サッカー日本代表 

「自分たちのサッカー」回帰ではなく。岡崎慎司の危機感と議論すべき課題。

Number Ex

「自分たちのサッカー」回帰ではなく。
岡崎慎司の危機感と議論すべき課題。

「自分は、かなり厳しい立場にはあると思う」ガーナ戦終了後、岡崎慎司は翌日に控えたワールドカップメンバー発表についてそう口… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/06/02

吉田麻也「恥ずべき試合でした」厳しい言葉は日本を団結させるため。

Number Ex

吉田麻也「恥ずべき試合でした」
厳しい言葉は日本を団結させるため。

後半アディショナルタイム。ガーナのGKリチャード・オフォリが日本陣内へゴールキックを蹴り放つと、クリストファー・ビース主審… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2018/06/01

メンバー、布陣、呼び方に西野流。最大の迷いどころはやはり2シャドー。

サッカー日本代表PRESS

メンバー、布陣、呼び方に西野流。
最大の迷いどころはやはり2シャドー。

「ワールドカップのメンバー発表って、何かが起こるんじゃないかとこっちも緊張して見るんだけど、今回ばかりはサプライズはなか… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/06/01

ジャーナリスト木崎伸也が目撃した激闘の瞬間

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト木崎伸也が目撃した激闘の瞬間

歓喜から絶望に突き落とされたという意味でも、サッカーの奥深さを見せつけられたという意味でも、個人的に2006年6月12日のワー… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2018/06/01

ガーナ戦に収穫を求めるとすれば。守備面では2トップに可能性あり。

Number Ex

ガーナ戦に収穫を求めるとすれば。
守備面では2トップに可能性あり。

これが半年前なら、まったく別の評価ができただろう。半年前ではなく3カ月前でも、異なる角度からの分析が成り立つはずである。… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/05/31

植田直通、身体能力任せからの脱却。傾けるようになった耳とガラガラ声。

サッカー日本代表PRESS

植田直通、身体能力任せからの脱却。
傾けるようになった耳とガラガラ声。

武闘派。植田直通を評するとき、必ずついて回る言葉の1つだろう。「1対1は僕の強み。相手をおさえ切ることが何よりの楽しみ」試… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

2018/05/31

西野朗監督の持ってる&モテる伝説。新卒時代は女性採用担当も経験した。

サッカー日本代表PRESS

西野朗監督の持ってる&モテる伝説。
新卒時代は女性採用担当も経験した。

“持っている”か“持っていない”か。戦術や采配、人心掌握術と同等に、監督として成功するために重要な要素となる。とりわけ、… 続きを読む

木本新也Shinya Kimoto

2018/05/30

植田朝日にとってのサッカー日本代表

サッカー日本代表 激闘日誌

植田朝日にとってのサッカー日本代表

日本サッカー界が一気に盛り上がった要因の1つとして、1993年に開幕した日本初のプロリーグ・Jリーグの存在は欠かせないと思いま… 続きを読む

植田朝日Asahi Ueda

2018/05/30

西野ジャパンになっての雰囲気は?合宿中の選手たちに聞いてみた。

サッカー日本代表PRESS

西野ジャパンになっての雰囲気は?
合宿中の選手たちに聞いてみた。

ロシアW杯前最後の国内合宿が始まって約10日が経つ。それぞれのクラブでのスケジュールに合わせて選手が徐々に合流し、24日には2… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/05/30

武藤嘉紀が代表に滑り込めた理由。駆け引きと、リラックスのススメ。

サッカー日本代表PRESS

武藤嘉紀が代表に滑り込めた理由。
駆け引きと、リラックスのススメ。

5月21日から日本代表の合宿がはじまったが、そこでは新たに合流した選手が心拍数を一定まであげる体力テストも行われている。2日… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/05/29

酒井高徳が口にした「最後は結果」。ブンデス降格を経て得た力強さとは。

サッカー日本代表PRESS

酒井高徳が口にした「最後は結果」。
ブンデス降格を経て得た力強さとは。

「(内田)篤人くんがあれだけの怪我をして、あんなにガチガチにテーピングして、試合出場している。でも、当時の僕だったり、(… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/05/29

