サッカー日本代表 

手倉森監督「いい流れじゃない?」コロンビア戦“最悪”からの同点劇。

リオ五輪PRESS

手倉森監督「いい流れじゃない?」
コロンビア戦“最悪”からの同点劇。

何かを、起こせるかもしれない。リオ五輪男子サッカーのグループBは、ナイジェリアが2連勝でグループ首位を決めた。現地時間8月7… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/08/08

塩谷が苦悩する“慣れない”4バック。コロンビア戦、DF陣は余裕を持てるか。

リオ五輪PRESS

塩谷が苦悩する“慣れない”4バック。
コロンビア戦、DF陣は余裕を持てるか。

「4点、取ってくれた攻撃陣に、ほんと申し訳ないと思っています」 4-5でナイジェリアに敗れた後、ドーピング検査のために1人で… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/08/07

五輪前から守備は破綻していた?手倉森J、5失点はなぜ起こったか。

リオ五輪PRESS

五輪前から守備は破綻していた?
手倉森J、5失点はなぜ起こったか。

壮絶な打ち合いの末のKO負けだった。リオ五輪の初戦ナイジェリア戦、試合の入りは悪くなかった。開始1分で藤春廣輝からのクロス… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/08/05

「ナイジェリア戦がメダルへの全て」リオ初戦、日本が抑えるべきはミケル。

リオ五輪PRESS

「ナイジェリア戦がメダルへの全て」
リオ初戦、日本が抑えるべきはミケル。

いよいよ決戦である。初戦はグループリーグを突破するために極めて重要な試合だ。「ナイジェリア戦がメダルへの全てだという覚悟… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/08/04

リオ五輪初戦、相手が見えない困難。手倉森監督は4-3-3を“いつ”使う?

リオ五輪PRESS

リオ五輪初戦、相手が見えない困難。
手倉森監督は4-3-3を“いつ”使う?

波乱の前触れか、不幸の兆候か、それとも幸運の先駆けか。リオ五輪第1戦を直前に控えて、サッカー五輪代表の周辺が騒がしい。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/08/04

僕らはリオも乗り越える――。植田直通と遠藤航、重なる思い。

Number Ex

僕らはリオも乗り越える――。
植田直通と遠藤航、重なる思い。

U-23サッカー日本代表のリオ五輪の初戦、ナイジェリア戦はいよいよ8月5日(金)10時(日本時間)にキックオフとなる。 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/08/03

ホテルの照明からベッドシーツまで。手倉森誠監督の精密なブラジル視察。

サッカー日本代表PRESS

ホテルの照明からベッドシーツまで。
手倉森誠監督の精密なブラジル視察。

キーワードは「過酷を覚悟せよ」である。「今回の五輪はハードだと思う。ピッチ内のうまさを持っているだけで、戦える大会じゃな… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/08/01

スウェーデンに歯が立たない現実。なでしこ、世界一への遥かな距離。

なでしこジャパンPRESS

スウェーデンに歯が立たない現実。
なでしこ、世界一への遥かな距離。

悔しい思いとともに帰国したなでしこジャパン。2016年4月から高倉麻子監督による新体制となり、6月のアメリカ遠征に続いて、7月… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2016/07/29

五輪までにU-23に必要な3つのこと。全てのカギは、遠藤航が握っている。

話が終わったらボールを蹴ろう

五輪までにU-23に必要な3つのこと。
全てのカギは、遠藤航が握っている。

リオ五輪で48年ぶりのメダル獲得を狙い、ブラジルで調整をつづけるU-23日本代表。初戦のナイジェリア戦を迎えるに当たって、今す… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/07/29

植田直通「外へ出たい」の意味は?五輪を価値ある通過点にする決意。

サッカー日本代表PRESS

植田直通「外へ出たい」の意味は?
五輪を価値ある通過点にする決意。

思いがけない告白だった。「こうやってヨーロッパの選手とやれる機会はなかなかないので、今日もやりあったりして、やっぱり外で… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/07/27

手倉森ジャパン、リオ五輪の成績を予想すると?

言わせろ!ナンバー

手倉森ジャパン、リオ五輪の成績を予想すると?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/07/22

リオ五輪ロスからどう立ち直る?新なでしこ、新たな船出の北欧遠征。

なでしこジャパンPRESS

リオ五輪ロスからどう立ち直る?
新なでしこ、新たな船出の北欧遠征。

スウェーデンの南東、バルト海に面した街、カルマルでチーム強化のための遠征を行っている新生なでしこジャパン。 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2016/07/21

遠藤航、ダービーで悔やんだ2失点。リオで必須の「ふとした時の集中力」。

サッカー日本代表PRESS

遠藤航、ダービーで悔やんだ2失点。
リオで必須の「ふとした時の集中力」。

浦和レッズの背番号6は、もやっとした思いを表情に貼り付けていた。7月17日に行なわれた大宮アルディージャとの“さいたまダービ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/07/20

J優勝のために一度は断った五輪行き。興梠慎三、全ては浦和のために。

サムライブルーの原材料

J優勝のために一度は断った五輪行き。
興梠慎三、全ては浦和のために。

世界の舞台には、縁がなかった。2008年の北京五輪でも、2010年の南アフリカW杯でも興梠慎三は大枠のメンバーに入っていながらも… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/07/19

リオ18人枠を外れても「プラスに」。中谷進之介20歳、再び燃える反骨心。

“ユース教授”のサッカージャーナル

リオ18人枠を外れても「プラスに」。
中谷進之介20歳、再び燃える反骨心。

7月1日、都内のJFAハウスでリオデジャネイロ五輪に出場する、U-23日本代表の18名とバックアップメンバー発表会見があった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/07/13

手倉森監督が作ったU-23の「ルール」。ユニフォームを床に置かない理由。

サッカー日本代表PRESS

手倉森監督が作ったU-23の「ルール」。
ユニフォームを床に置かない理由。

U-23日本代表には、チーム結成当初に作られた「ルール」がある。選手が入れ替わっても守られてきた約束事は、手倉森誠監督が率い… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/07/12

次代の守護神候補はストイックの塊。中村航輔、リオへの道程で得た哲学。

“ユース教授”のサッカージャーナル

次代の守護神候補はストイックの塊。
中村航輔、リオへの道程で得た哲学。

彼は多くを語らない――。「すべての面でランクアップするのが、サッカー選手として大事だと思う。すべての面で少しでもベースを… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/07/11

U-16代表が目指す“長友佑都イズム”。小さくても世界と戦う方法を考える。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-16代表が目指す“長友佑都イズム”。
小さくても世界と戦う方法を考える。

6月22日から26日にかけて、鳥取県で行われたインターナショナルドリームカップ。森山佳郎監督率いるU-16日本代表は、U-16ハンガ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/07/04

「バカ正直」ではW杯で勝ち上がれない。大勝と惜敗で揺れる日本代表の実力。

フットボール“新語録”

「バカ正直」ではW杯で勝ち上がれない。
大勝と惜敗で揺れる日本代表の実力。

日本がロシアW杯で勝ち上がるためには何が必要だろう。たとえば2014年W杯を振り返ると、グループリーグで失点2以内の国(ブラジ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2016/07/02

U-23で一番サッカーを「楽しむ」男。中島翔哉は、リオで最高に目立つ!

サムライブルーの原材料

U-23で一番サッカーを「楽しむ」男。
中島翔哉は、リオで最高に目立つ!

「必死」の目的が、違っていた。リオ五輪メンバーに選ばれるため、には見えなかった。あくまで試合に勝つため、ボールを受け取っ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/07/02

ページトップ