サッカー日本代表 

目標がW杯上位進出だとしたら――。オーストラリアに守ってドローでOK?

サッカー日本代表PRESS

目標がW杯上位進出だとしたら――。
オーストラリアに守ってドローでOK?

アウェイでオーストラリアと引き分けたのだから、1-1というスコアは悪くない。日本代表の公式戦は、とりわけW杯予選は、結果が… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/10/12

福西崇史が分析するイラク&豪州戦。清武&原口の可能性と、天敵ケーヒル。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が分析するイラク&豪州戦。
清武&原口の可能性と、天敵ケーヒル。

2012年2月から4年7カ月にわたって「メルマガNumber」にて配信してきたメールマガジン「福西崇史の『考えるサッカー』」。今月か… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2016/10/11

原口元気の1対1勝率は65%以上!?身体と精神の好循環が止まらない。

サッカー日本代表PRESS

原口元気の1対1勝率は65%以上!?
身体と精神の好循環が止まらない。

「来シーズンにむけて気持ち的には、満足して終わるよりもいいかな、と。逆にモチベーションが上がったから。まぁ……来シーズン… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2016/10/10

最上級生からプロ1年目となる難しさ。10年ぶりW杯へU-19世代の試行錯誤。

“ユース教授”のサッカージャーナル

最上級生からプロ1年目となる難しさ。
10年ぶりW杯へU-19世代の試行錯誤。

10年ぶりの世界は、日本サッカー界にとって至上命題となる。10月14日に開幕するAFC U-19選手権。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/08

サッカーW杯の「48カ国出場」案、多すぎる?

言わせろ!ナンバー

サッカーW杯の「48カ国出場」案、多すぎる?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/10/07

最後に決める「本田△」はどこへ……。本当にイラク戦の出来に納得なのか。

サッカー日本代表PRESS

最後に決める「本田△」はどこへ……。
本当にイラク戦の出来に納得なのか。

強くて、貪欲で、持ってる。だから、本田圭佑は南アフリカW杯以来、ずっと日本代表の中心であり続けた。 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2016/10/07

太田宏介が上げ、小林悠が仕留める。同級生で、親友で、ずっとライバル。

サムライブルーの原材料

太田宏介が上げ、小林悠が仕留める。
同級生で、親友で、ずっとライバル。

太田宏介と小林悠。ハリルジャパンに名を連ねている2人は、麻布大学附属渕野辺高(現麻布大学附属高)サッカー部の同級生である… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/06

「日本は激しくプレスすれば……」アジアの対策にU-16も屈した現実。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「日本は激しくプレスすれば……」
アジアの対策にU-16も屈した現実。

A代表の課題は育成年代から取りかからないと手遅れになる――。U-16日本代表を率いる森山佳郎監督の口から放たれる言葉の中に、… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/05

クラブで出ている選手で11人選ぶと?日本代表の、意外に幅広い選択肢。

サッカー日本代表PRESS

クラブで出ている選手で11人選ぶと?
日本代表の、意外に幅広い選択肢。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の周辺が騒がしい。日本代表で主力を担う海外組の多くが、所属クラブで出場機会をつかんでいない… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/10/04

日本の司令塔候補・大島僚太に聞く。磨いた技術は「柔」、心の中は「剛」。

サムライブルーの原材料

日本の司令塔候補・大島僚太に聞く。
磨いた技術は「柔」、心の中は「剛」。

柔よく剛を制す。大島僚太が好きな言葉である。中学、高校時代に「プロでやっていくためには、これしかない」と胸に刻んだ原材料… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/02

1つでも負ければハリルの進退問題。心中覚悟で呼んだ“いつもの”欧州組。

サッカー日本代表PRESS

1つでも負ければハリルの進退問題。
心中覚悟で呼んだ“いつもの”欧州組。

「ロシアW杯アジア最終予選イラク戦(10月6日、埼玉スタジアム2002)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)のメンバーが発表さ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/09/30

過去最高の費用と時間をかけたU-19。小川航基は東京五輪の主役になるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

過去最高の費用と時間をかけたU-19。
小川航基は東京五輪の主役になるか。

U-20W杯2017の出場権をかけて、10月13日からAFC U-19選手権バーレーンを戦うU-19日本代表のメンバーが発表された。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/09/30

試合の前に勝つのが分かっていた!?サッカーU-16で森山監督が伝えた言霊。

“ユース教授”のサッカージャーナル

試合の前に勝つのが分かっていた!?
サッカーU-16で森山監督が伝えた言霊。

「気持ちには引力がある」この言葉は森山佳郎監督がサンフレッチェ広島ユースの監督時代に、選手達によく口にしていた言葉であり… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/09/27

自分たちのサッカー後遺症の先へ。代表の理想を再び語る絶対条件。

オフサイド・トリップ

自分たちのサッカー後遺症の先へ。
代表の理想を再び語る絶対条件。

「自分たちのサッカー」このフレーズを目にすると、音楽やファッションと同じように、サッカーを論じるボキャブラリーにも流行り… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2016/09/25

インドの劣悪環境を経験済の強み。U-16はピッチ内外でタフに「戦う」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

インドの劣悪環境を経験済の強み。
U-16はピッチ内外でタフに「戦う」。

16歳の少年たちにとって、インドの環境は相当衝撃的だろう。AFC U-16選手権が開催されているのは、インドの南西部に位置する港町… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/09/23

10月のロシアW杯最終予選2試合、日本のFWは岡崎? 浅野?

言わせろ!ナンバー

10月のロシアW杯最終予選2試合、日本のFWは岡崎? 浅野?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/09/21

久保建英でもサブ組に回る競争原理。U-16代表が醸す“俺を出せ”オーラ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

久保建英でもサブ組に回る競争原理。
U-16代表が醸す“俺を出せ”オーラ。

「チームのみんなが仲良い」「みんなのためにやる」 サッカーはチームスポーツ。選手たちの口からそう言う声が聞こえるのは、決… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/09/20

アジアは日本を特別視してない――。“久保世代”U-16指揮官が語る実状。

“ユース教授”のサッカージャーナル

アジアは日本を特別視してない――。
“久保世代”U-16指揮官が語る実状。

たかが16歳以下――。もしかすると、そう思っている人も居るかもしれない。9月15日からインドで開幕するAFC U-16選手権。来年のU… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/09/16

いまこそ本田圭佑の話をきけ!!「もっとクレイジーに行かないと」

Number Ex

いまこそ本田圭佑の話をきけ!!
「もっとクレイジーに行かないと」

ロシアW杯アジア最終予選、日本代表はまさかの黒星スタートとなった。ホームでのUAE戦で本田圭佑が先制点をあげたものの、逆転負… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/09/13

ハリルはなぜ何度も前言を覆すのか。浅野の起用からわかる「超現実主義」。

サムライブルーの原材料

ハリルはなぜ何度も前言を覆すのか。
浅野の起用からわかる「超現実主義」。

論語に「駟(し)も舌に及ばず」という言葉がある。一度口に出した言葉は、四頭立ての馬車が追いつけないほど広まるのが早い。だ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/09/13

ページトップ