水球 

32年ぶり五輪出場の裏に異端の戦術。水球日本代表が捨てた「常識と安定」。

32年ぶり五輪出場の裏に異端の戦術。
水球日本代表が捨てた「常識と安定」。

オリンピックPRESS

1984年ロサンゼルス五輪に出場して以来、五輪の舞台から遠ざかっていた。あれから32年の時を経て、ようやく日本の水球界が大きな一歩を踏み出す日が訪れた。続きを読む

田坂友暁Tomoaki Tasaka

2015/12/30

ページトップ