ライフスタイル 

円谷から瀬古、中山まで、日本の豊穣な“走る歴史”。~『マラソンと日本人』の群像劇~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

円谷から瀬古、中山まで、日本の豊穣な“走る歴史”。
~『マラソンと日本人』の群像劇~

小学生時代の夏休み、校庭での野外映画会で『心臓破りの丘』を観た。1953年、山田敬蔵がボストンマラソンで優勝した翌年だ。本書… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2015/01/07

その男、純粋につき。~噛む男『スアレス 神憑』の物語~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

その男、純粋につき。
~噛む男『スアレス 神憑』の物語~

よく噛む人は、長生きすると言われている。もちろんそれは食卓での話であって、サッカーのフィールド上の話ではない。だが、ウル… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

2015/01/05

今なお鋭く読める、日本テニス界の光と影。~『さらば麗しきウィンブルドン』~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

今なお鋭く読める、日本テニス界の光と影。
~『さらば麗しきウィンブルドン』~

錦織圭の大躍進で80年も前に世界の舞台で活躍したテニス選手の名が新聞、テレビに登場した。佐藤次郎、四大大会でベスト4が5回、… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/12/19

<Doインタビュー> スコット・ジュレクは「僕にとって走ることは自分を探検することなんだ」と笑顔で語ってくれた。

私とDo 特別編

<Doインタビュー> スコット・ジュレクは「僕にとって走ることは自分を探検することなんだ」と笑顔で語ってくれた。

数々のレースに勝利してきたウルトラマラソン界の“行ける伝説”にして、完全菜食主義者としても有名な41歳。彼はどのようにして… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2014/12/18

馬場を大きくしたアメリカ。~『1964年のジャイアント馬場』~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

馬場を大きくしたアメリカ。
~『1964年のジャイアント馬場』~

馬場正平の身長が、急に伸び始めたのは小5の春だったという。中学校の入学式ではすでに180cmを超えていたというから、正に「ジャ… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

2014/12/17

野生の雪豹をさがして高地を歩いた旅の記録。~『雪豹』に描かれる大自然、人間~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

野生の雪豹をさがして高地を歩いた旅の記録。
~『雪豹』に描かれる大自然、人間~

1973年の秋、妻を喪って間もない著者は動物学者ジョージ・シャラー(GS)に誘われ、バーラル(ヒマラヤアオヒツジ)の生態調査に… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/12/10

毒霧はなぜ美しいのか?~“東洋の神秘”プロレスラーの自伝~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

毒霧はなぜ美しいのか?
~“東洋の神秘”プロレスラーの自伝~

初めて緑色の毒霧が宙に散るのを見たとき、小学生だった僕はこう思った。「あれは何だ! やってみたいっ」。ザ・グレート・カブ… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

2014/12/09

<ハワイ、ビッグアイランドを駆ける> マウイの自然を感じるバイクルートを訪ねて。

私とDo 特別編

<ハワイ、ビッグアイランドを駆ける> マウイの自然を感じるバイクルートを訪ねて。

マウイにはロード派もMTB派も夢中になる数多くのバイクルートがあり、それぞれに違う特色をもっている。その魅力を知るため、マ… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2014/12/04

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド ~旅ラン編~

私とDo 特別編

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド ~旅ラン編~

海外レースにおける成功のカギは「いかに非日常感をなくすか」につきます。何時間も飛行機に乗り、環境のまったく違う場所へ行く… 続きを読む

君塚麗子Reiko Kimizuka

2014/11/29

簡潔でいて、おもしろい。“足で書いた”日本野球史。~『巨人V9とその時代』を読む~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

簡潔でいて、おもしろい。“足で書いた”日本野球史。
~『巨人V9とその時代』を読む~

タイトルで「巨人栄光の物語か」と誤解しないでほしい。本書は昭和34年(1959年)の長嶋サヨナラホーマーの天覧試合から昭和49年… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/11/26

