著者プロフィール 

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

1977年、千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、落合監督時代の中日ドラゴンズ、和田監督時代の阪神タイガースを中心にプロ野球記者を16年間経験した。2016年4月に独立し、Number編集部に所属。趣味は野球、サッカー、ゴルフなど「勝負する人」の行動哲学を追うこと。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

9件中 1 - 9件を表示
名手・宮本慎也だからわかる、名手・菊池涼介の“ミス”の凄み。

Number Ex

名手・宮本慎也だからわかる、
名手・菊池涼介の“ミス”の凄み。

ミスしてなお異才が際立つ。名手とはそういうものなのか。まだ脳裏に生々しい熱狂を呼び起こす。日本時間3月22日、WBC準決勝。息… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2017/03/30

清原和博と渡辺智男。果たせなかった“約束”。

Number Ex

清原和博と渡辺智男。
果たせなかった“約束”。

1985年、春のセンバツ準決勝。3年生となった清原和博と桑田真澄らを擁する優勝候補PL学園に初出場の高知・伊野商が挑んだ。伊野… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2017/03/17

あの日、タイソンはなぜ負けたのか。1990年2月11日、東京ドームの衝撃。

Number Ex

あの日、タイソンはなぜ負けたのか。
1990年2月11日、東京ドームの衝撃。

小さな子供が公園のジャングルジムを登っている。棒に手をかける。次に片足を乗せ、体を引っ張りあげる。1段登れた。再び、次の… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2017/01/26

戦友たちの30年越しの告白に感謝を。清原和博からの1本の電話。

Number Ex

戦友たちの30年越しの告白に感謝を。
清原和博からの1本の電話。

新幹線は東へ向かっていた。8月末、私は清原和博をめぐる旅の途中だった。取材で訪れていた三河安城駅から東京行きの終電「こだ… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/12/21

黒田博樹が“花道”に選んだ、「大谷翔平」という比類なき才能。

Number Ex

黒田博樹が“花道”に選んだ、
「大谷翔平」という比類なき才能。

馴染みの顔が妙にかしこまっている。「結婚式でもあるのか?」そんな冷やかしに照れ笑いが返ってくる。これ、これ、この空気だよ… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/11/04

松井秀喜が語る2020年、その先の未来。世界に伝えたい「日本のスポーツ文化」。

Sports Graphic Number

松井秀喜が語る2020年、その先の未来。
世界に伝えたい「日本のスポーツ文化」。

スポーツと文化の価値や可能性を考え、新しい時代に発信していく「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」が10月19日から京都、… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/10/11

あの悔しさが広島優勝の原動力に。1996年メークドラマの「悲劇」。

Number Ex

あの悔しさが広島優勝の原動力に。
1996年メークドラマの「悲劇」。

「リメーク・ドラマ」今年8月、プロ野球の現場では、こんな言葉が囁かれていた。 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/09/27

広島から去り、戻ってきた2人の男。黒田博樹と新井貴浩、涙の秘密。

Number Ex

広島から去り、戻ってきた2人の男。
黒田博樹と新井貴浩、涙の秘密。

本日発売のNumber911号は、広島優勝特別編集号「カープの魂」です。25年ぶりの優勝を記念して編まれた特集。その巻頭記事は勿論… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/09/23

清原和博への告白。~甲子園で敗れた男たちの物語~

Number Ex

清原和博への告白。
~甲子園で敗れた男たちの物語~

誰かが言った。「仕事とは熱量だ」その意味で、5月某日、西船橋駅の居酒屋には確かに“熱"があった。「俺、やっぱり、清原が好き… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki (Sports Graphic Number)

2016/08/10

ページトップ