<ドキュメント第1回キリンカップ>「JAPAN CUP 1978」の衝撃 【後篇】

サッカー日本代表 激闘日誌

<ドキュメント第1回キリンカップ>
「JAPAN CUP 1978」の衝撃 【後篇】

「三菱ダイヤモンドサッカー」の放映が始まったのは、日本がメキシコ五輪で銅メダルを獲得する約半年前、'68年4月のことだった。… 続きを読む

加部究Kiwamu Kabe

2018/05/28

浅野拓磨「俺が一番知ってますもん」サッカー選手の価値は一瞬で変わる。

サッカー日本代表PRESS

浅野拓磨「俺が一番知ってますもん」
サッカー選手の価値は一瞬で変わる。

目の前には王者バイエルン・ミュンヘンがいた。シュツットガルトのエースであるマリオ・ゴメスが子供の出産立ち合いでこの試合に… 続きを読む

オノシンタロウShintaro Ono

2018/05/27

<ドキュメント第1回キリンカップ>「JAPAN CUP 1978」の衝撃 【前篇】

サッカー日本代表 激闘日誌

<ドキュメント第1回キリンカップ>
「JAPAN CUP 1978」の衝撃 【前篇】

溜息が少しずつ静寂を破り、どよめきが生まれて来るまでだいぶ時間がかかった。ボルシア・メンヘングラードバッハ(以後ボルシア… 続きを読む

加部究Kiwamu Kabe

2018/05/25

小柳ルミ子にとってのサッカー日本代表

サッカー日本代表 激闘日誌

小柳ルミ子にとってのサッカー日本代表

私がサッカーを好きになったきっかけは、2002年のW杯、イングランド代表のデイビッド・ベッカムでした。 続きを読む

小柳ルミ子Rumiko Koyanagi

2018/05/25

鈴木啓太が語る代表デビュー戦秘話

サッカー日本代表 激闘日誌

鈴木啓太が語る代表デビュー戦秘話

僕にとってのA代表デビュー戦は、2006年8月、キリンチャンジカップのトリニダード・トバゴ戦でした。イビチャ・オシムさんが日本… 続きを読む

鈴木啓太Keita Suzuki

2018/05/25

宇佐美貴史は西野監督の“スペシャル”。地面にはいつくばったこの2年。

サッカー日本代表PRESS

宇佐美貴史は西野監督の“スペシャル”。
地面にはいつくばったこの2年。

4年前、W杯ブラジル大会に挑む23人の名が当時の指揮官、アルベルト・ザッケローニから読み上げられるのを宇佐美貴史は自宅のテレ… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

2018/05/25

長谷部誠が実践、ハメス封じの術。ボールを持たせず脆さを引き出せ。

ミックスゾーンの行間

長谷部誠が実践、ハメス封じの術。
ボールを持たせず脆さを引き出せ。

日本代表の支柱、長谷部誠がシーズンの最後に大仕事をやってのけた。5月19日に行われた、ドイツカップ決勝。首都ベルリンを舞台… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2018/05/24

西野朗監督に今一番大事なこととは?トルシエが伝えた最後のアドバイス。

ワインとシエスタとフットボールと

西野朗監督に今一番大事なこととは?
トルシエが伝えた最後のアドバイス。

西野朗・日本代表監督に与えられた準備の時間は、大会直前の3週間だけである。その短い時間で、彼に何が可能であるのか。また、… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/05/23

トルシエが語るハリルジャパンの過ち。「選手達を“勇猛な戦士”にしたかった」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが語るハリルジャパンの過ち。
「選手達を“勇猛な戦士”にしたかった」

ヴァイッド・ハリルホジッチは、日本がワールドカップ本大会において2006年ドイツ大会や前回のブラジル大会と同じ過ちを繰り返さ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/05/22

ページトップ