で訪れた場所でそんな経験をすることは、誰にでもあるかもしれない。例えば、小説家の檀一雄はポル… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/04/11

中村憲剛のスタイルはまだ増える。モチベは「ほんと尽きないです」

サムライブルーの原材料

中村憲剛のスタイルはまだ増える。
モチベは「ほんと尽きないです」

そんな引き出しも持ってたの? 中村憲剛と新しい発見はセットだ。 開幕のアウェー、ジュビロ磐田戦から驚かせてくれた。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/04/11

三竿健斗「簡単には解決しない」。鹿島が悩む昨季終盤からの停滞感。

話が終わったらボールを蹴ろう

三竿健斗「簡単には解決しない」。
鹿島が悩む昨季終盤からの停滞感。

地を這い、糸を引くような美しいパスだった。J1第6節の湘南ベルマーレvs.鹿島アントラーズ、前半7分でのことだ。オウンゴールで… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/04/10

平川忠亮、浦和の最年長出場更新。親友の怒りと大槻暫定監督の指令。

JリーグPRESS

平川忠亮、浦和の最年長出場更新。
親友の怒りと大槻暫定監督の指令。

「俺がこんな歳になるまで現役でプレーするなんて、誰も思っていなかっただろうね」“黄金世代”と称された1979年生まれの選手た… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/04/10

湘南のRIZAP傘下入りは吉か凶か。市民クラブ文化と資本力の融合。

JリーグPRESS

湘南のRIZAP傘下入りは吉か凶か。
市民クラブ文化と資本力の融合。

ひょっとしたら彼らは、重い十字架を背負いながら戦っていたのかもしれない。責任企業を持たない市民クラブの立場を築いてきたJ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/04/09

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。高校生が「プロ意識」を掴むまで。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。
高校生が「プロ意識」を掴むまで。

J1第5節・柏レイソルvs.ヴィッセル神戸の一戦で、神戸の高卒ルーキー・MF郷家友太がスタメンフル出場を果たした。183cmと大型だ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/08

“政一語”浸透の新潟が岡山に挑む。突然の3バック変更の真意とは?

JリーグPRESS

“政一語”浸透の新潟が岡山に挑む。
突然の3バック変更の真意とは?

昨シーズンから新潟に加入し、ここでも札幌U-15時代にコーチから付けられた「ゴメス」の愛称で、チームメート、スタッフ、ファン… 続きを読む

大中祐二Yuji Onaka

2018/04/07

5節までの戦績が降格した年と一致。勝てないガンバの「ふんわり」問題。

話が終わったらボールを蹴ろう

5節までの戦績が降格した年と一致。
勝てないガンバの「ふんわり」問題。

「試合にふんわり入ってしまっている。柏戦もそうだったんで、そこは今回、修正しようと話をしていたんですけど……」三浦弦太は… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/04/06

ペトロヴィッチの幻影に惑う浦和。立ち返り共感し合える原点はあるか。

JリーグPRESS

ペトロヴィッチの幻影に惑う浦和。
立ち返り共感し合える原点はあるか。

浦和レッズが4月2日に堀孝史監督との契約を解除し、育成ダイレクターの大槻毅氏の暫定監督就任を発表した。昨季はアジア・チャン… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/04/05

キックオフ直前にGL敗退が決定……。川崎はACLから何かを持ち帰れたか。

JリーグPRESS

キックオフ直前にGL敗退が決定……。
川崎はACLから何かを持ち帰れたか。

「オンリー2ポイント?」記者席の近くに座っていた上海上港のサポーターは、川崎フロンターレが今季のACLで手にした勝ち点を聞き… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/04/05

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける土肥洋一からのロシアW杯への金言。

JリーグPRESS

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける
土肥洋一からのロシアW杯への金言。

ときに指針となる言葉に出会うことがある。鹿島アントラーズの三竿健斗にとっての“それ”は、高校3年の夏。ブラジル・ワールド… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

2018/04/05

鹿島の「前半病」に解決策はあるか。ACLグループ突破だが、課題も明白。

JリーグPRESS

鹿島の「前半病」に解決策はあるか。
ACLグループ突破だが、課題も明白。

今季のACLは初戦を引き分けたもののその後2連勝し、好スタートを切った鹿島。しかし3月13日、あと1勝すればグループリーグ突破が… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/04/04

J1中継に“動くスタメン紹介”登場。俊輔は一番乗り、優磨は部屋で練習!?

JリーグPRESS

J1中継に“動くスタメン紹介”登場。
俊輔は一番乗り、優磨は部屋で練習!?

ちょっと変わると、ちょっと嬉しいことがある。居酒屋のお通しが、おいしくなった。コンビニ店員の挨拶が、元気になった。トイレ… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2018/04/03

Jリーグの平日開催は必然なのだ。反発覚悟で導入するしかない事情。

JリーグPRESS

Jリーグの平日開催は必然なのだ。
反発覚悟で導入するしかない事情。

Jリーグ戦の金曜日開催の是非が話題に挙がっている。昨シーズンから全試合を放映するDAZNの意向もあり、今季からは試合開催日や… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/04/02

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

サムライブルーの原材料

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。
ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

誰かが言った。筆者も思った。今季から横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルーが設定する「ハイライン」に、中澤佑二… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/30

ガンバで一番シュートが上手い17歳。クルピ監督が惚れる中村敬斗の才能。

JリーグPRESS

ガンバで一番シュートが上手い17歳。
クルピ監督が惚れる中村敬斗の才能。

“飛び級”でプロ契約をかわした17歳は、ストライカーとしての「所信表明」を埼玉スタジアムのピッチ上で体現してみせた。 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

2018/03/30

FWティーラシンに「いいね」殺到!広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。

JリーグPRESS

FWティーラシンに「いいね」殺到!
広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。

今季のJ1リーグ序盤戦のトピックスの1つといえば、タイ人選手の活躍だろう。サンフレッチェ広島に新加入したFWティーラシンが、… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/03/29

「難しいJ2」で大宮ようやく2勝目。三門雄大の言う犠牲心は備わるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

「難しいJ2」で大宮ようやく2勝目。
三門雄大の言う犠牲心は備わるか。

試合終了の笛が鳴ると、ゴール裏のサポーターからは歓喜の声というよりもホッとしたという空気があふれ出ていた。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/03/29

ベガルタ一筋、J1通算200試合目前。菅井直樹とスケート加藤条治の絆。

JリーグPRESS

ベガルタ一筋、J1通算200試合目前。
菅井直樹とスケート加藤条治の絆。

沖縄、宮崎での35日間のキャンプを終えた翌日だった。2018年2月19日の夜、ベガルタ仙台一筋16年目の菅井直樹は仙台の自宅で1人、… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2018/03/28

ページトップ