サッカー日本代表 

「守ってカウンター」がしたいなら。日本代表に2つの“型”が足りない!

オフサイド・トリップ

「守ってカウンター」がしたいなら。
日本代表に2つの“型”が足りない!

35%対65%。先日のオーストラリア戦で日本代表が記録したボール支配率は、1-1の引き分けというスコア以上にメディアで取りざた… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2016/11/01

U-19選手権は最強DFで無失点優勝!アジア最強チーム、今後の伸びしろ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-19選手権は最強DFで無失点優勝!
アジア最強チーム、今後の伸びしろ。

濃厚な120分だった。AFC U-19選手権決勝、サウジアラビアと対戦したU-19日本代表は、延長戦を含めた120分を戦い抜き、0-0のスコ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/31

U-19が日本初アジア制覇に王手。準決勝ベトナム戦で見た万全の組織力。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-19が日本初アジア制覇に王手。
準決勝ベトナム戦で見た万全の組織力。

AFC U-19選手権の準々決勝でタジキスタンに4-0で勝利し、来年のU-20W杯の出場権を掴み取ったU-19日本代表。しかし、この戦いは… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/28

ライバルは“韓国のメッシ”イ・スンウ。U-19代表・堂安律が目指す世界基準。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ライバルは“韓国のメッシ”イ・スンウ。
U-19代表・堂安律が目指す世界基準。

得意の左足から放たれたボールは綺麗な弾道を描き、ゴールネットに吸い込まれた。待望のAFC U-19選手権初ゴールは、10年間閉ざさ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/27

今こそ、知将オシムの言葉に学べ。人を導き、組織を蘇らせる珠玉の人生訓。

Number Ex

今こそ、知将オシムの言葉に学べ。
人を導き、組織を蘇らせる珠玉の人生訓。

サッカー日本代表監督として、「考えて走るサッカー」「サッカーの日本化」といったコンセプトを打ち出し、革新的な手法で選手や… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/10/27

チームの継続性とゆるい師弟関係。現U-19は「あの世代」に似ている。

サッカー日本代表PRESS

チームの継続性とゆるい師弟関係。
現U-19は「あの世代」に似ている。

重く固かったはずの世界への扉はいとも簡単に開いた。西野朗サッカー協会会長の言葉を借りれば「まるで自動扉のように簡単に」開… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2016/10/26

10年ぶりのU-20W杯は超重要!五輪の比じゃない世界の真剣度。

“ユース教授”のサッカージャーナル

10年ぶりのU-20W杯は超重要!
五輪の比じゃない世界の真剣度。

ついに重く閉ざされていた世界への扉をこじ開けた――。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/25

内田・香川以来の快挙まであと1つ!U-19を支える2人のCBの波及力。

“ユース教授”のサッカージャーナル

内田・香川以来の快挙まであと1つ!
U-19を支える2人のCBの波及力。

いよいよこの時がやって来た。AFC U-19選手権2016バーレーン、決勝トーナメント・準々決勝。今日、タジキスタンとの一戦に勝利を… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/24

香川と清武の違い、本当に知ってる?トップ下論争の前提を整理してみた。

サッカー日本代表PRESS

香川と清武の違い、本当に知ってる?
トップ下論争の前提を整理してみた。

メルボルンでのオーストラリア対日本戦の取材から帰国して知人と話をしていた時、こんな言葉が会話に出た。「今回の代表戦は、“… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2016/10/24

“試合勘”とは一体何なのか?日本代表DFの要・吉田麻也の答え。

Number Ex

“試合勘”とは一体何なのか?
日本代表DFの要・吉田麻也の答え。

試合勘。ここ最近の日本代表戦では、やたらとこのフレーズを耳にする。海外組の選手が所属クラブで出場機会を得られず「試合勘」… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/10/21

永里優季が語った「五輪のない夏」。敗退の理由、世論との軋轢、東京。

なでしこジャパンPRESS

永里優季が語った「五輪のない夏」。
敗退の理由、世論との軋轢、東京。

リオ五輪が終了し、息つく間もなく、日本国内には東京五輪ムードが漂い始めた。リオ五輪での功績を讃えるイベントでも、早くも東… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2016/10/20

韓国も日本も外国人監督で大混乱!?ロシアW杯最終予選、両国を徹底比較。

サッカー日本代表PRESS

韓国も日本も外国人監督で大混乱!?
ロシアW杯最終予選、両国を徹底比較。

ワールドカップ最終予選の「10月シリーズ」が終わって2週間ほどが経った。少し時間が経ったところで、韓国との比較をしてみたい… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2016/10/19

ハリルジャパンに長身FWは必要か?

言わせろ!ナンバー

ハリルジャパンに長身FWは必要か?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/10/19

一流の選手は、一流の言葉を発する。清武と原口の成長に見る奇妙な相関。

“ユース教授”のサッカージャーナル

一流の選手は、一流の言葉を発する。
清武と原口の成長に見る奇妙な相関。

正直、驚いた。長年サッカーを取材していてずっと感じていたことがあった。この度、日本代表でプレーする2人の選手の変貌ぶりを… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/10/18

山口蛍の生き様が吹き込まれた一撃。躊躇も雑念もない不器用さの結晶だ。

サムライブルーの原材料

山口蛍の生き様が吹き込まれた一撃。
躊躇も雑念もない不器用さの結晶だ。

ハリルジャパンを救ったあの一発。埼玉スタジアムが揺れたあの一発。後半アディショナルタイムにぶちこんだ山口蛍のミドルシュー… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/15

清武弘嗣が乗り越えたハリルの規律。自由さで示した“攻撃の道筋”とは。

サッカー日本代表PRESS

清武弘嗣が乗り越えたハリルの規律。
自由さで示した“攻撃の道筋”とは。

この夏スペインのセビージャへ移籍した清武。開幕戦こそ1ゴール1アシストと活躍したものの、元フランス代表のサミル・ナスリをは… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2016/10/14

本田圭佑に再びトップ下を任せよう。日本の「縦に急ぎすぎ」への回答。

サッカー日本代表PRESS

本田圭佑に再びトップ下を任せよう。
日本の「縦に急ぎすぎ」への回答。

なるほど、たしかに前線の組み合わせと配置は、理に適ったものだった。メルボルンで行なわれたロシア・ワールドカップ・アジア最… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/10/13

本田圭佑の日本代表でのベストポジションはどこ?

言わせろ!ナンバー

本田圭佑の日本代表でのベストポジションはどこ?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/10/13

原口元気「デブライネだったら……」比較対象はいつだって“上”の相手。

サッカー日本代表PRESS

原口元気「デブライネだったら……」
比較対象はいつだって“上”の相手。

ゴールを決める。結果にこだわる。原口元気はそう言い続けてきた。それでもやはり、最も大切なのはチームが勝つことだ。 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2016/10/13

福西が見た豪州戦、足りなかったもの。劣勢の時こそ“マジメさのバランス”を。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西が見た豪州戦、足りなかったもの。
劣勢の時こそ“マジメさのバランス”を。

「福西崇史の『考えるサッカー』」第2回は、11日に行われたロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア戦を振り返る。 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2016/10/12

ページトップ