陸上 

ケンブリッジ飛鳥、プロ化の背景は。五輪メダリストが揃う超大手と契約。

オリンピックPRESS

ケンブリッジ飛鳥、プロ化の背景は。
五輪メダリストが揃う超大手と契約。

リオ五輪の陸上400mリレーで銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥が、14日に所属先のドームを退社し、プロになることを発表した。 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2016/12/17

なぜ日本マラソン界はダメになった?「福岡国際マラソン」からの再出発。

オリンピックPRESS

なぜ日本マラソン界はダメになった?
「福岡国際マラソン」からの再出発。

今年はリオデジャネイロ五輪イヤーだったにもかかわらず、日本男子マラソンのランキング1位は、川内優輝が7月のゴールドコースト… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

2016/12/02

サニブラウンが行くフロリダ大って?スポーツの超名門かつ、文武両道。

オリンピックPRESS

サニブラウンが行くフロリダ大って?
スポーツの超名門かつ、文武両道。

「さらなる高みを目指して頑張っていきます」17歳のサニブラウン・アブデルハキーム(城西高)が来年秋から米国のフロリダ大学に… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2016/11/12

東海大学の「黄金世代」がまた1人。1年生で全日本区間賞、館沢亨次。

箱根駅伝PRESS

東海大学の「黄金世代」がまた1人。
1年生で全日本区間賞、館沢亨次。

11月6日に行われた全日本大学駅伝は、優勝候補の大本命・青山学院大学が初優勝。10月の出雲駅伝に続いて二冠を達成し、来年の箱… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/11/11

青学に“詰めろ”をかけた早稲田。全日本の健闘は箱根への伏線か。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学に“詰めろ”をかけた早稲田。
全日本の健闘は箱根への伏線か。

早稲田大学のアンカー、安井雄一が2位でゴールに飛び込む。安井を出迎えた相楽豊監督の目は潤んでいた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/11/07

高橋尚子がNumberDo編集長就任!「あなたはもっと速く走れる」

Number Do Ex

高橋尚子がNumberDo編集長就任!
「あなたはもっと速く走れる」

シドニー五輪で日本女子マラソン初の金メダリストとなった高橋尚子さんが、「Number Do 秋のランニング特集」(あなたはもっと… 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

2016/10/20

箱根が途切れ、1年生主将が矢面に。中央大学の報告会は酷な時間だった。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根が途切れ、1年生主将が矢面に。
中央大学の報告会は酷な時間だった。

不幸は蜜の味がする――。箱根駅伝の予選会、レースが終わって発表を待つ間、中央大学の集合場所にはマスコミがわんさか押しかけ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/10/19

青学・一色恭志はなぜ涙したのか。出雲駅伝で見せた最高学年の絆。

今日も世界は走っている

青学・一色恭志はなぜ涙したのか。
出雲駅伝で見せた最高学年の絆。

あのイケメンでクールな一色恭志(青山学院大)が優勝インタビューで嗚咽した!放送が終了した後、中継現場の話題は、レース展開… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2016/10/18

今季の箱根は青学の独壇場なのか。出雲駅伝で感じた「新3強時代」。

スポーツ・インテリジェンス原論

今季の箱根は青学の独壇場なのか。
出雲駅伝で感じた「新3強時代」。

2016年、大学駅伝界は「パラダイム・シフト」が進行中だ。青山学院大が2連覇を達成した出雲駅伝、「青学時代」を強く印象づけた… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/10/11

パラ五輪マラソン銀を呼び込んだ縁。道下美里と支援者たちの幸せな関係。

パラリンピックへの道

パラ五輪マラソン銀を呼び込んだ縁。
道下美里と支援者たちの幸せな関係。

9月25日、日曜日。福岡市内の中心部からほど近い大濠公園では、驚くほどたくさんのランナーがランニングを楽しんでいた。その中… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/10/10

ボルトの“一瞬の睨み”に「やべっ」。ケンブリッジ、12年越しの夢とその先。

リオ五輪PRESS

ボルトの“一瞬の睨み”に「やべっ」。
ケンブリッジ、12年越しの夢とその先。

「きた、きた、キターーーーって思いました」ボルトと並走した時のことをケンブリッジ飛鳥(ドーム)は目をキラキラさせながら、… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2016/08/30

何度も、何度も観客に感謝のお辞儀。ボルトが告げたトラックへの別れ。

リオ五輪PRESS

何度も、何度も観客に感謝のお辞儀。
ボルトが告げたトラックへの別れ。

手を広げながらフィニッシュラインを駆け抜けたボルトの顔は、悔しさと苦痛で歪んでいた。19秒78。 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2016/08/19

「パーフェクトではない。でも幸せ」ボルトは200mも王者であり続けた。

リオ五輪PRESS

「パーフェクトではない。でも幸せ」
ボルトは200mも王者であり続けた。

ゴールしたあと、ゆっくりと歩くその姿に、大きな歓声が注がれた。100mに続き200mで優勝したウサイン・ボルトは、この日も圧倒的… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/08/19

日本人初の9秒台、決勝進出かなわず。100m走“最強の3人”に欠けたもの。

リオ五輪PRESS

日本人初の9秒台、決勝進出かなわず。
100m走“最強の3人”に欠けたもの。

「人は4年間で変われると思う。東京までに変わりたい」桐生祥秀(東洋大)は絞り出すようにこう話した。 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2016/08/18

山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。

リオ五輪PRESS

山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。
4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。

リオ五輪で日本選手団はメダルラッシュが続いているが、期待の高かった男子200mで3選手全員が予選落ちに終わるなど、陸上競技で… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/08/18

8年ぶりの五輪で棒高跳び7位入賞。澤野大地35歳、今も貫く不屈の心。

リオ五輪PRESS

8年ぶりの五輪で棒高跳び7位入賞。
澤野大地35歳、今も貫く不屈の心。

喜びと悔しさを露わにした競技のあとは、どこまでも穏やかな表情だった。8月15日に陸上・棒高跳びの決勝が行われ、澤野大地が5m5… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/08/16

日本競歩、初入賞は悔しさと共に。松永大介が4年後のメダルを宣言。

リオ五輪PRESS

日本競歩、初入賞は悔しさと共に。
松永大介が4年後のメダルを宣言。

日本人トリオが今季世界ランク1位から3位までを独占して期待を集めていた陸上男子20km競歩。 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2016/08/13

山縣、桐生、ケンブリッジ以外も精鋭。4×100mリレー、日本新と表彰台を。

オリンピックへの道

山縣、桐生、ケンブリッジ以外も精鋭。
4×100mリレー、日本新と表彰台を。

「最高のメンバーがそろいました」6月の日本選手権が終わった翌日、陸上100mのリオデジャネイロ日本代表、桐生祥秀は言った。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/07/30

リオ五輪陸上代表、10人の1991年組。2020TOKYOは、この8月に始まるのだ。

今日も世界は走っている

リオ五輪陸上代表、10人の1991年組。
2020TOKYOは、この8月に始まるのだ。

7月13日、新たに3名が加わり、陸上競技のリオデジャネイロオリンピック日本代表47名が決まった。 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2016/07/24

パラ走り幅跳び“世界最強”山本篤。日本初メダリスト、探究心で頂点を。

パラリンピックへの道

パラ走り幅跳び“世界最強”山本篤。
日本初メダリスト、探究心で頂点を。

今年5月に見せたその跳躍は圧巻だった。鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で行なわれた日本パラ陸上選手権… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/07/18

ページトップ