<ハワイ、キラウエア火山の魅力> 走るのにボルケーノほど素敵な場所はない

私とDo 特別編

<ハワイ、キラウエア火山の魅力> 走るのにボルケーノほど素敵な場所はない

吹き上がる噴煙、黒く固まった溶岩、外縁の豊かな熱帯雨林。キラウエア火山はハワイ島随一の観光地として知られているが、ハワイ… 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

2014/11/20

<効率よくランニングを> 大会を楽しむための忙しい人に教える「朝ラン」&「夜ラン」調整法。

私とDo 特別編

<効率よくランニングを> 大会を楽しむための忙しい人に教える「朝ラン」&「夜ラン」調整法。

忙しい毎日の中でフルマラソンを完走する体力をつけたり、自己ベストを伸ばす方法ってできるの?指導経験豊富なコーチにそのコツ… 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

2014/11/12

遺伝子研究にゴールはあるのか?~運動能力との関係性を知る一冊~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

遺伝子研究にゴールはあるのか?
~運動能力との関係性を知る一冊~

他の分野に比べ、スポーツの世界では親子鷹といわれる父子の共演を見かけることが多い。だが、コービー・ブライアントを彼たらし… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

2014/11/11

ビール、刺青、催涙ガス。“潜入”が生んだ快著。~紳士の国の『フーリガン戦記』~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

ビール、刺青、催涙ガス。“潜入”が生んだ快著。
~紳士の国の『フーリガン戦記』~

イギリス暮らしが6年ほどになったアメリカ人の著者は、ある土曜の夜、ウェールズからロンドンに帰ろうとしていた。その途中の駅… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/11/10

世界一カッコいい自転車ウェア「Pandani」を着て走る。その魅力と意義を問う!?

スポーツはカタチから入る方なんです

世界一カッコいい自転車ウェア「Pandani」を着て走る。その魅力と意義を問う!?

アスリートの心の中に渦巻くブツ欲を赤裸々に紹介し、解消していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モ… 続きを読む

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

2014/11/05

『七人の侍』の名場面で説く“柳生流”剣術の根本原理。~前田英樹・著『剣の法』~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

『七人の侍』の名場面で説く“柳生流”剣術の根本原理。
~前田英樹・著『剣の法』~

「新陰流の刀法を実技面からかなり詳しく書いた」(まえがき)のが本書だ。著者は大学の現代心理学の教授で新陰流・武術探求会を… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/10/29

筋肉を捨てて、身体の声を聴く。~平尾剛・著『近くて遠いこの体』~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

筋肉を捨てて、身体の声を聴く。
~平尾剛・著『近くて遠いこの体』~

スポーツ科学の知見では掴み切れない、体というもやもやして曖昧なもの。その体の声に耳を傾け、対話するための一冊を書いたのは… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

2014/10/28

<6大レースを駆け抜けて> ワールド・マラソン・メジャーズを走る日

私とDo 特別編

<6大レースを駆け抜けて> ワールド・マラソン・メジャーズを走る日

一度でいいから走ってみたい――。世界中の市民ランナーが憧れる6つの大会がある。東京、ロンドン、ボストン、ベルリン、シカゴ… 続きを読む

南井正弘Masahiro Minai

2014/10/21

刺激的な卓見に満ちた相撲の日本発展史。~宮本徳蔵・著『力士漂泊』~

ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~

刺激的な卓見に満ちた相撲の日本発展史。
~宮本徳蔵・著『力士漂泊』~

相撲の場は特別な空間だ。天皇の国技館での観戦をひいて、著者はそこが天皇にとっても「酒や折詰料理を口にしている庶民と座を共… 続きを読む

馬立勝Masaru Madate

2014/10/14

<「おもてなし」は世界一!?> NAHAマラソン徹底解剖。

私とDo 特別編

<「おもてなし」は世界一!?> NAHAマラソン徹底解剖。

黒糖どう? 水は? ちばりよー。NAHAマラソンを走る人は応援の声に背中を押され続ける。稀有な雰囲気の大会はいかにして生まれた… 続きを読む

松山梢Kozue Matsuyama

2014/10/07

ページトップ