海外サッカー 

From:バルセロナ(スペイン)「フィーゴ対9万8000人」

カンポをめぐる狂想曲

From:バルセロナ(スペイン)「フィーゴ対9万8000人」

スペインで最も重要な舞台の主役は、2人のポルトガル人が演じることになった。特に光ったのはベテランの名演技だ。 バルサ対マ… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/25

空洞化するスタジアム。

セリエA コンフィデンシャル

空洞化するスタジアム。

かつて’60年代に、「ペルケー、ペルケー、ラ・ドメニア(なぜ、なぜなの? 日曜日になると)と始まる歌が一世を風靡した。愛す… 続きを読む

酒巻陽子Yoko Sakamaki

2004/11/25

レアル・マドリーはなぜ「遅い」のか?

レアル・マドリーの真実

レアル・マドリーはなぜ「遅い」のか?

「こんな遅いチームは人生で見たことがない!」。 あるスポーツ紙の投書欄にこんなマドリーファンの怒りの声が寄せられていた。… 続きを読む

木村浩嗣Hirotsugu Kimura

2004/11/25

自国Vへの高まる期待。

Column from Germany

自国Vへの高まる期待。

ドイツ代表チーム対カメルーン戦は、若手で挑んだドイツの圧勝だった。スコアは3−0だが6点取ってもおかしくなかった内容で、… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2004/11/24

オランダの暴動で見えたモノ。

Column from Holland & Belgium

オランダの暴動で見えたモノ。

きっかけは、アムステルダムの路上で起こった、ある映画監督の殺人事件だった。  11月2日、イスラム教徒を批判的に描いていたテ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2004/11/24

各クラブのモチベーション事情。

チャンピオンズリーグの真髄

各クラブのモチベーション事情。

アーセナルが、今季もチャンピオンズリーグで苦戦を強いられている。グループリーグの「マッチデイ4」を終了した段階で2位。伏… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/22

From:東京(日本)「FC群馬ホリコシ系」

カンポをめぐる狂想曲

From:東京(日本)「FC群馬ホリコシ系」

テレビの32インチ液晶画面に、天皇杯が映っている。FC群馬ホリコシと柏レイソルの試合。弱者が強者に攻撃的スタイルで噛みつく様… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/18

欧州の端のディナモが取り入れた「最先端」とは。

SCORE CARD

欧州の端のディナモが取り入れた「最先端」とは。

マスカットで行われたオマーン戦の6日後、僕はサンチャゴ・ベルナベウでチャンピオンズリーグを見た。銀河系軍団に挑むディナモ… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/18

久しぶりの頂上対決へ。

Column from Spain

久しぶりの頂上対決へ。

ウソではない。首位バルサとレアルとの勝点差が、4ポイント。実にゆっくりと白い巨人はFCバルセロナに迫ってきた。「この敗戦… 続きを読む

鈴井智彦Tomohiko Suzui

2004/11/17

ボルシアパークを訪れて

Column from Germany

ボルシアパークを訪れて

今夏、落成したボルシアパークを訪れた。メンヘングラッドバッハの新スタジアムである。駅から実に遠かった。バスしかなくて、20… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2004/11/11

ガルシア・レモン監督の

レアル・マドリーの真実

ガルシア・レモン監督の"暴挙"。

今どきサッカーゲームでも負けるはずだ。 はっきり言う。ロナウド、オーウェン、ジダン、フィーゴ、ラウール、グティ、ロベルト… 続きを読む

木村浩嗣Hirotsugu Kimura

2004/11/09

From:東京(日本)「マラガのひまわり」

カンポをめぐる狂想曲

From:東京(日本)「マラガのひまわり」

外苑前のカフェで偶然、耳にした音楽がきっかけで'82年スペインW杯の記憶が甦ってきた。車窓から見た一面のひまわり畑。東京にい… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/09

ヒートアップするベスト16争い。

チャンピオンズリーグの真髄

ヒートアップするベスト16争い。

バルセロナ、ユベントス、ミラン。「マッチデイ4」を終了して、少し抜けているのではないかと僕が思うのはこの3つ。チェルシー… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/11/09

中田VS.俊輔「10番」対決。

セリエA コンフィデンシャル

中田VS.俊輔「10番」対決。

10月27日、中田英寿対中村俊輔の「ナカナカ対決」がグラニッロ・スタジアムで行われた。ナカタとナカムラにとっては、チームを勝… 続きを読む

酒巻陽子Yoko Sakamaki

2004/11/05

ベルギー代表が弱い理由。

Column from Holland & Belgium

ベルギー代表が弱い理由。

ベルギー代表のアントゥニス監督は、陰でこんな悪口をささやかれている。 「やっぱりワロン人に、代表監督は向いてないんじゃな… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2004/11/04

つまらないゲームにも見所が。

Column from Spain

つまらないゲームにも見所が。

くだらないゲームにも、驚きがある。あくびを噛み殺して見ていた10月30日のバレンシア対アトレティコ・マドリー戦が、それに当て… 続きを読む

鈴井智彦Tomohiko Suzui

2004/11/04

躍動するキーパーたち。

セリエA コンフィデンシャル

躍動するキーパーたち。

GKのファインプレーが話題を博している今季のセリエA。日ごろは脇役のキーパーだが、至近距離からのシュートを次々と阻止する… 続きを読む

酒巻陽子Yoko Sakamaki

2004/10/28

From:ミラノ(イタリア)「嘆かわしいルックスの面々」

カンポをめぐる狂想曲

From:ミラノ(イタリア)「嘆かわしいルックスの面々」

ミランとバルサの試合で、僕のお気に入り君を鑑賞。負けたバルサは、有る意味、本当に困ったチームだ。というのも、心配したくな… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/10/28

マインツ、躍進の意外な理由

Column from Germany

マインツ、躍進の意外な理由

いきなりですが問題です。  (1)マインツ05の本拠地はどこにあるでしょうか?  (2)開幕前、彼らはどんなトレーニングをした… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2004/10/27

紡がれる壮大なドラマ。

チャンピオンズリーグの真髄

紡がれる壮大なドラマ。

ユベントスとバイエルンは、ともに欧州クラブランキングの上位国。長い歴史を持つチャンピオンズリーグで、過去に何度も対戦を重… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2004/10/26

ページトップ