サッカー日本代表 

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

長谷部誠も苦笑するしかない現状。5月までに代表メンバーができること。

サッカー日本代表PRESS

長谷部誠も苦笑するしかない現状。
5月までに代表メンバーができること。

インターナショナルマッチウィークが明け、日常の戦いが再開した。欧州各国リーグは終盤戦に入り、最終的な順位争いに向けてもう… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/04/03

「ロシアW杯は柴崎岳の大会」となる?常に一歩先を読んで生きる男の挑戦。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「ロシアW杯は柴崎岳の大会」となる?
常に一歩先を読んで生きる男の挑戦。

“遠藤保仁の後継者” 3月27日のキリンチャレンジカップ・日本vs.ウクライナ戦でのこと。スタメン出場を果たした柴崎岳のテレビ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/02

サッカー日本代表、W杯前の期待値が最も高かったのは?

言わせろ!ナンバー

サッカー日本代表、W杯前の期待値が最も高かったのは?

Number編集部Sports Graphic Number

2018/03/30

フォトグラファー赤木真二が撮った激闘の瞬間

サッカー日本代表 激闘日誌

フォトグラファー赤木真二が撮った激闘の瞬間

プロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕する前年、1992年秋のこと。サッカーの機運は高まれど、代表チームの実力を確信するには戦… 続きを読む

赤木真二Shinji Akagi

2018/03/30

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

あれほどのブーイングは、いまだかつて聞いたことがない。君が代が流れても、日本がボールを持っても、それは地鳴りのような響き… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/30

サッカー日本代表のロシアW杯メンバー、現時点であなたの中で何人当確している?

言わせろ!ナンバー

サッカー日本代表のロシアW杯メンバー、現時点であなたの中で何人当確している?

Number編集部Sports Graphic Number

2018/03/29

酒井高徳はこの現実から逃げない。「僕はできるんだというのを」

サッカー日本代表PRESS

酒井高徳はこの現実から逃げない。
「僕はできるんだというのを」

「すごく強い気持ちで今日の試合に挑もうかなと思ったんですけど、残念ながら結果がというところで、自分の思ったようなアピール… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/03/29

なぜ選手達に「気迫」が見えない?ハリルJに日本サッカーの大前提を問う。

サッカー日本代表PRESS

なぜ選手達に「気迫」が見えない?
ハリルJに日本サッカーの大前提を問う。

日本のサッカーは、1+1を2でいいと考えてきたのだろうか。3月27日に行なわれたウクライナ戦は、23日のマリ戦に比べればゲームに… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/03/28

悩める日本代表にPDCAサイクルを。原口が、大迫が、本田が鳴らす警鐘。

ミックスゾーンの行間

悩める日本代表にPDCAサイクルを。
原口が、大迫が、本田が鳴らす警鐘。

PDCAサイクル――。PLAN(計画)、DO(行動、実践)、CHECK(検証、課題修正)、ACT(再実践)の頭文字を取ったこの言葉は、今や… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2018/03/27

高3の時に「メッシの背番号は僕が」。ハリルJの新星・中島翔哉の青き炎。

“ユース教授”のサッカージャーナル

高3の時に「メッシの背番号は僕が」。
ハリルJの新星・中島翔哉の青き炎。

0-1で迎えた60分。中島翔哉は宇佐美貴史に代わって、閉塞感が漂うピッチに投入された。日本代表のベルギー遠征の初戦となったマ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/27

福西崇史が日本代表の問題点を指摘。レベルの差を認めて、できることを。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が日本代表の問題点を指摘。
レベルの差を認めて、できることを。

このままだとW杯は厳しい。マリ戦を見る限りの正直な印象です。なおかつ同じ日に行われた親善試合で、グループリーグ初戦で戦う… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2018/03/26

マリ戦のままではW杯本番は黄信号!攻撃の手詰まり感、デュエルで消耗。

サッカー日本代表PRESS

マリ戦のままではW杯本番は黄信号!
攻撃の手詰まり感、デュエルで消耗。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にも、選手たちにも、声を大にして言いたいことはあるだろう。3月23日に行なわれたマリ戦は、海… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/03/24

タフな南米遠征初戦で敗戦の森保J。A代表経験、初瀬亮が言う「ヌルさ」。

Jをめぐる冒険

タフな南米遠征初戦で敗戦の森保J。
A代表経験、初瀬亮が言う「ヌルさ」。

U-21チリ戦の翌日、チーム屈指のムードメーカーである初瀬亮に、笑顔はなかった。チリ、ベネズエラ、パラグアイと中1日で戦うパ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/03/23

昌子源が説くハリルJでのデュエル論。個で優る相手といかに戦うのか?

サッカー日本代表PRESS

昌子源が説くハリルJでのデュエル論。
個で優る相手といかに戦うのか?

ミックスゾーンでの昌子源は、とてもリラックスしていた。代表のジャージを着た彼を取材するのは、昨年11月のブラジル戦前以来だ… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/03/23

フォトグラファー杉山拓也が撮った激闘の瞬間

サッカー日本代表 激闘日誌

フォトグラファー杉山拓也が撮った激闘の瞬間

ユーロやチャンピオンズリーグは何度も取材経験があったが、ワールドカップは2010年の南アフリカ大会が初めて。現地の治安の悪さ… 続きを読む

杉山拓也Takuya Sugiyama

2018/03/23

ジャーナリスト戸塚啓が目撃した激闘の記憶

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト戸塚啓が目撃した激闘の記憶

1997年当時の日本代表にとって、ウズベキスタンでのアウェイゲームは未知との遭遇だった。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/03/23

代表より鹿島を優先した増田忠俊。「でも、1キャップに感謝しようと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

代表より鹿島を優先した増田忠俊。
「でも、1キャップに感謝しようと」

「試合でのプレーは何も覚えていないんですよ。本当に」 切れ味鋭いドリブル、スペースへの飛び出しで'97年鹿島アントラーズの… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/03/23

長谷部誠が代表で今も盤石な理由。チーム内競争とコミュニケーション。

サッカー日本代表PRESS

長谷部誠が代表で今も盤石な理由。
チーム内競争とコミュニケーション。

フランクフルトが好調だ。前半戦を8位で終了すると、後半戦は3戦負けなしでスタートし、一気に4位まで順位を上げている。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/03/22

移籍後2度目の2試合連続ゴール。蘇った大迫勇也が代表で狙うものとは。

サッカー日本代表PRESS

移籍後2度目の2試合連続ゴール。
蘇った大迫勇也が代表で狙うものとは。

この冬、ドイツを含む欧州各地は、4年ぶりと言われる大雪と寒波に苦しめられた。3月に入り春の訪れを感じさせる日もあったが、ま… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/03/21

ページトップ